池庭越しに見た御殿です。この池庭は、本来は、水門で揖斐川とつながっており、汐入池となっていたものです。池庭は、出羽の本間邸や、近江八景を模したと伝えられているそうです。また、国指定の名勝となっています。もともとは、水田であったところを庭にしたようです。東京から招いた宮内省技師・小平義近と、京都から招いた狩野宗朴宗匠が構築したものです。