桑名市堤原にある北桑名神社です.白鳳元年(672年)に大海人皇子(のちの天武天皇)と后(のちの持統天皇)が,壬申の乱の際に,吉野から伊賀を経て,桑名郡家に行幸され,泊まられたと伝えられています.后の所持されていた御物を納めた宝殿があったといわれ,現在の宝殿町の地名のいわれになっています.また,御物の鏡と硯とを伝えていた持統天皇社が,この北桑名神社に合祀されています(新桑名歴史散歩).市内には,天武・持統両帝を祭神とした天武天皇社も残っています(東鍋屋町).