桑名市参宮通にある常夜燈です.常夜燈は,安政3年(1856年)の建立だそうです.400人ほどが寄進を行い,現在も桑名で営業している店の屋号も刻まれています.傍らの道しるべ(弘化4年,1847年建立)には,「右 みの 多度道」「左 すてん志ょみち」とあるのが読めます(新桑名歴史散歩). 右は,国道1号に出られますので,そこから,美濃(岐阜県)や多度(現在は,桑名市多度町)に至ることができます.左は,国道1号線を横断して桑名駅に通じています.