春日神社の境内には,“金龍桜”と呼ばれる,八重桜の一種の古木があります.この金龍桜は,桑名城主・松平定綱公が,摂津国古曾部の金龍寺から分植したと伝えられています.