員弁への街道を北側に渡って,西方というところに出ます.丁度,マイカル桑名の東南に当たります.そこには,西桑名神社があり,立ち寄りました.ご祭神は,“品陀和氣命<ほんだわけのみこと>が主神です.合祀神には,天照大神や,宇迦之御霊神<うだのみたまのかみ>,火産霊神<ほむすびのかみ>などがあります.勧請年月は明らかでないようですが,現在の西方配水場のあるところに,滝川一益が永禄年間(1558~1570年)に,西方城を築かせた加藤勘助の祈願所であったという言い伝えがあるようです.また,この西桑名神社にも,大海人皇子(天武天皇)が白鳳元年に桑名に立ち寄られたときに,ここから神宮を遙拝されたという伝説もあると,由緒書きにはあります.