« 秋雨前線停滞……ベランダの塗装が終了し、外が見えるようになり、気分スッキリ(微笑) | トップページ | クルマの「ABS警告灯」点灯の顛末 »

2017年10月14日 (土)

アオサギさんは、やはり芸達者……楽しませてくれます

Dscn4296c

 相変わらずの天候です。わずかに小雨がぱらついたこともありましたが、それでも散歩に出られるのはありがたいことです。こういう天気ですと、鳥の数は多くはないことは承知ですが、なんとか「これは」というシーンにでも遭遇しないかと期待してしまいます。今日も、8時40分から2時間半あまり、住吉神社、九華公園、京町、田町と代わり映えしないコースを4.7㎞歩いてきました。ただし、知人と話していた時間がかなりあることを白状しておきます。
Img_7145c さて、散歩に行った甲斐は、十分にありました(微笑)。アオサギさん、いつもの、鎮国守国神社の社務所裏にあるセンダンの木の枝で、上から垂れ下がった細い枝が気になったのか、こんな姿を披露してくれました。たいていは、この折れた、太い枝のもう少し低いところにいるのですが、この頃、先端に立っていることがあります。
Img_7149c 何が気になったのか、何がしたかったのか、もう一つよく分かりませんでしImg_7146c たが、左の写真のように、一度、しゃがんだような姿勢になってから、グッと伸び上がることを繰り返していました。
Img_7156c さらに、この後ろからの写真の方がよく分かると思いますが、頭の羽が立っているのです。これは、アオサギが興奮している時によく見られます。センダンの実の方向に伸び上がっているところも見ましたが、木の実は食べませんので、この行動の謎は深まります。以上は、アオサギを2回目に見に行った10時半頃の出来事でした。
Img_7073c 朝9時頃、見たときは、身繕いしたり、首の辺りを掻いていたりしていて、Img_7076c いつも通りの様子でした。そういえば、ほぼ1年前、去年の10月13日には、アオサギのお尻写真を撮っています(アオサギのお尻写真、モズ……午後からは朝日町歴史博物館へ、ついでにカワセミも見られました)。この時期、アオサギはサービスが良くなるのかも知れません(爆)。
Img_7123c 九華公園のカモ、今日は、キンクロハジロのオス、メスが1羽ずつでした。
Img_7136c
吉之丸堀の東の方(野球場のグラウンドの南辺り)を並んで泳いでいました。去年の今頃は、キンクロさんが4~5羽くらいでした(たとえば、上記の2016/10/13のリンク先をご覧下さい)。
Img_7100c コサメビタキや、エゾビタキは見られなくなりましたが、こちらはまだ時々Img_7103c 見かけます。今日も、二の丸跡や、奥平屋敷跡を移動していました。ムシクイの仲間と思うのですが、判別しかねています。右の後ろからの写真を見ますと、センダイムシクイで見られる「頭頂にある細長い淡色斑」はないように思えます。
 今日、九華公園では、この他に、モズがよく鳴いていました。けっこう近くで、「高鳴き合戦」でもしているのかと思えることもありました。縄張り争いが起きているのかという気がします。残念ながら、写真は、うまくは撮れていません。
Img_7017c  散歩途中で知り合った、80歳過ぎの男性から、今日、九華公園のカルガモの由来について伺いました(左の写真は、昨日撮影)。この写真で手前に写っている個体は、数年前(3~4年前という話でした)、近所の方がここに放したものだそうです。鴨撃ちをなさっていた方が、カルガモの雛5羽を保護したのですが、そのうち4羽は巣立ったものの、この1羽がいつまでも居残ったため、ここに放したということです。後ろのカルガモは、それ以前から九華公園に居着いており、「仲良くしてくれるのではないか」と期待してのことだったそうです。

| |

« 秋雨前線停滞……ベランダの塗装が終了し、外が見えるようになり、気分スッキリ(微笑) | トップページ | クルマの「ABS警告灯」点灯の顛末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

このアオサギ、傑作でしょう?
などと自画自賛してはいけませんが、いろいろとやってくれますから、ついつい見に行きたくなりますね。
上から垂れ下がった枝をつつくような動作を繰り返していました。
何度かやった後、隣の木に飛び移って、隠れてしまったのです。

キンクロさん、今のところ性別を問わなければ2羽。
去年は10月10日過ぎには3~7羽、20日以降は10羽を超え、下旬には40羽に達していました。

ムシクイは、どれなのか判別ができませんが、ずっといます。
九華公園は、野鳥観察の穴場です!

投稿: mamekichi | 2017年10月16日 (月) 08時05分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギさん、これは傑作ですね、何を考えてあのような行動をするのでしょうか、と言っても元々謎が多い野鳥の行動ですから、気にしたらダメかもしれませんね。(笑) これからもアオサギさんからは目が離せませんね。

キンクロさんも、増えたり減ったり性別が変わったり忙しいですね。確実にぞうかしてるようなので、とりあえず一安心ですね。そろそろ河口堰にも来て欲しいところです。

ムシクイの仲間も居心地が良いのか、滞在してるようですね、棲みつくことは無いかもしれませんが、カルガモのようにいつでも見れることを期待してしまいます。

投稿: ひらい | 2017年10月15日 (日) 22時15分

こころんさん、こんばんは。

アオサギさん、何というか、じっとしているだけのようで、やるときにはやってくれますので、気が抜けません(笑)。
我が道を行く、ということかも知れません。

カルガモの話は、以前にも聞いた記憶がありますが、昨日お目にかかった方は、放す現場に居合わせたそうですから、確度の高いお話です。
九華公園のアイドルになっていますから、まぁ良しとしてください。

科捜研の女、見ています。
あれは、やはり三岐鉄道の電車ですよね。
ビデオも予約してあります(微笑)。

投稿: mamekichi | 2017年10月15日 (日) 17時15分

こんにちは
アオサギさん、やってくれますね(笑)
誰も見てないと思ってやってるのかどうか・・( *´艸`)

カルガモを公園に放していいのか悪いのかは別として
元気に育って良かったですね。

御存知かもしれませんが
予告を見てたら今晩の「科捜研の女」で三岐鉄道が出てくるような。
たぶんあの黄色い電車はそうだと思います。

・・・というどうでもいい話です(笑)

投稿: こころん | 2017年10月15日 (日) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋雨前線停滞……ベランダの塗装が終了し、外が見えるようになり、気分スッキリ(微笑) | トップページ | クルマの「ABS警告灯」点灯の顛末 »