増田神社の由緒書きによれば,白鳳元年(672 年),壬申の乱の際に大海人皇子が,吉野から桑名に逃れ,桑名郡家に泊まられたという伝えがあります.そのときに神宮を遙拝された地に,この増田神社を奉祭されたとあります.境内には,確かに,右の写真のように“神宮遙拝所”の石碑が建てられています.