熊野神社の境内社の1つである,“厳島社”です.もちろん,広島の“厳島神社”を本宮とし,祭神は“市杵島姫神<いちきしまひめのかみ>”であるお社です.本殿は,一段,高くなったところに祭られているのですが,この厳島社は,そこからは,数メートル低いところにあります.ここは,私が子どもの頃は入り江になっていて,その中央に“出島”がつくられており,その出島に厳島社がありました.この入り江は,明治の始め頃,近くの漁師達が,入り江を船寄場としたのに始まります.小学校高学年か,中学生くらいの時に,漁師の息子であった友人(故人)に,この入り江で,櫓漕ぎの小さい漁船に乗せてもらった記憶があります.