春日神社の楼門です.現在のものは,平成に入ってから再建された楼門ですが,もともとは,天保4年(1833年),松平定永公によって寄進された三間一戸・重層入母屋造りで,正面左右には左大臣・右大臣,裏側にには金剛力士像が安置され,その姿の美しさは日本一とたたえられたそうです.昭和20年の桑名大空襲で焼失してしまいました.