旧・諸戸精六邸の東半分が,この六華苑として整備され,公開されています.六華苑は,鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計しています.四層の塔屋を持つ木造二階建ての洋館(塔屋部分が写真左上に見えています)と,池泉回遊式庭園を持つ和風建築からなり,大正2年(1913)に完成し,明治・大正期を代表する貴重な文化遺産として国の重要文化財に指定されています.塔屋に登ると,揖斐川などが一望できます.庭園も立派で是非見てみる価値はあると思います.