« コアジサシ、コチドリ(いずれも抱卵中あり)、ケリそして帰れなくなったキンクロ……5/22遠征その1 河口堰周辺編 | トップページ | ツバメのヒナの○○シーン(笑) »

2017年5月22日 (月)

コアジサシの求愛給餌さまざま、抱卵中の個体も……5/22遠征その2 弥富市内某所

 本日の遠征その2であります。弥富市内某所としておきます。これまたひらいさん情報です(2017.05.21 冬に逆戻り?それどころか1年前に!(笑))。ひらいさんに足を向けて寝られません(笑)。

Img_5164_800x530 昨日のひらいさんの記事にあったほどたくさんのコアジサシは飛んでいませんでしたが、数10羽くらいはいたような感じでした。ここはケリも営巣してるのですが、遠くの端っこの方にチラッと見えただけでした。散歩中の男性に伺ったところでは、コアジサシは5/19頃から来ているようです。また、ケリも毎年ここと、この近くの2ヶ所で営巣するそうです。今日は、本格的なバーダーの皆様はお気づきでなかったようで、独占状態で見てきました(微笑)。
Img_5302_800x560 まずは、こちらから。求愛給餌のシーンです。ここは、見た目で、すでにカップルが成Img_5305_800x589 立している感じで、仲睦まじいという印象でした。実際、肉眼では気づきませんでしたが、メスのお腹の下には、卵があるように見えました
Img_5183_800x586Img_5184_800x618  Img_5185_800x573 他にも求愛給餌がうまく行ったシーンがありました。すでにカップルが成立しているのかも知れませんが、あれこれ見ていたところでは、このようにうまく行った求愛給餌では、オスは正面からアプローチしていました。
Img_5186_800x569 この左の写真では、メスはオスからもらった小魚を食べ、オスは、「ドーImg_5187_800x579 ダ!」とばかりに、胸を張っているというか、背伸びをしています。右の写真は、さらにその後の様子。「ドーダ!」が一段とパワーアップしていて、微笑ましくなります。
Img_5204_800x552 こちらは、失敗シーン。向かって左がメス。右のオスが、魚を咥えたまま近Img_5214_800x580 づきます。しかし、メスの横方向から近づいていて、どうもなぁという感じ。右の写真、かなり接近したのですが、メスは見向きもしてくれません。笑っては可哀想なのですが、笑えます。
Img_5219_800x584_2 やはりうまく行かず、いったん離れます。しかし、未練たっぷりの様子(微Img_5226_800x587 笑)。再度のアプローチ(右の写真)。メスはちょっと視線を向け、嘴が開いたようですが、魚を受け取ろうという態勢ではありません。「あんたなんか、好みじゃないよ」とでも行ったとか(苦笑)。
Img_5234_800x564 オス、やむなく、何気なくorスゴスゴとメスの前を通り抜けます。小魚は、咥えたまま。さて、お立ち会い、このあとどうなるでしょうか??
Img_5239_800x584 何と! 3回目のアプローチにチャレンジ。「三度目の正直」となるか、はImg_5242_800x569 たまた、「二度あることは三度ある」となるか?? 右の写真をご覧いただくと、先行きが見えております(微笑)。
Img_5243_800x592 結局、「二度あることは三度ある」でオシマイ(苦笑)。チャンチャン。
Img_5318_800x561 次も傑作。失敗ですが(爆)。最初のうまく行ったカップルImg_5327_800x561 に比べ、あっち向いてホイではありませんが、最初からこういう向きでは、先行きはアヤシいものです。相手にされないどころか、冷たい視線を送られる始末。
Img_5330_800x550 小魚を咥えたまま、トボトボと歩き始めます。当てはあるのか、ないのImg_5333_800x533 か? それが問題です(笑)。さらに歩き続けます。この暑さの中、せっかく捉えてきたプレゼント、大丈夫か?という気もしてきます。
Img_5340_800x533 歩みを進めるその咲きに、ちょうどメスが1羽。お誂え向きということになImg_5346_800x572 るか?? ムムムッ! 右の写真の様子では、先行きはあまり明るくなさそうな雰囲気が醸し出されていますが……。
Img_5349_800x574 案の定というべきか、かなりの低姿勢でアプローチしているにもかかわらImg_5352_800x551 ず、何やらクレームを付けられているように見えます。このオス、気が弱いのか、右の写真を見ると、腰が引けています(苦笑)。これでは、カップル成立はなかなか難しいかも知れませんねぇ。
Img_5360_800x571_2 このオス、そ小魚咥えてのまま修行の旅にでも出そうな雰囲気です。とこImg_5366_800x546 ろが、ところが、ギッチョンチョン(笑)。しばらく行ったところで、ハッと立ち止まります。何か思案中かも。
Img_5390_800x542 オッと! 何と、先ほど降られたばかりのメスに、再度接近。勇気があるImg_5392_800x570 というべきか、無謀というべきか(笑)。しかし、後ろからアプローチしているようでは、結末は見え見え。ほとんどまともに相手にされず、そのまま通過。さぁ、どうする?
Img_5393_800x572 飛び立ちました(苦笑)。小魚を咥えたままです。餌をどうするか興味があったのです。自分で食べてしまうということはないようです(今日、失敗したコアジサシを見ていても、自分で食べるパターンはありませんでした)。違うところにいるメスにアプローチしに行ったのでしょう。魚が新鮮なうちにカップル成立を祈ります。
Img_5175_800x563 観察しているうちに、またもや別パターンを目撃。カップルが成立しているところへ、別のオスが求愛給餌に来てしまったようです。オスメス両方から、警告されているようでした。まぁ、人間でもありそうなことですが……。このように、すでにカップルが成立しているメスのところに求愛に来るオスはかなりあるようでした。外見だけではそのあたりは判別できなさそうです。
Img_5255_800x597 オスたちは、大変です。カップルになるためには、餌をゲットしてきて、メスに進呈しなければなりませんし、選択権はメスにあるようです。そのためには、左の写真のようにせっせと餌取りに行くのです。
Img_5307_800x551 こちらは、2枚目、3枚目に乗せたカップル。メスが小魚を飲み込んだら、早速オスはまたまた餌ゲットに向けて飛び立つのでした(笑)。少しは休めるのでしょうかねぇ(苦笑)。
Img_5419_800x568 オスも降りてくる前にホバリングして、メスのいるところを確認したりしていImg_5421_800x578 るようですが、メスもホバリングしてから着地することもよくありました。

| |

« コアジサシ、コチドリ(いずれも抱卵中あり)、ケリそして帰れなくなったキンクロ……5/22遠征その1 河口堰周辺編 | トップページ | ツバメのヒナの○○シーン(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんばんは。
コチドリも、コアジサシも砂原や、河原などに営巣しますので、周囲と区別しにくいように、卵はまだらもようで石ころと区別がつきにくくなっています。

コアジサシの求愛給餌、それほど容易にはペアリングはできないようです。
今日もすでにペアになっているところにやって来たお邪魔虫を見ました。
コアジサシもいろいろと苦労していますね(笑)。

ツバメのヒナ、上手に巣の外に出します。
たくさん食べますから、それに見合う分量が出てくるのでしょうね。
しかし、1日に2回も見られるとは、ラッキーなのでしょうね(苦笑)。

ところで、セグロセキレイをご覧になったんですね。
セグロさんは、顔まで黒くなっています。

投稿: mamekichi | 2017年5月25日 (木) 20時55分

mamekichi先生、こんにちは。

コチドリもコアジサシも、卵はうずらの卵みたいな柄なのですね。

コアジサシの哀愁漂う求愛給餌、堪能いたしました(笑)。
小魚を咥えてトボトボ歩く姿など、気の毒には思いつつ、笑えてしまいますね。

ツバメの雛の○○シーン、小さい体から、なかなかのボリュームで捻り出すのですねぇ(爆)。
まさに決定的瞬間ではありますが、先生が掲載を戸惑われたというのも頷けます(笑)。

今日、セグロセキレイ(たぶん)を間近で見ました。
背中側から見て、頭、背中、尻尾が黒くて、羽が白かったです。
名前と姿が一致すると、嬉しいですね。

投稿: おユキ | 2017年5月25日 (木) 17時04分

ひらいさん、こんにちは。
いやぁ、野鳥の行動はよく分かりませんね(苦笑)。
もう来ないかと思ったら、大どんでん返しです。
ひらいさんの機動力と執念の賜です。

そろそろ本格的なバーダーの皆さんもいらっしゃるかも知れませんね。

オスの求愛給餌も、結構大変そうでした(笑)。
人間の世界でも相手を見つけるのは難しいですが、鳥たちも苦労するんですね。
すでにペアになっているメスに求愛して、叱られたり、連続して断られたり、コアジサシも苦労しています。
コアジサシには申し訳ないのですが、見ていると飽きませんでした。
時間切れで不承不承戻ってきたような次第です。

投稿: mamekichi | 2017年5月23日 (火) 18時35分

mamekichiさん、おはようございます!

弥富市内某所ご確認お疲れ様でした、自分が脅してて、無理やり行動させてるようで申し訳無いです。(笑)

そして某所、今年も楽しめる状態になってきましたね、また本格的なバーダーの皆様も、まだ来られてないようで、見つけられた事に鼻高々です。(笑) 次回行った時にはバーダーの皆様も来てるのではないかと思っています。

ウロウロしてる♂、可愛そうですが面白いですね、ちゃんとペアになってくれるのか心配ですが、まだ始まったばかりですし、頑張ってくれる事でしょう、自分もまた確認してみます。

投稿: ひらい | 2017年5月23日 (火) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コアジサシ、コチドリ(いずれも抱卵中あり)、ケリそして帰れなくなったキンクロ……5/22遠征その1 河口堰周辺編 | トップページ | ツバメのヒナの○○シーン(笑) »