御殿も国重要文化財に指定されています。頭領は、鬼頭与吉という記録が残っています。1890年(明治23年)に着工したもので、桑名貯木場の御料材や、東京から取り寄せた建材も使われているといいます。大隈重信、山県有朋など、明治の政治家がここを訪れたといいます。以前は、御殿に上がらせていただくことができたのですが、現在は、残念ながら入ることはできません。