桑名市川口町の旧・東海道に残る「通り井」の跡です.桑名は,地下水に海水が混じるため,寛永3年(1626年)に町屋川から水を引いて水道をつくり,通りに筒を埋め,あちこちに正方形の升を開けて,それを人々が利用しました.写真は,その跡が見つかったところに「井」と刻んだ石が埋めてあるところです.