土筆の写真を撮ったガード脇から,大山田川の堤防に向けて戻る途中には,上之輪神社があります.由緒書きなどはなく,ひっそりとしています.境内には,お稲荷さんと,秋葉さんも祭られています.写真の“村社”と彫られた石碑も,裏側はほとんど読めませんでした.石碑からは,多度大社,神明社の系列である,ということ以外は分かりません.御祭神も不明です.“新・桑名歴史散歩”にも記述はありません.