和館の端に続いている,一番蔵です.和館とは,廊下で続いています.この一番蔵は,木造二階建,土蔵造り,屋根は切妻桟瓦葺となっています.通称“宝蔵”と称されているようで,“書画”を主とした調度品を収納していたそうです.諸戸家の所蔵する,いわゆる“お宝”だけで,市の博物館の展覧会が十分開催できるくらいです.