市民会館前の薄墨桜のアップです.ちょうど,花曇りといえる天気でした.花曇りは,もちろん,桜の花が咲く頃の曇りがちな天気をいいます.“花を養う天気”という意味で,“養花天<ようかてん>”とも呼ぶそうです(暦帖二〇〇六).花を愛でるには,晴天よりも曇りがちな方が美しいとされる,ともありました.さて,いかがでしょう?散る直前には,薄墨色になるそうですね.