正面から奥に向かってすぼまっていますので、部屋の形から“扇の間”とも呼ばれるようです。この扇の間の上がりかまちに座って、しばし、藤棚を眺めてきましたが、何とも言えぬ落ち着いた雰囲気に浸ることができました。