浄土真宗大谷波桑名別院(本統寺)の境内にある,松尾芭蕉の句碑です.「冬牡丹 千鳥よ雪の ほととぎす」と刻まれています.「野ざらし紀行」の旅の折(貞享元年,1684年),この本統寺で詠んだ句です.本統寺住職・大谷琢恵が,芭蕉と同門の俳人であったため,本統寺で句会が催されたということです.