境内には,梅の木はもちろん,臥牛石(がぎゅうせき,と読むのでしょうか)があります.その云われについては,道真公が,丑年生まれということで,牛にも縁があったということのようです.狭い境内ですが,落ち着いた雰囲気で,静かな時が流れているような気がします.学問の神様ですから,もちろんしっかりとお参りしてきました.