« 桑名発達臨床研究室ご案内 | トップページ | コアジサシの求愛給餌さまざま、抱卵中の個体も……5/22遠征その2 弥富市内某所 »

2017年5月22日 (月)

コアジサシ、コチドリ(いずれも抱卵中あり)、ケリそして帰れなくなったキンクロ……5/22遠征その1 河口堰周辺編

Dscn9588_800x600

 昨日の法要は、親戚の皆様方のご支援もあって無事に終わり、ホッとしています。今日は、ブロ友のひらいさんから教えていただいた情報もあり、それを確認するため出かけてきました。たくさんありますので、まずは、その1として、長島編です。河口堰とその周辺。
Img_5033_800x567 河口堰近くの某臨時駐車場。コアジサシが10羽ほどいました。全部見て回ったところ、1羽のところで、卵があるのを確認! 1個だけのようでした。Wikipediaによれば、「地面にくぼみを作って2、3個の卵を産む」とありますが、この写真では、1個しか見えません。この臨時駐車場には一昨年はコアジサシもいたのですが、去年は不在。
Img_5025_800x570 さらに、こちら、アイリングがハッキリしないのですが、コチドリと思います。お腹の下に2個の卵が見えています。コチドリは、去年も営巣していた記憶があります。
Img_4970_800x552 コアジサシは、上にも書きましたように、10羽ほどが点在していました。しかImg_4987_800x568 し、今日も上天気。桑名のアメダスを見ると、10時で24.6℃。最高は、14時40分の27.6℃。暑かったです。コアジサシたちも、嘴を明けていましたから、暑いのでしょう。
Img_5090_800x552 ここは砂利を敷いただけのだだっ広いところ。日陰はありません。巣に就いていると思われるコアジサシは他にも何羽かいたのですが、こちらもご覧のように、嘴を明けています。暑いのでしょう。熱中症にならないよう気をつけて、卵を抱いてくださいな。
Img_5017_800x596 コチドリは、ほかにもこのようにつがいと思われるもの2羽を含めて、全部で5羽を確認。
Img_5063_800x555 駐車場の南の方にもコチドリが2羽。このコチドリたち、どういうわけかケImg_5092_800x568 リが集まっているところの近くをウロウロ。
Img_5105_800x566 ケリは、コチドリが鬱陶しかったのでしょう、追い払っていました。左の写Img_5122_800x533 真は、警戒態勢というか、攻撃態勢のようです。姿勢を低くし、あの独特の警戒音を発しながら歩いています。クルマの中から高みの見物を決め込んでいたら、さすがにこちらの存在に気づいたようで、最後には、クルマに向かってきました(右の写真)。
Img_4967_800x561 臨時駐車場の近く、長島排水機場の裏手には、堤防の上にカルガモ。行Img_5136_800x561 きも帰りも同じ態勢。マッタリしていたのでしょうか? ヒバリは、臨時駐車場から出るとき、道路を横断して土手に上がってきて鳴いていました。
Img_4884_800x533 話を戻して、最初に行った長良川河口堰。今日は、カワウ少しの他にImg_4894_800x571 は、コサギが合計6羽だけ(堰の東西の魚道にいたものを合わせて)。ちょっと拍子抜け(苦笑)。餌をゲットするシーンも見られず。
Img_4909_800x594 河口堰本体の西端からみた葦原の中には、大きめのサギ。目元が緑色のようですから、ダイサギと思います。ちょっと遠すぎ。
Img_4917_800x521 堰の東、魚道観察室の脇にある「アユのぼり」を確認。この近くには、ヒImg_4920_800x624_2 バリが2羽。いつもこのあたりにヒバリがいます。
Img_4940_800x579 河口堰東側の魚道、下流側は、コアジサシのダイビングポイント。9時25分と、40分に1羽ずつ飛来。ダイビングもしたのですが、いやぁ、うまく撮れず仕舞いで、残念。ここで見たのは、2羽だけ。その後、臨時駐車場に移動して、初めの方に載せた写真を撮りました。
Img_4963_800x573 アクアプラザながらの駐車場で、クルマに乗ろうとしたら、東方からアオサギ1羽、飛来。旋回した後、なばなの里の駐車場の北側あたりに降りた模様。
Img_5145_800x557 臨時駐車場のあとは、大島水門&大島漁港へ。ここには、帰れなくなっImg_5160_800x569 たキンクロハジロのオスがいるとひらいさん情報(2017.05.21 冬に逆戻り?それどころか1年前に!(笑))。漁港の方にいました。帰れなくなった理由は、右の写真をご覧いただくと一目瞭然。右の翼、先の方半分くらいがありませんでした。胸が痛みます。何とか元気に夏を越えてもらいたいと切に願っています。
 その2に続く(予定)。

| |

« 桑名発達臨床研究室ご案内 | トップページ | コアジサシの求愛給餌さまざま、抱卵中の個体も……5/22遠征その2 弥富市内某所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
コアジサシというと、おっしゃるようにあのオレンジの浮きの上での求愛給餌が、自分でも強烈な印象で残っています。
営巣するのは、河原、砂地などのようです。
弥富市内某所(ご希望でしたら、ご案内します)では、ずっと見ていられると思い巻いた(微笑)。
求愛給餌もなかなかうまく行かない様子もあり、無事に相手が見つかったか心配になります。
去年は、某所では、金魚を餌として与えているコアジサシがいました。

投稿: mamekichi | 2017年5月23日 (火) 18時31分

ひらいさん、こんにちは。
いろいろとありがとうございました。
臨時駐車場、盲点でしたですね(笑)。
コアジサシも、コチドリも、ケリも抱卵中のものがいました。
大島水門のキンクロさん、何があったのか分かりませんが、あれでは飛べませんね。
可哀想ですが、元気に見えました。
夏の暑さを乗り切ってもらいたいものです。
ちなみに、九華公園のキンクロさんは、今日は不在でした。

コアジサシは、10羽か11羽いました。
抱卵しているものがいるとは思いませんでした。
クルマで行くと、逃げないので割と近くから写真が撮れます。

夕方になると、ムクドリが来るんですか。
ムクドリの餌があるんですね。
迷惑な話です(笑)。

河口堰もおっしゃるように、たくさんいたり、いなかったりですが、必ず立ち寄るべきところですね。
長島、弥富方面に行くときは、外せません。

投稿: mamekichi | 2017年5月23日 (火) 18時28分

おはようございます
コアジサシはmamekichiさんのあの
オレンジ色の浮きの写真が印象的ですので
水辺にいる鳥かと思ってましかたが
こんな場所でも餌のやり取りがあるんですね。
見てて飽きない光景ですね。

投稿: こころん | 2017年5月23日 (火) 07時41分

mamekichiさん、おはようございます!

遠征お疲れ様でした、臨時駐車場のコアジサシ、大島水門のキンクロ、ご確認出来たようで良かったです、野鳥達の行動は予想出来ない事が多いので、絶対に居るとは言えないところが難点ですね。

そしてキンクロ、やはり飛べないようですね、とりあえず元気そうなので、今年はここで越夏してもらい、また冬に仲間と合流して欲しいですね、九華公園にキンクロの♀がご滞在してるかもしれないので、何とか合流出来ると良いのですが、実際は難しいでしょうね。

そしてコアジサシ、某所と比べると数はちょっと少なめですが、期待の場所ですね。自分もマメに確認してみます、実は昨日出社前と帰宅前に確認してたりします。(笑) ちょっとビックリしたのは、日の入り直後くらいの時間帯は、あの場所にムクドリの大群(数百羽という感じ)がエサを求めて集まっておりました、もちろんコアジサシも居たのですが、かなりパニック状態となっており、ちょっと心配です。

河口堰も大勢揃ってたり、少なくなったりと変化が激しいですね。と言っても、この時期必ず野鳥が見られる貴重な場所なので、確認は欠かせません。

投稿: ひらい | 2017年5月23日 (火) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名発達臨床研究室ご案内 | トップページ | コアジサシの求愛給餌さまざま、抱卵中の個体も……5/22遠征その2 弥富市内某所 »