桑名市安永にある「伊勢両宮常夜燈」です.文政元年(1818年)に建立されています.常夜灯の手前には,「従町屋川中央北桑名郡」という石碑が残っています.石碑には,「距三重県庁拾一里……」,「距桑名郡役所……」と,距離が刻まれていました.左手に少し行くと,町屋橋跡になります.町屋川には,大小2つの木橋がかかっていたそうです.対岸は,「縄生(なお)」(現在は,朝日町縄生)です.