高塚山の頂上です(88.62メートル).一等三角点が設置されています.また,このあたりは,“新桑名歴史散歩”によれば,長さ50メートルほどのDSC01620前方後円墳の跡だといいますが,その面影はありませんでした.