庭園回遊の途中で、少し入り込むと、本邸の裏側部分を見ることができます。左は、やや離れたところから撮影したものです。表側は、店舗として使用され、裏側は、私邸部分として、はっきり分けられていたといいますので、こちらは私邸の方でしょう。