諸戸水道の浄水設備の遺構です.愛宕山に登る途中にあります.現在は使用されていませんが,設置当時は,桑名町,赤須賀村,益生村,大山田村に給水されており,大正13年(1924年)には全設備が桑名市に寄付されたものです.