旧諸戸精六邸を,入り江(池?ポンプ場から揖斐川にはつながっています)越しに眺めています.桜が終わり,新緑に向かう頃です.この池の周りは,私の好みの散歩コースの1つです.桑名市によって,散歩道が整備されてきています.池の周りの煉瓦は,桑名の土を常滑まで運んで焼いたものだと聞いています.この池やポンプ場などの周囲を一回りすると,約1.2㎞になります.台風の際には,ここに漁船やプレジャーボートが避難できるようにつくられているそうです.