« 江戸橋通いも残すは試験のみ……ようやく梅雨明け | トップページ | ツバメのヒナ、ヒョウタンの赤ちゃん、思わぬところでハスの花……5.9㎞散歩 »

2017年7月20日 (木)

クルマの点検の1日……先日訪れた大智院のお話も

Dscn1381_640x480

 写真は、夕景。18時半の南西の空です。この方角には、いつも散歩に行く九華公園や、春日神社、さらには国道23号線の揖斐長良大橋から、ナガシマスパーランドが見えます。
 さて、今日は予定通り、愛車・コペンの定期点検。9時に入庫し、とくに何もなければ、1時間くらいで終わるということでしたが、バッテリー、プラグ、エンジンオイル、エアフィルターなどの交換が必要でした。ダイハツから取り寄せなければならない部品もあって、時間がかかるということで、状況を確認してから、代車(三菱のekワゴン)を借りて帰宅し、夕方5時頃に取りに行きました。いつもは乗らない車を運転するのは、おもしろいのですが、コペンとは対極にあるような車で、ちょっと戸惑いました。コペンは、スポーツタイプであるのに対して、ekワゴンはたぶんごくフツーの軽自動車。加速は今ひとつで、足回りは柔らかくフワフワする感じ、それにブレーキはかなり踏み込まないと効かない印象でした。悪口を言っているのではありませんので、誤解なきよう願います。
Dscn1218_640x480 整備完了の連絡待ちという次第で散歩に行っておりません。代わりに、7月16日の鳥見の帰りに行ってきた大智院(桑名市長島町西外面)を紹介しておきます。ここは、元禄2(1689)年松尾芭蕉が奥の細道の旅を大垣で結んだ後、伊勢神宮の遷宮を参拝に行ったのですが、その最初に立ち寄ったところです。実は、地元のタウン誌「ぽろん(2017年6月号)」に「巻頭特集 大智院に残る直筆の色紙 曽良の旅日記から見る芭蕉と長島」という記事があり、一度訪れようと思ったのです。
Dscn1217_640x480 国道1号線、伊勢大橋東詰交差点から堤防道路を北に800mあまり行ったとDscn1216_640x480 ころにあります。芭蕉は挨拶句「うき我を さひしからせよ 秋の寺」をしたためたといいます。その直筆の色紙「真蹟懐紙」が残されています。芭蕉が来訪した100年後に長島藩主・増山正賢(雪斎)公は、近習などを集めて詩文をつくったり、記念の石碑を建立しました。
Dscn1219_520x640 「蕉翁信宿処」の石碑です。正賢公が大智院訪問百年を記念して、寛政元(1789)年に、 自筆によって建立した碑です。時の藩主が自ら筆をとり顕彰碑を建立したのは珍しいでしょう。歴史、文学的に評価が高いものだそうです。 三重県内に現存する芭蕉碑(約120基)中11番目に古く大切に保管されてきたそうです。
Dscn1223_480x640 山門の脇にある碑。リサーチ不足のまま訪ね、また、不勉強にして、文字がほとんど読めないのですが、曽良碑です(こちらにあります)。右の方には、「伊勢乃国 長島……曽良」とあるようです。調べてみましたら、「行き行きてたふれ伏とも萩の原」という句が刻まれているということです。元禄2年8月の「おくのほそ道」本文に、山中温泉滞在中の出来事として、「曾良は腹を病て、伊勢の国長島と云所にゆかりあれば、先立ちて行に、「行き行きてたふれ伏とも萩の原」曾良 と書置たり(後略)」とあるそうです。この「ゆかり」が大智院で、第四世住職法印良就が曽良の叔父です。
 ちなみに、調べないまま訪れましたので、大失態を犯してしまいました。境内にあるという芭蕉の句碑をチェックし忘れたのです(爆)。 上述のように、芭蕉はここで「うき我を さひしからせよ 秋の寺」という句を詠んでいます。この句に「伊勢国長島大智院に信宿ス」という前書きがつけられた句碑があるのに見逃したのです(「信宿」は、二泊という意味)。元の句碑は、伊勢湾台風でながされてしまい、後に再建されたそうです。この芭蕉の句「うき我を さひしからせよ 秋の寺」は、後に『嵯峨日記』で推敲されて、「憂きわれを寂しがらせよ閑古鳥」とかえられています。
 「うき我を さひしからせよ 秋の寺」の句を芭蕉直自身が書いた色紙「真蹟懐紙」、2014年に桑名市博物館で開催された「桑名、文学ト云フ事。」という展覧会に出ていましたので、見たはずですがあまり記憶にありません(苦笑)。門外不出で、この展覧会が初めての一般公開だったそうです(図録は持っていますが、小さい写真でした)。写真は、こちら(桑名市の観光ガイドのサイト)にも載っています。
 大智院訪問は、ちょっと準備不足でしたし、これではいかにも中途半端ですから、もう一度行かねばなりません。
 オマケ。桑名市にある松尾芭蕉の句碑は、以下の通りです:
  • 冬牡丹千鳥よ雪のほととぎす(北寺町本統寺)
  • 明ぼのや白魚しろき事一寸(小貝須浜の地蔵跡)
  • 闇の夜や巣をまとはして鳴くちとり(小貝須浜の地蔵跡)
  • 雪薄し白魚しろき事一寸 白うをに身を驚ろくな若翁(松尾芭蕉・谷木因)(小貝須浜の地蔵跡)
  • 今日斗り人も年よれ初時雨(東鍋屋町本願寺旧東海道脇)
  • 宮人よ我が名を散らせ落ち葉川(多度町多度大社)
 上から4つの句碑は、現地を訪れて自分の目で確かめていますが、多度大社のものは未見です。機会があれば行ってこようと思います。これら芭蕉の句も含め、桑名市内にある
句碑のリストは、こちらにあります(俳句の国三重というサイト。三重県が運営)。
 桑名で芭蕉が詠んだ俳句は、この他に次の1つがよく知られています:
  • 蛤のふたみにわかれ行く秋ぞ
 さあ、明日はきちんと散歩に行きたいと思っています。

| |

« 江戸橋通いも残すは試験のみ……ようやく梅雨明け | トップページ | ツバメのヒナ、ヒョウタンの赤ちゃん、思わぬところでハスの花……5.9㎞散歩 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸橋通いも残すは試験のみ……ようやく梅雨明け | トップページ | ツバメのヒナ、ヒョウタンの赤ちゃん、思わぬところでハスの花……5.9㎞散歩 »