「明ほのや しら魚白き事 一寸」の句碑です.野ざらし紀行の際(貞享元年,1684年)の句です.芭蕉は,大垣から桑名に来て,本統寺(桑名別院)で,「冬牡丹 千鳥よ 雪のほととぎす」の句を詠んでいますが,その翌朝,ここ濱地蔵堂で,「明ほのや……」と詠んだそうです.散歩写真(その1)の「松尾芭蕉句碑(本統寺境内)」もご覧下さい.