ogasawara.cocolog-nifty.com > 花&盆栽(その1)

太夫の大樟の幹

太夫の大樟の幹

2006/02/19

桑名市太夫

この樟は,天正年間,三河の武士が,この六本樟に隠れて命が助かったので,後年,木が枯れたときに,その武士の母親がお礼に植えたという言い伝えです.昔は,境内地(増田神社の境内なのか,すぐ近くの八幡社の境内なのかは,明記されていません)にあり,ご神木だったそうです.幹の太さは,地上60㎝のところで 10m8㎝,二幹に分かれていますが,樹高は約27m,枝の張り出しは,東西が約26m,南北が約28mということです.真下へ行くと,のけぞるほど見上げても,まだまだ枝の下でした.