尾野神社のあたりは,その昔(千数百年前),町屋川と大山田川が合流するあたりで,海の間近であったようです.そのため,この地に“船着きの松”(案内板には,“船繋ぎの松“とありました)があるようです.今は,右の写真のように,川からはかなり離れています.写真の中央に並んでいるのが,長良川河口堰のゲート昇降設備です.