熊野神社では,奉射神的の行事が永禄年間(1500年代中頃)から行われていたそうです.現在も,秋の大祭などの祭には,続けられています.その“射小屋”の写真です.この向かい側には“南山矢取塚”(二棟)があります.いずれも,昭和30年(1955年)に県指定の文化財になっています.建物は,徳川中期のものといわれます.天正12年(1584年),徳川家康が参拝の折,御神的料として,15両を寄付し,この行事を奨励したといいます.