« 九華公園にアオサギ……午後からは「伊勢大橋を学ぶ会」へ | トップページ | 理由を付けて、河口堰へ……カワセミとイソヒヨドリの証拠写真に、トビも »

2017年8月21日 (月)

萩の花が咲いていました

Img_9364_800x533

 今日の散歩中、鎮国守国神社の境内社である九華招魂社の脇で見つけまDscn2691_800x575 した。一瞬目を疑ったのですが、萩の花がいくつか咲いていたのです。萩といえば、秋の花というイメージです。いくら立秋は過ぎたとはいえ、まだ8月ですから早い気がします。ちなみに、奥平屋敷跡にも萩があるのですが、そちらはまだでした。
Dscn2699_800x600 相変わらず蒸し暑いのですが、夕方のテレビの天気予報での説明では、台湾の方にある台風の影響なのだそうです。今日は、32.3℃。午前中、散歩していたときも、公園の木陰では風も通って涼しかったのですが、陽当たりでは耐えられませんでした。今日は、9時出発、住吉神社から九華公園を回って、そのまま田町、住吉入江と3.9㎞ほど。早々に10時半帰宅。
Img_9348_800x576 揖斐長良川の中州にアオサギが1羽見えたくらいで、あとは、ムクドリ、ドバト、スズメくらい。こうも鳥がいないと、暑さも、疲れも倍増する感じです(苦笑)。
Img_9360_800x533 九華公園で、アブラゼミが蜘蛛の巣にかかって、息絶えているのを見つけました。そういえば、あんなに喧しかったクマゼミたちも、かなり静かになってきた気がします。歩いていると、アブラゼミが驚いて、逃げ回るのによく遭遇するようになりました。アブラゼミは、小生の身長くらいの高さによく止まっている気がします。
Img_9351_800x533 昨日の「伊勢大橋を学ぶ会」で話を聞いてきたせいもあって、揖斐川の堤防からしみじみ眺めてしまいました(微笑)。美しい橋です。昨日の記事にも書きましたが、設計者は、増田淳。80以上の橋を設計したといいます。この近くでは、伊勢大橋の他に、尾張大橋(昭和8(1933)年供用開始、桑名市長島町-愛知県弥富市、木曽川)、木曽川橋(昭和12(1937)年供用開始、愛知県一宮市-岐阜県笠松町、木曽川)も彼の設計によります(現存する、増田が設計した橋の一覧は、こちら)。尾張大橋は、掛け替えの計画がないそうですが、メンテナンスをきちんとしているのでまだまだ大丈夫というお話でした。
Img_9252_800x533 散歩のあとは、「節句働き」中(笑)。今週土曜(8/26)の相談会と、他に依頼を頂いた心理アセスメントのコンサルテーションの作業であります。3名同時進行というのは、けっこう大変です。個人差を解釈して、説明を書き、支援方法や、ご相談事項の解説を書かねばならないのです。脇目も振らずやりたいと思っていますが、アタマの回転はぎこちなくなっています。写真は、一昨日、長良川河口堰で撮ってきたキリギリスと思います。子どもの頃はよく見かけた記憶がありますが、久しぶりに発見。

| |

« 九華公園にアオサギ……午後からは「伊勢大橋を学ぶ会」へ | トップページ | 理由を付けて、河口堰へ……カワセミとイソヒヨドリの証拠写真に、トビも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。

そうなのです、萩の花がもう咲き始めていました。
驚きです。
すでに通ってきた、奥平屋敷跡のものも再度確認に行ってしまいました(笑)。

いつまでも暑くて参りますね。
それも蒸し暑いのには、閉口します。

伊勢大橋は、83年を越えました。
メンテナンスをきちんとやれば、まだまだ使えるそうです(大型車が通るとかなり揺れますが、それは、普通のことなのだと聞きました)。

新しい橋は、片側2車線になると、工事現場の説明図にあります。
橋の高さも5mほど高くなり、津波や洪水に備えるようですよ。

投稿: mamekichi | 2017年8月22日 (火) 07時39分

こんばんは、もう萩の花が咲いてるんですね。
お盆を過ぎてもいつまでも暑いですね。

伊勢大橋は1934年に完成して戦争や伊勢湾台風にも耐えたかなり長持ちの橋ですね。
新しい橋は渋滞解消に2車線になるのかな。


投稿: ミリオン | 2017年8月21日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園にアオサギ……午後からは「伊勢大橋を学ぶ会」へ | トップページ | 理由を付けて、河口堰へ……カワセミとイソヒヨドリの証拠写真に、トビも »