入り口からはもっとも奥のあたり、御成書院に接するところには、このように斜めになった、松の大木があります。樹齢はどのくらいなのでしょう、想像もつきません。