「平家物語」や,能楽「俊寛」で有名な俊寛僧都(1147~1178)の弟子に「有王丸」がいます.有王丸は,旅の途中で病気になり,桑名亡くなったので,葬られたといわれます.その有王を偲んだ有王塚が,近鉄名古屋線益生駅近くにひっそりと建っています(西羽晃著:桑名歴史散歩).
前から行きたいと思っていたところですが,よく分からないでいました.庚申塔を教えて下さった,年配の男性が連れて行って下さったものです.