« 船頭平河川公園で蓮の花……コアジサシの営巣地は営業終了、治水神社でアオサギコロニーそして、春日神社で茅の輪くぐり | トップページ | モグラ、危うし……イソヒヨドリのオスに、正体不明の鳥 »

2017年6月28日 (水)

江戸橋も残すところ4回……夕方散歩、「伊勢湾台風50周年記念プレート」を見る

Dscn0816_640x480

 江戸橋通いも11回目。あいにくと、江戸橋まで行って、授業をして帰ってくる間は雨でした(苦笑)。まあ、こんなものです。今日から、教室にはエアコンが入っているという掲示が出ていましたが、失礼を顧みずにいえば、「いわれてみればそうだな」という感じでした。どこも予算が厳しいのでやむを得ません。今日は出席者が38名と、失格者以外はほとんど出席。先週休んだ学生の中には、大雨でくじけてしまった学生さんもいたようですが、残念ながらこれは、配慮するわけにはいきません。演習のレポートは20点で採点し、成績評価に繰り入れますから、欠席してしまった学生諸君にはちょっと大変。筆記試験で奮励努力してもらいます。
Dscn0820_640x480 午後、出欠とレポート提出のチェックをし、Q&Aを書き終えた17時前から七里の渡し跡、揖斐川堤防、住吉神社方面を散歩して来ました。2.3㎞ほど。歩くと気分も晴れます(微笑)。わが家から七里の渡し跡に行く途中、今では珍しくなったと思いますが、銭湯が一軒あります。「七里の渡しゆ」という名前。私は行ったことがないのですが、家内や娘は何度も行っています。サウナもあるそうです。一度くらいは行ってみたい気がします。船津屋さんや七里の渡し跡の西です。
Dscn0825_640x480 七里の渡し跡。右奥は、蟠龍櫓。九華公園に行くときには、たいていここをDscn0824_480x640 通ります。手前側から向かって右に旧・東海道が延びています。鳥居の西側、道路沿いに右の写真のような石碑が建っています。「旧跡 七里のわたし 桑名保勝会」とあります。桑名保勝会というのは、今はないのではないかと思いますが、名勝を保存する会という意味なのでしょう。余談ですが、昭和9(1934)年には、鳥瞰図で有名な吉田初三郎によって描かれた“桑名「名勝桑名鳥瞰図」”を発行しています。
Dscn0836_640x499 福島ポンプ場の東あたりの揖斐川堤防に左の写真のようなプレートがあります。伊勢湾台風50周年記念に「国土交通省木曽川下流工事事務所退職者一同」が贈ったと記されています。「太一丸堤防の変遷」と「木曽・長良・揖斐川河川改修工事の拠点」と2つの内容からなっています。太一丸の堤防は、伊勢湾台風以前は、桜堤防があったところです。もう一つは、木曽三川改修工事のために明治の中頃に「内務省桑名工営所」が太一丸に設けられたということが記されています。桑名工営所は、図によれば、「砂割樋門」の下流側、橋見寮のあたりとなっているのですが、どちらも小生は知りません。どこにあったかできれば知りたいのですが、Google先生は教えてくれませんでした。また何かで調べたいと思います。
 ちなみに、このプレートに書かれていたのは、次のようなことがらでした:
太一丸地区の堤防の変遷
 伊勢湾台風 により被災した堤防は、その後の災害復旧工事、高潮堤防補強工事により堤防断面が大幅に拡張されて、高潮災害にたいする安全度は格段に向上しました。
木曽・長良・揖斐川河川改修工事の拠点
 日本における近代治水工事の先駆けとなった「木曽三川分流工事」を行うため、明治期の中頃に「内務省桑名工営所」が設置されました。以来、木曽三川下流域における河川改修工事の拠点として、「庁舎」がこの地、桑名市太一丸)、揖斐川の河川敷地にありました。昭和34年9月26日の「伊勢湾台風」を経験したため「建設省 木曽川下流工事事務所」(当時)の庁舎は桑名市播磨に移転しました。
寄贈 伊勢湾台風50周年記念
木曽川下流工事事務所退職者一同
 このプレートを見て、写真を撮っていたら、通りがかった年配の男性が、「エッ? こんなものがあったの?」と寄ってこられました。昭和30年代の前半、その方が高校生だった頃、この近く(現在の住吉浦休憩所あたり)に住んでいらしたそうです。その方が、桜堤防のことや、伊勢湾台風の被害のことなどを話してくださいました。さすがに「内務省桑名工営所」はご存じなかったのですが、当時の「建設省 木曽川下流工事事務所」の庁舎は、国道1号線宮前町交差点近くの、旧・美濃街道(その方は、養老街道とおっしゃいました)にあったことも教えてくださいました。こういうお話が伺えるのも、散歩の楽しみです。

Dscn0828_640x432 ところで、福島ポンプ場あたりから河口堰方面を眺めましたら、揖斐川とDscn0830_640x446 長良川とをつなぐ水路のあたりに、アオサギらしき姿が2羽。300~400m先でしたし、コンデジで光学20倍+デジタルズームで撮りましたので、アオサギかどうかもハッキリしない、まさに「証拠写真」です(苦笑)。これでは、「アオサギを見た」とはいえません。
Img_1559_427x640_2 アオサギ続きのオマケ。昨日、治水神社へアオサギコロニーを見に行きました(船頭平河川公園で蓮の花……コアジサシの営巣地は営業終了、治水神社でアオサギコロニーそして、春日神社で茅の輪くぐり)。そのとき、これが落ちていて、拾ってきました。アオサギの羽だろうと思います。宮司さんとも話したのですが、「たまにアオサギのヒナが転落してくるんですよ」ともおっしゃっていました。やはりそういうこともあるものなんですね。ビックリして、そういうときにどうなさったかを聞き逃してしまいました。

| |

« 船頭平河川公園で蓮の花……コアジサシの営巣地は営業終了、治水神社でアオサギコロニーそして、春日神社で茅の輪くぐり | トップページ | モグラ、危うし……イソヒヨドリのオスに、正体不明の鳥 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船頭平河川公園で蓮の花……コアジサシの営巣地は営業終了、治水神社でアオサギコロニーそして、春日神社で茅の輪くぐり | トップページ | モグラ、危うし……イソヒヨドリのオスに、正体不明の鳥 »