円妙寺は,第6代桑名藩主松平定良が明暦3年(1657年)に没した時に、菩提寺として建立されました.定良公は明暦2年(1656年)に病となり,有馬温泉で治療しましたが,翌年桑名への帰路京都で,26歳の若さで客死したといいます.定良は日蓮宗を信仰していたので,松平家の菩提寺である照源寺とは別にこの寺が建てられたのです.その後,宝暦年間(1751~64)に火災を受け,越後高田そして奥州白河へ移りましたが,文政6年(1823年),松平家再封の際に桑名に戻り,現在地に再興したという歴史をもっています.江戸時代の山門の他は戦災で消失し,現本堂は昭和47年(1972年)に再建したもので,鉄筋コンクリート造りです.ちなみに,定良公の墓は,境内にはなく,円妙寺の北側の広い道路を挟んだ向かい側にあります.こちらは,まだ行ったことがありません.