走井山(はしりいざん)は,16世紀頃には矢田城があり,織田信長の部下・滝川一益が支配していました.今は,城山公園と,走井山勧学寺になり,市内の桜の名所のひとつになっています.