« モズの食餌とアオサギの身繕い……九華公園でまたもや「俄歴史案内人」 | トップページ | キンクロさんはまだ1羽、コサメビタキ、モズも@九華公園 »

2017年10月 8日 (日)

九華公園にキンクロハジロ飛来、コサメビタキもまだいます

Dscn4201c

 昨日とは打って変わって、行楽日和です。こういう良い天気ですと、落ち着きません(苦笑)。近場をあちこちと回ってきました。9時前に出て、長良川河口堰、大山田川、九華公園です。12時前に帰宅。天気が良くて、風がない日は、河口堰は本当に気持ちの良いところです。左の写真は、長良川右岸(河口堰の東側)から、伊勢大橋、多度山、藤原岳を眺めたもの。この景色、気に入っています。
Img_6418c 今日、最大のニュースは、こちら。九華公園にメスのキンクロハジロが登場Img_6416c したことです。吉之丸堀の東側に1羽だけ、11時半頃に確認しました。いやぁ、最後に九華公園に立ち寄って良かったです(微笑)。去年(2016、平成28年)は、10月9日にやってきています(速報:九華公園にキンクロハジロ登場!……アオサギ、モズ、赤須賀城跡を訪ねた話を追加)。これからまた、散歩にはカウンターを持参しなければなりません。
Img_6410c その九華公園、11時過ぎではあまり鳥はいないと思ったのですが、念のため公園内を回ったところ、奥平屋敷跡でコサメビタキを見つけました。昨日、モズを見たあたりです。コサメビタキも、歩いていたら、ちょうどすぐ側の木に飛んできたのです。
Img_6338c さて、最初に行った長良川河口堰での写真に戻ります。珍しい鳥や、面白Img_6341c いシーンには遭遇しませんでしたが、アオサギがこんなところにいました。どこかといいますと、右の写真の方が良く分かります。堰のゲートの上にいたのです。下流側を向いて立っていたのですが、ここで餌を撮ろうというのは、ちょっと難しい気がします。
Img_6166c こちらは、チュウサギかという気がするのですが、確信が持てません。嘴Img_6163c も、足も黒、大きさは右の写真で手前にいるダイサギと思われる鳥に比べ、小型という感じです。嘴もやや短く、首もダイサギに比べると太短い印象。こういう水辺は好まないと書いている図鑑もあります。
Img_6201c ちなみに、こちらはダイサギ。ゲートを上下する機械室(P9)の下流側にImg_6173c 立っています。今日は、この機械室あたりや、ゲートの近くにけっこうダイサギ、アオサギがいました。右のアオサギは、ゲート付近から飛び立ったもの。小生が近づいたので逃げたと思われます。
Img_6240c 河口堰に着いたのは9時10分頃。そのとき、東側にはサギたちはいませImg_6254c んでした。管理橋を渡っていくと、上述のように機械室やゲートあたりに少しいたくらい。西側の閘門へのアプローチの付近には、アオサギ、ダイサギ、カワウがならんでいました。左の写真は、下流側、右は堰上流の閘門のところに集まったダイサギたち。餌を待っているのかも知れませんが、今日は、具体的に餌を採ろうという素振りはありませんでした。
Img_6261c 今日見たアオサギは、合計7羽。左は、閘門脇の橋の上Img_6273c にいたもの。右は、親水広場へ降りていくスロープの脇にある橋の下にいたアオサギ。このアオサギ、いつも同じ個体と思います。
Img_6293c 河口堰西側では、他には、イソシギ2羽、ハクセキレイ2羽、セグロセキレ

Img_6334c

イ1羽を見たくらい。親水広場では、スズメ、ヒヨドリ、カワラヒワなど。
Img_6379c 河口堰の東に戻ってきましたら、上流側の魚道に、アオサギ1羽とコサギImg_6381c 2羽。コサギのうち1羽は、魚道に降りて餌を探していたのですが、成果は上がらなかったようです。アオサギは小生の姿を見て、逃げて、そこにいたダイサギを蹴散らしていました。ダイサギよりもアオサギの方が、力があるようです。
Img_6384c 河口堰での余談その1。例によって、ヤギさんを確認に行ったのですが、Img_6385c 「メェー」と、声はすれども姿は見えず。諦めて帰ろうとしたら、また何度か「メェー」と、呼ぶような声が(笑)。いました。ちょっと痩せたか?という気もしますが、一応元気そうでした。
Img_6384c2 ちなみに帰宅して、写真をパソコンで拡大してチェックしていましたら、左上の写真に写っていたのを発見(苦笑)。左の写真は、左上(2枚前)の写真をトリミングしたもの。青い船の下に写っていたのです。
Img_6194c もう1つの余談。昨日もでしたが、ヘリコプターがよく飛んでいました。河口堰にいるときも、3~4機が名古屋方面から飛来。そういえば、鈴鹿サーキットでF1をしていますので、その関係なのでしょう。
Dscn4216c 大山田川へは、コガモの様子を見に行ったのですが、いませんでした。ブロ友のgenta gontaさんに偶然お目にかかり、伺ったら、10月1日に見て以来、確認できていないそうでした(大山田川にコガモ登場……河口堰ではトビ)。
Img_6392c こちらは、沢南橋下流にいたダイサギ(向かって左奥)と、手前右はコサギと思います。アオサギや、イソシギもいたのですが、写真には撮れませんでした。
Img_6397c 上之輪神社の鎮守の森などでは、モズが複数いて、高鳴き。2枚の写真Img_6401c のモズは、100mほど離れていただけすが、縄張り争いにはならないのでしょうかねぇ?

| |

« モズの食餌とアオサギの身繕い……九華公園でまたもや「俄歴史案内人」 | トップページ | キンクロさんはまだ1羽、コサメビタキ、モズも@九華公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

河口堰、風がなく、川面が静かですと、こういう景色が楽しめます。

ダイビング祭りは、不定期開催と聞いています(笑)。
サギは、この時期、夕方たくさん集まることが多いかも知れません(昨日のひらいさんのブログにはたくさんいる様子が載っていました)。

魚が多いとダイビングすることがあると思います。
潮の満ち引きなども関係するかも知れません。

ヤギはあれこれ詮索しましたが、たぶんナガシマという会社で飼われているのだと思います。
不思議に気になる存在になっています(微笑)。

投稿: mamekichi | 2017年10月 9日 (月) 17時24分

こんにちは
湖のような水面ですね。
先週、河口堰に寄りましたがこんなにサギはいませんでした(^^;)
たくさんいますね。
ダイビング祭りやってるかなあと見回しましたが
渡ってみましたが祭り会場がわからず(笑)
風があったので祭りは中止だったようです。
それで北上して木曽三川公園でコスモスを撮りました。
ヤギも元気そうですね。
活発に動かないから元気かどうかはわかりませんが(笑)

投稿: こころん | 2017年10月 9日 (月) 13時56分

ひらいさん、こんにちは。

体調も戻ってこられたようで、何よりです。

さて、九華公園、昨日、今日とメスのキンクロさんが1羽だけいました。
増えてくるのは月末だろうと思いますが、キンクロさんがいると思うと楽しみです。

河口堰は、1週間ぶりでした。
「まつり」という様子はありませんでしたが、サギはそれなりに集まっていました。
pnさんがコメントをくださったサギは、正体不明です。

ヤギ、はじめは鳴き声だけでした。
人が来るとアピールするのか、という気もします。

木曽川方面も、カモが増えてきているようですね。
クルマで行けばすぐなのですが、なかなかです(笑)。

投稿: mamekichi | 2017年10月 9日 (月) 12時31分

mamekichiさん、こんにちは!

九華公園、ついにキンクロさん登場ですね、これから寒くなりますが、楽しみですね。ユリカモメが来たら更に賑やかになりそうです。

そして昨日は河口堰遠征でしたか、相変わらず朝から賑わっておりますね、実は昨日、体調が少し良くなってきたので、気分転換に夕方の河口堰へ行ってきまいた、寝る準備なのか、西側に凄い数のサギ達が集まっておりましたよ。

最後にヤギさん、まだ暑いのでしょうね、涼しい所を良く知ってるようです。

そして本日、これまた気分転換に木曽川へ30分だけ行って来ました。23号線近くでヒドリガモっぽいカモを確認、コガモっぽいカモも随分増えておりました、来週辺りは長距離散歩を楽しみたいところです。

投稿: ひらい | 2017年10月 9日 (月) 10時22分

pnさん、おはようございます。

いつもありがとうございます。
このサギ、足の先はコサギのような黄色ではありませんでした。
カラシラサギというのはほとんど意識したことがありませんでしたが、野鳥の会のBird Fanのサイトには、「コサギ大で、くちばしが橙黄色、足の指も黄色」とありました。
私にはお手上げです(苦笑)。
まだまだ修行が足りませんね。

私には九華公園のキンクロさんが気になっています(笑)。

投稿: mamekichi | 2017年10月 9日 (月) 08時19分

mamekichiさん、こんばんは。
チュウサギはこの時期嘴が黄色ですので、
黒であったならコサギかカラシラサギだと思います。

コサギ:55~65cm
カラシラサギ:65~68cm

と、ややカラシラサギが大きいです。
上嘴の根元が黄色い特徴もあります。

夏羽ですと頭の飾り羽が20本以上ありますが、
冬は短くなって見えなくなります。

さてはて、その正体は…気になりますね!

投稿: pn | 2017年10月 8日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モズの食餌とアオサギの身繕い……九華公園でまたもや「俄歴史案内人」 | トップページ | キンクロさんはまだ1羽、コサメビタキ、モズも@九華公園 »