桑名市矢田の益生駅の西にある福江町あたりの旧・東海道です.「矢田立場」から,町屋橋に向かうところで,このあたりは,江戸時代も家が建て込んでいたところでしたが,ここからさらに南に少し行くと,家並みがとぎれ,松並木となり,鈴鹿山脈がよく見えたという案内板(江場松並木跡,現在は日立金属の工場)が立てられていました.