走井山の麓の「見ざる・聞かざる・いわざる」の庚申塔に刻まれた碑文です.「此の心我れができぬる.人とまぜよとハ それハむり志ゃ.志てくだされバ ありがたし.」とありました.今の仮名遣いにすれば,「この心我ができぬる.人と混ぜよとは それは無理じゃ.して下されば ありがたし」ですが,サルがそういっているのでしょうか?