自宅マンションの玄関から見たTrois Rivieres号です.左の点とのところには,看板も出ており,“歴史と文化の水郷ふるさと再発見協議会”という名称で,“船のりば”と書かれていました.Trois Rivieres号のクルーズは,1日だけだったようで,翌日には,台船しか残っていませんでした.