おなじみのケリです。田起こしが済んだばかりの水田を歩き回っていました。エサをとる方が重要だったのか、いつもよりも人間に対する警戒心が薄いようでした。いつになく近くまで近寄らせてくれました(笑)。