この尾野神社は,平安時代からこの地にあったようです.“船着大明神”と称しています.その昔,このあたりは,町屋川と大山田川が合流するあたりで,海の間近であったようです.そのため,この地に“船着きの松”(案内板には,“船繋ぎの松“とありました)があるようです.立坂神社は,もともと市内西方にあったといいますが,明治41年(1908年),尾野神社に合祀されたそうです.立坂神社は,別名,“草鞋神”といい,足止め信仰があったため,家出人があった場合には,ここに草鞋を供えて,家出人の足を止めていただくことを祈願したということです.