« 「刻印石」研究家に出会う……鳥果は上がらなかったものの、石や石垣の話は面白かったですねぇ(笑) | トップページ | どういうわけか、JRさわやかウォーキングへ……~四日市市制120周年記念~ 家族みんなで楽しめる四日市旧港街歩き »

2017年11月24日 (金)

冬鳥はやや少ない気がします……桑名七里の渡し公園の話も

Dscn5018c

 九華公園の隣に立教小学校があります。今日は、そこの子どもたちが、公園の中を走り抜けていく姿が見られました。毎年、冬の恒例行事です。まだ11月ではありますが、そういう季節になったのですね。最高気温12℃あまり、10時頃から5m/s前後の風が吹いています。
Dscn5009c 散歩は8時50分頃から11時半過ぎにかけて、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、田町、桑名七里の渡し公園と回って、5.9㎞。ほぼいつも通りです。鳥たちも、ほぼいつも通り。写真は、住吉神社の前から見た、揖斐川の上流方向。今日は川の色がこんな風でした。
Img_3532c 住吉神社から少し上流辺りに、カモの群れが見えていました。30数羽。キンImg_3531c クロハジロが多かったのですが、中にヒドリガモも混じっていました。オオバンもところどころに見えました。カンムリカイツブリも、数羽。この頃、揖斐長良川の中州について触れませんが、アオサギの姿がないのです。
Img_3549c 三の丸公園では、ヒヨドリだけ。吉之丸コミュニティパークには、ハクセキレイが2羽。写真はそのうちの1羽。この辺り、今頃であれば、ツグミの姿が見られるのですが、今年はまだまったく来ていません。ホオジロは、先日チラッと見ただけ(写真には撮れませんでした)。モズやジョウビタキもいるはずですが、この頃見られません。冬の鳥たち、散歩コースでは少ないといわざるを得ません。
Img_3553c 九華公園には、数日姿を見せなかったアオサギさんが、例によってすました顔で佇んでました。いつものアオサギのようです。今日も、北を向いています。
Img_3550c 証拠写真ではありますが、ホシゴイも隠れていました。ホントに見えにくImg_3619c いところです。この頃は、木の奥にいることが分かっていますから、そういうところも探します。右の写真は、このあと、九華稲荷社の参道に回って撮ったもの。こちらの写真で見ると、眼が赤いのと、お腹の辺りの羽が茶色っぽくなってきているようです。典型的なホシゴイですと、眼は黄色、お腹にも白い斑点模様がありますから、大人になりかけて来ているのでしょうか? こちらにいろいろな写真が載っていました。
Img_3641c 時間をおいて見に行ったところ、アオサギ、ホシゴイの他、ゴイサギも隠れているのに気づきました。公園に到着したときには、気づかなかったのか、いなかったのか、なんともいえません。
Img_3648c ユリカモメ、今日は46羽。今シーズン最多と思います。ユリカモメは、例年、11月から12月初めにかけては、これくらいの数です。12月中旬になると、80羽、90羽と集まってくることがあります。
Img_3570c カモは、合計45羽。カモは、例年より少なめの数で推移しています。去Img_3588c 年、一昨年のデータでは、11月後半は、60~70羽くらい来ていました。日によっては80羽近くになることもあるくらい。今日の内訳は、ヒドリガモのペア2組、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ホシハジロのメス1羽と、他はキンクロハジロ。
Img_3597c カモではありませんが、オオバンもこのところ毎日姿を見ます。たいてい2羽が一緒に行動しています。
Img_3647c
 ヒヨドリは、ずいぶん前から公園中で賑やかにしていますが、なかなか写真に撮れないでいます。もっと落葉が進み、また、センダンの木の実を食べに来るようになると、写真も撮りやすくなるのですが……。
Img_3660c 桑名七里の渡し公園、もっともよく見るのはハクセキレイ。今日も2羽。このほか、カワラヒワもみます。まれにジョウビタキのオスも来ます。この公園、公式には、現在は、「部分開園」となっています(国営木曽三川公園の一部です)。
Kskmap こちらは、一昨年11月にオープンしたときのパンフレット。左下、赤い丸をつけたところが未整備です。ここには、現在もあるせせらぎの流れが延長されるとともに、休憩所などが設置されるようです。
Dscn4468c ここにはつい最近まで、ある商店が営業していましたが、立ち退いて、建Img_2530c 物も撤去されました(土地などは、国交省のものという話を聞きました)。左の写真は営業を終え、品物などをほぼ運び終えた頃の写真(10/27撮影)。右は、解体工事の途中の様子(11/20)。
Dscn4966c こちらは、11月22日に撮影したもの。建物の解体はほぼ終わった状態です。これから公園としての整備工事が始まるものと思います。全体が整備され、利用できるようになるのはとても楽しみです。せせらぎも延長され、樹木も増えるようですから、憩いの場であり、鳥見スポットにもならないかと思っているのです。

| |

« 「刻印石」研究家に出会う……鳥果は上がらなかったものの、石や石垣の話は面白かったですねぇ(笑) | トップページ | どういうわけか、JRさわやかウォーキングへ……~四日市市制120周年記念~ 家族みんなで楽しめる四日市旧港街歩き »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「刻印石」研究家に出会う……鳥果は上がらなかったものの、石や石垣の話は面白かったですねぇ(笑) | トップページ | どういうわけか、JRさわやかウォーキングへ……~四日市市制120周年記念~ 家族みんなで楽しめる四日市旧港街歩き »