この祠のあるところには、堀があります。堀は、諸戸氏庭園の北側から西側までずっと続いています。この堀は、今は、水門が閉じられていますが、揖斐川につながっています。御殿前の池庭は、海抜0メートル以下で、水門から流れ込む揖斐川の干満の影響を受けた、いわゆる“汐入池”だったといいます。