大学

2017年7月26日 (水)

試験は無事に終了、夕方に散歩……巨大なアメリカフヨウの花に驚く

Dscn1600_640x480

 朝5時、6時台には雨も降ったのですが、出勤途中、電車に乗っている間にみるみる晴れてきました。湿気がなくなった感じがするのはありがたかったのですが、いわゆる「カンカン照り」のような中、江戸橋方面の最終日を迎えました。試験であります。遅刻する学生あり、学生証を忘れた学生ありで、ちょっと心配しましたが、有資格の学生全員が受験し、(たぶん)無事に試験を終えられました。
Dscn1616_640x452 試験時間は1時間。遅刻は30分まで、開始30分後から退出可となります。Dscn1618_640x480 50分あまりですべての学生が退出。そのお陰でいつもよりも2本早い電車に乗れました。12時半過ぎには帰宅。昼食後一休みして、怒濤の勢いで採点(笑)。16時半過ぎには、一通りチェックできました。去年とは異なり、成績を付けるのに非常に悩むことはなさそうです。余談ですが、○×式問題は正答率が高いものの、用語説明はそれより低く、記述式はさらに難しかったようです。
Dscn1627_640x480 採点も一通り終えられましたので、17時を回った頃から散歩に出かけられImg_6049_640x427 ました。この時刻、気温は高かったものの、風が出てきて、多少は楽に歩いてこられました。三崎通、田町、吉之丸コミュニティパーク、七里の渡し跡、住吉神社、揖斐川堤防、桑名七里の渡し公園と3㎞ちょうど。空は真夏の空でした。左は拙宅から北西の空、多度山方面。右は、名古屋方面。左下に名駅前の高層ビル群が見えます。
Img_6053_640x427 もう巣立ってしまったかと思ったのですが、三崎通のお宅にはまだツバメのImg_6062_640x474 ヒナがいました。2羽です。「つぶらな瞳」であります。「つぶらな」は、漢字で書くと「円らな」です。「丸くてかわいらしい」ということです(最近知りました……苦笑)。田町の商店の巣にもまだまだ3羽がいます。
Dscn1647_640x480 住吉神社近くの揖斐川堤防では、土曜日(7/29)の桑名水郷花火大会Img_6100_640x425 準備が進んでいました。今年は、二尺玉が20発打ち上げられると聞いています。住吉さんはいつものように、フェンスで囲われつつありました。揖斐長良川の中州には、仕掛花火に使うのでしょう、やぐらも組まれています。
Dscn1650_640x480 堤防には、有料席や招待席を設ける準備が進行中でした。左の写真でDscn1652_640x480 スタッカに載っているのはパイプ椅子。河川敷は、有料席と招待者席ですが、このパイプ椅子が設置されるようです。右の写真で白いテープで区切られているのも有料席ですが、こちらはシートなどを持参しなければならないと思います。
Dscn1656_640x480 桑名七里の渡し公園には、花火大会当日の7月29日は、「終日休園」という掲示が出ていました。昨年もそうだったと思います。混乱を避けるということなのでしょう。ここで芝生に寝転がって見物するというのもよいような気がするのですが、残念。
Dscn1607_640x480 余談でありますが、江戸橋で非常勤先に行くため伊勢別街道を歩いていDscn1609_640x480 たら、こんな花が咲いているのに気づきました。巨大なムクゲか?と思ったのですが、調べてみたら、「アメリカフヨウ」という種類のようでした。アメリカフヨウは、花の径が10~30㎝になるといいます。こんな大きな花、驚きました。

| | コメント (4)

2017年7月19日 (水)

江戸橋通いも残すは試験のみ……ようやく梅雨明け

Dscn1350_640x480

 ようやく梅雨明けが宣言されました。東海地方の平年の梅雨明けは7月20日だそうですから、時期的には平年並みということです。しかし、今年の天候パターンですと、戻り梅雨がある可能性が高いそうです。願わくば、何事も平年並みがありがたいと思います。
Dscn1330_640x480 さて、14回目の江戸橋通いでありました。往きは非常勤先に着けば、非常Dscn1355_640x480 勤講師控え室で涼めますし、教室もエアコンが入っていますので、それなりに楽ですが、帰りは、正午過ぎという時間ですし、江戸橋駅には冷房の入った待合室はありませんので、堪りません(苦笑)。
Dscn1336_640x464 授業の方は、お陰様で大過なく終えられました(と思っていますが、実際のところはどうでしょう?)。今日は、社会におけるカウンセリングと心理の資格という話をしてから授業のまとめを行い、試験について説明してきました。試験は、来週。○×式問題もつくりましたが、用語説明や記述式も用意してあります。採点や成績評価に悩まないで済むよう、学生の皆さんにはしっかり準備してきてくれることを期待しています。
2017assessment_481x286 今日は、先週学生諸君がしてくれた授業評価の結果が非常勤講師控え室のメールボックスに入っていました。結果は、小生の授業についてですので、載せても差し支えないかと思います。ただ、頂いたものをそのままというわけにはいかないでしょうから、平均値のグラフを自分で書き直しました。
 お陰様で授業の総合評価は、平均5.42点でした(1~6点の範囲で、6点に近い方がよい評価です)。もっとも低かった項目は「学生の興味を引く工夫」の5.24点、最高は「レポート等の返却」の5.83でした。現時点では他の先生方のデータが分かりませんので何ともいいようがありませんが、あまりひどい評価ではなく、一安心というところです。
 午後からは、出欠チェック、Q&A書きを行っていたのですが、案外時間がかかってしまい、今日の散歩はサボり(笑)。共同研究の発表抄録も届けてもらったのですが、まだそこまで手が回っていません。
Dscn1321_640x480 ところで、非常勤先の管理棟の軒下にはツバメの巣が2つあります。これまでツバメが巣にいるところは見ていませんでしたが、今日は、2つともに親ツバメがいました。今の時期ですと、二番仔の可能性が高いでしょう。
Dscn1323_640x480 ただし、どちらの巣も、ヒナがいるかどうかは分かりませんでした。かなりDscn1325_640x480_2 高いところにありますので、巣の様子はほとんど窺えないのです。来週、もう一度行きますので、また見てきます。バードウォッチングは、どこでもできて、ありがたい趣味です。
Dscn1357_640x480 明日は、愛車コペンの1年点検。朝9時に川越の自動車屋さんに入庫予定。1年点検ですから、何もなければ、1時間ほどで終えられるでしょう。ついでに必要な買い物を済ませ、本屋、ホームセンタでも覗いてくることにしましょう。明日も暑そうですから、散歩は夕方にでも。
 本日の写真、非常勤先と江戸橋駅とで撮ったものです。

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

授業のQ&A……「くわな史跡めぐり」の正誤表云々の余談もあります

Img_2555_640x427

 台風3号は足早に過ぎ去りましたが、九州方面など、かなりの大雨に見舞われていると聞きます。大きな被害がないことを祈っています。今日は、12回目の江戸橋通い。残りは試験も含めて3回となり、いよいよ先が見えてきました。大過なくこの役割を終えたいと思っています。
Img_2408_640x446 今日の授業では、先週提出してもらったレポートを採点したものを返却。「レポートを返します」と入った途端、学生諸君の表情には一瞬緊張感が見えました。とくに1年生には、初めてレポートを書いたという学生もいて、不安そうな様子がありあり。ただ、今回のレポートは、それぞれが学んだことを分かりやすくまとめ、これからどのようにしたらよいかを書いてもらったもので、正解はありません。それ故採点も、分かりやすくかけたかと、自分の体験に基づいて考察したかをポイントにしました。意欲を減じないよう配慮もしましたので(微笑)、厳しい結果ではありません。
Img_2556_640x427 帰宅後は、昼食の後、出欠確認と、出席票に書かれた感想へのコメントや、質問の回答をまとめていました。これにかなり時間を取られ、今日は散歩に行く余裕はありませんでした。明日は天気が良さそうですから、今日の分も歩きたいと思っています。
Qa_457x640 Q&Aって、どんな風にしているの?と思われる方もおありかも知れません。マル秘情報ではありませんので、今日まとめたものの一部を公開します。左の画像は、パワーポイントで作った配付資料の一部です。学生の皆さんの意見、感想、コメント、質問に対して小生のコメントや回答を書いています。学生たちのコメントなどすべてを取り上げているわけではありません。質問はなるべく取り上げますが、その他は、代表的なものや、勘違い、誤解をしているもの、意味のあるものを取り上げています。質問や勘違い、誤解は、回答し、正しておく必要があります。それ以外のものは、他の学生たちがどういう風に捉えたかを知ると勉強になると考えて、紹介しているのです。「~と思っていたのは、自分だけでなく安心した」というコメントはよくありますし、「他の学生の意見を聞いてなるほどと思った」という感想もありますから、小生の狙い、多少は達成されていると思います。
Img_2573_640x427 ところで、7月に入ってから、メダカの赤ちゃんが続々と孵化しています。これまでも卵がなかったわけではありませんが、少なくてそのままにしていたのです。先週後半になって、メダカの水槽に浮かしているホテイアオイにたくさん卵が産み付けられるようになったのです。去年よりも2ヶ月ほど遅い勘定です。あまりにも増えると困る面もあるのですが、せっかく産まれた命ですから、大切に育てようと思います。メダカの赤ちゃんの写真を撮るのは難しく、よく分からないものになりましたが、ご覧ください。どのくらいいるかはまだカウントしていません。
 花の写真は、昨日の散歩で撮ったものです。
 「くわな史跡めぐり」の正誤表の件、市役所のWebサイトにある「あなたの声をお聞かせください」に投稿しました。住所、氏名等を明らかにしてであります。しかしそれにしても、このページにある注意事項を読んでいたら、笑ってしまいました。「これぞお役所対応」と思えるような、見事な内容が羅列されているのです。参考までに以下に引用しておきます。お暇とご興味がおありでしたら、お読みください。
「あなたの声」について
必須項目「名前」「お問い合わせ項目」「お問い合せ内容」のほか、差し支えなければ「郵便番号」「住所」「電話番号」「性別」「年代」もご入力ください。市からの回答を希望する場合は、「住所」と「電話番号」または「メールアドレス」の入力が必須となります。
いただいたお問い合わせ等については迅速な回答に努めますが、状況の確認や調整に時間を要する場合があります。概ね2週間以内を目安に回答いたします。
個人情報や法人情報などに該当する部分を除き、情報共有させていただいています。
内容を要約して市の考え方とともに、市ホームページや印刷物などに掲載させていただく場合がありますので、予めご了承ください。なお、掲載させていただくことに支障のある場合は、その旨をご入力ください。
この「あなたの声」は、皆さまからの市政に対するご意見等をいただく目的で設置させていただいています。他人のひぼう、中傷、営利・政治・宗教活動に関するものや、公序良俗に反する書き込みはご遠慮ください。
次に該当する場合は、回答できない場合があります
「住所」と「電話番号」または「メールアドレス」のいずれかの入力がない場合や明らかに誤りがあるもの。
趣旨が明確でないもの。
その他、市として回答することが適当でないと判断したもの。
以上のことをご理解いただき、下記の項目にご入力のうえ「入力完了」をクリックしてください。

 とくに笑えたのは、「概ね2週間以内を目安に回答いたします」というところ。その直前に「迅速な回答に努めますが、状況の確認や調整に時間を要する場合があります」とあるのにです。まさか、投稿一つひとつについて、市長さんの決裁をとっているんじゃないでしょうねぇ(爆)。このギャグ、公務員であった方にしかお分かりにならないかも知れませんが……。

 いずれにしても回答は義務ではなく、市職員の方の裁量の範囲のようです。
 返事が来たらまた、是非とも紹介します。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

よく降りました……夕方、小散歩で気分スッキリ

0621amedas_640x281

 よく降りました。それも、小生が江戸橋に行く間、という感じです。大雨警報や洪水警報では休講になりませんが、出席した学生はいつもよりやや少なめ。今日は、傾聴の演習をしたのですが、大雨でくじけた学生がいるのかも知れません。今日の演習の結果に基づいて、来週レポートを提出。それを20点満点で評価し、その結果は成績評価に算入するのですが、今日休んでしまうと、その20点分がありませんから、筆記試験の80点だけで成績評価と相成ります。こちらが心配になってしまうのです。
Dscn0541_640x480 帰宅後は、出欠チェックにQ&Aといつものことをしていたのですが、歩いていないとどうも気持ちがスッキリしません(苦笑)。まさに「散歩依存症」。自覚しています。という屁理屈はともかく17時前から小1時間、住吉神社、七里の渡し跡など揖斐川沿いを歩いてきました。2.6㎞ほど。
Dscn0557_640x480 さすがによく降った後です。水量はかなり増えています。江戸橋まで往復Dscn0567_640x480 の電車から見ても、あちこちに川は流れがかなり激しくなっていました。左は、住吉神社の前から長良川河口堰を眺めたもの。右は、福島のポンプ場あたりから揖斐川の下流を見たもの。旅館・山月や、蟠龍櫓、柿安本社ビルなどが見えています。
Dscn0551_640x480 揖斐川の水が増え、流れも激しかったためと思えますが、住吉水門の内側、住吉入江にはかなり大量のゴミが流れ込んでいました。こういう光景は見たことがありません。おもしろいことに、このあたりにツバメがたくさん飛び交っていましたし、ゴミの上にスズメやハクセキレイがいました。
Img_1048_640x461 きれいな画像ではなくて恐縮ですが、記録のためもありますので、ご容赦くImg_1040_640x446 ださい。スズメは、このゴミの上で餌になる虫を探していましたし、実際に見つけていたようです。ツバメが飛び交っていたのですが、親ばかりと思ったものの、どうやら今年巣立った幼鳥たちも含まれていたようでした(右の写真)。短い距離でしたが、やはり歩いてくるといささか気分も晴れるというものです。
Dscn0545_640x480 ところで、夕方の散歩の前に下を見下ろすと、諸戸氏庭園の本邸まえにDscn0547_640x480 囲いが設けられていました。いよいよ本邸の修復工事が始まるのも近いようです。
Img_1054_640x435 明日は晴れという予報です。今日の大雨で、コアジサシの営巣地がどうなったか気になります。明日は見に行きたいと思うのですが、それはまた明日決めることにしましょう。

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

梅雨入り宣言……江戸橋はちょうど折り返し点

Img_8446_800x533

 いよいよというか、とうとうというか、梅雨入りが宣言されました。去年、一昨年は6月3~4日でしたが、今年は平年並みだそうです。また鬱陶しい日が続くのかと思ったのですが、週間予報では、明日の夕方から土曜は晴れ、日曜に少し雨が降るものの、また月曜からは晴れとなっていました。
Img_8364_800x533  さて、本日は、江戸橋での授業、8回目でした。15回ですから、まさに折り返し点。授業は、カウンセリングの基礎概念ということで、傾聴、ラポール、受容、共感など、内容も佳境に入って来ました。来週は、DVDでカウンセリング場面を確認し、再来週は、学生の皆さんに実際に面接の演習をしてもらう予定です。
 非常勤講師控え室には、事務連絡のため、教員それぞれにメールボックスがあります。今日は、前期試験実施方法調査票と、補講を実施するかどうかの照会文書が入っていました。早いなという気もするのですが、もう授業も折り返し点で、あと1ヶ月半もすれば、試験になります。試験問題作成の期限は、7月になってからですが、もう少ししたら問題を考えはじめないといけません。

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

3回目の江戸橋

Dscn8549_800x600  今日は、水曜日。江戸橋へ講義に行く日であります。去年は、初回から雨模様だったのですが、今年は1回目、2回目と好天でした。しかし、3回目にして、天気は下り坂。非常勤先に着き、授業をしている間は、曇天でしたが、授業が終わった頃から降り始めました。まぁ、ここまで天気が持ったのですから、良しということです。

 学生諸君は、去年と同様、まじめで熱心に聞いてくれています。ただ、授業中の自発的な反応が少ないのが、ちょっと残念といえば、残念です。今年は、授業中に時々指名して、問いかけをしているのですが、けっこうポイントを突いた発言をしてくれます。毎回提出してもらっている出席票にも、ほとんどの学生が質問や、感想、考えたことを書いてくれます。それに助けられ、今のところ、何とか順調に授業は進んでいると思います(たぶん)。
Img_0848_800x533  往きの通勤電車、去年と違って、比較的空いています。名古屋行きは、9時頃もまだ混雑していますが、下り電車は全般に空いています。それでも、去年も同じ時間帯の電車に乗っていたのですが、学生さん(三重大学など)も多く、座れないこともありました。時間割が変わったのかと思っていますが、座れると、当日の授業の予習もできます。
 帰りは、出席票に目を通したあとは、窓の外を眺めてきます。今の時期、川など、カモはもうほとんど見られませんが、水田には、コサギがよくいます。そのうちに、アマサギなども見られるようになると思います。通勤の楽しみであります。
Img_1131_800x533  雨でしたし、帰宅後は、出欠チェックと、質問・感想のコメント書きをしていましたので、散歩には行っておりません。この質問・感想のコメントは、前回授業のときに書いてもらったものからピックアップして、毎回の授業の冒頭で解説します。面倒といえばそうなのですが、内容をよく理解してもらうのには役立っていると考えています。
Img_1141_800x527  明日は、午前中、地元自治体の特別支援教育推進協議会の会合があり、市役所へ出かける予定です。ついでに、7月に依頼されている通級指導教室担当の先生方を対象とした研修会の内容について打ち合わせをしてくるつもり。30日の日曜は、名古屋で相談会を行いますので、小生にとっては珍しく、用事が多くなっています(苦笑)。
 写真は、昨日撮ってきたものを載せています。冒頭の2枚は、長良川河口堰。1枚目は、堰の東側で、下流方向を望んでいます。汽水域で、海も近いので、潮の香りもしてきます。手前にある植え込みの向こうにコサギや、カモがよくいますし、このあたりの上空にコアジサシが飛来します。2枚目は、アユのぼりとカワウ。右側の橋は、伊勢大橋。対岸は、桑名市街。大きな建物は、国交省の木曽川河川下流工事事務所。3枚目は、長島の水辺のやすらぎパーク。牡丹園です。4枚目は、このやすらぎパークあたりの長島川。遊歩道になっています。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

江戸橋にて……電車待ちの時間に常夜燈を見に行く

 2回目の江戸橋通いでした。先週も今日も、何故か強風(笑)。薄くなってきた御髪が乱れます(爆)。学生たち、今日は39名でしたが、先週とは数名入れ替わりがありました。明日が、履修登録締切。人数としてはこれくらいでしょう。寝ている学生も、スマホをいじっている学生もありません(スマホは、先週、注意をしましたが……)。今日は、「カウンセリングとは何か」というお話。ちょっと抽象的なところも多かったのですが、熱心に聞いてくれました。滑り出しは上々とはいえませんが、まぁまぁかと自己満足しています。

Dscn8251_800x601 非常勤先には、ツバメの巣があります。全て見て回ったわけではありませんが、管理棟の軒先に2つ。去年は、ツバメが入っているのを見ましたが、今年はまだ。周りの住宅街では、けっこう飛び交っています。「何をしに行っているのか?」といわれそうですが、密かな楽しみなのです。
Dscn8261_800x578 電車の時刻の関係で、時間がありましたので、ちょっとだけ足を伸ばして、常夜燈を見てきました。去年、「江戸橋通いの予行演習」の時にも見てきたものです(2016.4.9、遠征先で、常夜灯と鳥見……夏羽のユリカモメ、オナガガモ)。ここは、江戸橋の西詰にあたりますが、伊勢街道(参宮街道)と、伊勢別街道の分岐点でした。常夜燈は、津市指定史跡となっています(昭和50(1975)年4月26日指定)。
Dscn8265_800x601 この常夜灯は、伊勢参宮名所図会の絵では、「江戸橋西詰の追分」のとこDscn8262_800x600 ろに描かれています。安永6(1777)年の銘があります。「春日型」という形だそうで、高さ5.4m、最下段の幅2.8m。基段最上段正面に伊勢信仰の象徴である「太一」を示す○が描かれています(2枚目の写真でも、右の写真でも分かります)。津市内に現存する最古のものだという説明が書かれていました。
Isebetsukaidou2_556x429 先週も使った地図ですが、赤丸のところにこの常夜燈があります。地図で、赤いラインが伊勢別街道、緑のラインは伊勢街道(地図にも説明があります)。ちなみに、「江戸橋」という地名は、江戸に向かう藩主の見送りもここまでという意味で名付けられたといいます。
Dscn8269_800x600 この常夜燈のところから見た伊勢別街道が、左の写真(北の方角)。伊Dscn8270_800x600 勢街道が右の写真(こちらは南)。
Dscn8263_592x800 常夜燈の脇には、この道標が建っています。明治22年に再建されたものだそうですが、「左 高田本山道」と大きく刻まれています。伊勢別街道を行くと、浄土真宗高田派の本山・専修寺に至るのです。ここから高田本山までは、ほぼ3㎞。十分歩いて行けます。その下には、小さい文字ですが、「東京占とをりぬけ」とあります。この写真で、道標の向こう側(裏側)が、伊勢街道になります。伊勢街道は、四日市にある「日永の追分」で東海道から分かれてきます。それ故、ここから伊勢街道を上り、東海道を経て、東京に至るということかと思います。

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

新学期第1回目は無事終了(たぶん)……伊勢別街道の話と、沿線の桜も

Dscn7793_800x600

 昨日書きましたように、今日は、小生にとっての「新学期」でした。昨年7月末以来、8ヶ月ぶりに近鉄で江戸橋まで。桑名からは、急行で40分ほど。待ち時間などを入れ、わが家からは片道1時間15分ほど。今日は、風は強かったものの、まあまあの天気で、往復は沿線の眺め、とくに桜を楽しめました。
Dscn7762_800x600 校内にも桜が咲いていて、新学期気分が盛り上がります。授業は10時半から12時。生活科学科の福祉・心理コースの科目(カウンセリング論)です。今日は、40名の学生が受講。履修登録の締切は来週ですから、まだ多少増減があるかも知れません。ここは、県内出身の学生が6割ほどだそうです。学生諸君も礼儀正しく、去年、授業を受講した学生だけでなく、見知らない学生の中にも挨拶してくれたり、すれ違うときに頭を下げてくれたりします。比較的小規模で、教員と学生の距離が近いのでしょうが、ちょっと感激します。
Dscn7773_800x600 今日は、オリエンテーションと、自己理解のために「社会的スキル」の尺度を実施。社会的スキルは、人間関係を円滑に進めるためのスキルを調べるもの。学生諸君にも好評でした。今日のところは無事に終えられたと思います。本格的な講義は、来週からです。
Isebetsukaidou1_800x551 この非常勤先の近くには、伊勢別街道が通っています。この街道は、左の地図の通り(みえの歴史街道のサイトからお借りしました)、関宿東追分から津市芸濃町椋本、津市一身田を通り、伊勢街道と合流する江戸橋までの約四里二六町の街道です。大和から伊賀を通って伊勢に至る主要ルートで、室町時代の将軍も通ったといいます。また、江戸時代には京都方面からの参宮客で賑わったという歴史のある街道です。
Isebetsukaidou2_556x429_2 江戸橋駅から非常勤先まで、たぶん200m足らずでしょうが、この伊勢別街道を歩きます。小生が歩くところは、今では生活道路となっていて、学生たちの他、クルマの通行量がとても多くなっています。わが家の近くの東海道や、美濃街道などにも興味がありますが、ここものんびり歩いてみたい道です。こちらに詳しいルートや説明があります(pdf)。
Dscn7804_800x552 ところで、始めの方に「桜を楽しんだ」と書きましたが、いくつか写真も撮Dscn7805_800x600 ってきました。とはいえ、走っている電車から、コンデジで撮りますので、なかなかうまくは行きません。これらの2枚は、四日市市内を流れる海蔵川の堤防の桜並木。ここの桜も見事です。富田にある四日市高校の南の十四川の桜もよいのですが、撮影に失敗。警報器を写してきました(苦笑)。
Dscn7810_800x583 桑名市内では、走井山の桜にトライしたのですが、ご覧のような結果。近鉄名古屋線の電車からは、ちょっと障害物が多すぎました。
 ということで、新学期第1回目は、無事に終了しました(たぶん)。7月末まであと14回、通います。授業はもちろんまじめにやりますが、通勤の電車から沿線の風景や、鳥を見るのもとても楽しみです。

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

実家からの帰り道、シカと接触……散歩では、アオサギにビビる

 午後から家内の実家へ行ってきたのですが、帰りにビックリするようなことに遭遇しました。20時過ぎに実家を出て、近くの県道を走行中、脇の畑からシカが飛び出てきたのです。よけるとともにブレーキをかけたのですが、クルマの左前方がシカに軽く接触! ビックリしました。幸い、クルマには傷はありませんでした。シカもそのまま逃げていきましたので、無事だろうと思います。

 里山といわれるような所ですから、サル、シカ、イノシシが出て来ます。このところ、実家の庭や畑にも、夜になるとシカが出てくるそうです。しかし、それにしてもまさかシカと接触するとは、考えてもみませんでした。もちろん、写真など撮る余裕はありません。

Img_7566_800x524  さて、午前中はいつものように散歩。8時40分出発。非常勤先の成績をつけ終えましたので、三崎見附のポストに立ち寄って投函(レターパックですので、諸戸氏庭園前にある丸ポストには入らないのです)。その後、住吉神社から九華公園、京町、寺町と回って、4.8㎞。汗だくです。写真は、揖斐川堤防から見た上流方向、多度山、伊勢大橋などが見えています。我が家からは6~700mくらいのあたり。

Img_7570_800x556  蟠龍櫓を過ぎて、三の丸水門のところで、揖斐川の方から「ギャァ!」というImg_7572_800x543 ような鳴き声が聞こえ、慌ててそちらを見たら、大きな鳥がぐんぐん近づいて来て、ちょっとビビりました(笑)。何と、アオサギが小生に向かって飛んでくるのです。アオサギさん、全長は1m弱ですが、翼長は1.6~2.0mにもなります。こんな大きな鳥が自分に向かって飛んでくると迫力があります。以前(2012年2月4日、アオサギは、さすがにでかい……迫力がありました)、九華公園の野球場の東で、すぐ目の前というか、頭上を飛んでいったことがありました。

Img_7578_627x800  三の丸水門の上流側に降り立ちました。何枚か写真を撮らせてくれましImg_7577_483x800 た。右は、55mで撮った写真。背後は揖斐川、そして、長良川河口堰が見えています。





Img_7590_800x533  九華公園、木陰はまだ涼しいのですが、日当たりは堪りません。9時過ぎに散歩している人は限られます。鳥も、ドバト、スズメ、ムクドリくらい。左のドバトさんは、堀の中の東屋で撮ったもの。すぐ近くに行っても平然としていました。ひょっとした暑くて動くのがいやだったのかも(苦笑)。

Img_7606_800x579  本丸跡では、珍しくヒヨドリを見かけました。寿命の尽きたクマゼミを餌にImg_7594_800x572 しようとしています。カルガモさん、今日は、1羽しか確認できませんでした。奥平屋敷跡から二の丸跡へ渡る橋の下で、ミドリガメたちと並んでいたのです。カメも、甲羅干しスロープにあまりいなかったのですが、こんな日陰で甲羅干しをしていたのです。

Img_7586_800x534  どこもそうだと思いますが、九華公園もセミが賑やかなこと。しかし、聞こImg_7618_800x534 えてくる鳴き声のほとんどは、クマゼミのもの。アブラゼミも結構見かけるのですが、あの「ジージー」と油が煮えたぎるような鳴き声はほとんど聞こえません。去年まで、ニイニイゼミもたまに見かけたのですが、今年はまだ確認できていません。

Img_7620_800x549  京町まで来て、京町公園で一休みしていたら、サギが寺町上空を東に向かって飛んでいきました。足が黒く、嘴の先だけが黒いので、チュウサギと思います。

 ところで、上にも少し書きましたが、非常勤先の講義は、本日、成績評価表を送付して来ました。成績評価にミスがなければ、これで無事終了と相成るはずです。成績については、昨日も書きましたが、結局、あの原則を守ると厳しい(受講した学生諸君にとって、です)ので、柔軟に対応することにしました(苦笑)。

| | コメント (2)

2016年8月 2日 (火)

九華公園、春日神社へ……午後からは試験の採点を確認し、成績をつけました(微笑)

Dscn7038_800x600 ここ数日、午前中は好天、午後からは大気が不安定なり、曇ってきたり、にわか雨が降ったりしています。今日夕方は、名古屋から知多半島の付け根あたりに真っ黒な雲がかかっています。写真は、住吉神社から揖斐川上流方面を撮ったもの。

Img_7505_800x534_2  住吉神社の前で、鳥好きのSさんに遭遇。そのときちょうど、アオサギが1羽、揖斐川から諸戸氏庭園の方へ飛んでいきました。昨日夕方、諸戸氏庭園に1羽いましたが、同じアオサギでしょうか。

Img_7529_800x583  九華公園では、カルガモの姿を久しぶりに見ました。堀を元気よく泳いでいImg_7522_800x544 ます。この他は、カワウが2~3羽に、ドバト、ムクドリ、スズメくらい。カワラヒワはこの頃見かけなくなっています。

Dscn7047_600x800  その後、石取祭も近くなりましたので、久しぶりに春日神社(桑名宗社)へ。春日神社のDscn7049_800x600 楼門の所では、祭に用いる「桟敷(というのでしょうか、正式名称は分かりません)」の準備が始まっていました。石取祭のクライマックスである「渡祭」は、この楼門前で行われます。

Dscn7053_800x600  境内は静かでした。掲示物は、石取祭に関わるものがたくさんありましたDscn7050_800x600 が、それ以外にはまだお祭りの雰囲気はありません。



16ishidorimap_800x574  春日神社に今年の石取祭のパンフレットがありましたので、1部、いただ16ishidori3_800x323 いてきました。A4サイズ見開きのものを取り込んで、縮小していますので、見にくいかと思いますが、イメージとして m(_ _)m。春日神社は、中央ややした(九華公園などの上)。今年、本楽の時は(8月7日)、祭車は、画像の左の方、紫色で描かれたルートに整列します。桑名駅は、中央上部。詳細は、石取祭の公式サイトをご覧ください。

Img_7513_800x534  今日の散歩は、8時半から2時間弱。散歩友達の方と話をしていた時間がけっこうありました。住吉神社から九華公園、京町、寺町と4.9㎞。Sさん、御年80歳の方が、長い距離を歩いていらっしゃると思います(苦笑)。

Dscn7029_800x600  午後からは、試験の採点の確認を行い、成績をつけていました。筆記試験は、80点満点で行いましたが、平均得点は約48点、得点率を求めると、60%くらい。ちょっと低い気がします。その評価は難しいところですが、相対的にいえば、問題がやや難しかったということでしょう。○×式は80%くらいの得点率がありました。用語説明は、40%あまり。記述式の3問は、問題によりましたが、30、60、70%。30%の問題は、結果的に難しかったと考えざるを得ません。

Img_7563_800x534  問題は、成績評価。その昔、成績評価が甘いのは、「老人、外人、非常勤」ということばがありました。つまり、高齢の教員、外国人教師、非常勤講師の担当科目は、「楽勝」だということです(笑)。ここだけの話、当初、「出席状況は成績評価に反映しない」としていたのですが、この原則を守ると厳しい状況でした。あとは、ご想像にお任せします(苦笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧