桑名市清水町にある浄土寺の入り口です.この寺は,徳川家康により,慶長六年(1601年)に桑名十万石の領主とされた本多忠勝の菩提寺です.門の中の石柱には,「本多忠勝公本廟」と記されています.本多忠勝は,徳川四天王の一人といわれ,勇猛な武将だったようですが,桑名城主としては,「慶長の町割り」といわれる都市計画を立て,町を大改造した領主です.