夏の使者・ツバメです。市内船馬町の、旧・脇本陣である旅館・山月の前の電線に止まっていました.何やら盛んに鳴いているというか、しゃべっているような雰囲気でした。