大学

2018年9月20日 (木)

中日新聞の記事「疲弊する大学教員」から思い出しました……

 退職してまもなく丸7年を迎えます。ウロウロしているうちに時が過ぎた、という感じです。平成23(2011)年10月末に退職したのですが、体調不良が治らいまま休職期間が満了してしまい、復職するか、退職するかの二者択一を迫られました。が、復職できるほどの体調ではありませんでしたので、退職せざるを得ないというのが当時の心境でした。その後は、一応、桑名発達臨床研究室という心理アセスメントのコンサルティングなどに特化した私設相談室の看板を掲げつつ、初老のオヤジの趣味生活を送っています。

 最近の中日新聞に「疲弊する大学教員」という特集記事が2回にわたって掲載されました。9月2日(日)の朝刊にその上として「現状 教育も運営も、過剰な負担」が、9月16日(日)朝刊に下として「原因と対策 学生確保で業務雪だるま」がそれぞれ載っています。
 大学業界も、いわゆる「大綱化」や、「法人化」以降、大変な状況に陥っています。個人的な見解ではありますが、これらは教員を疲れ果てるまで使い倒す変革だと思っています。「働き方改革」も同様という気がしてなりません。あれも「働かせ方改悪」だという気がします。
 今さらどうこう言うつもりもありませんし、言うこともありませんが、小生自身もずいぶん疲弊していたよなぁと思い出します。平成17年1月のセンター試験の日に倒れ、起き上がれなくなりました。その後は、療養しながら、リハビリ出勤したり、復職を試みたりしていましたが、はじめに書きましたように、退職せざるを得ない始末になりました。
 今時は、どこの業界も大変ですから小生に限った話ではありませんが、あの頃は本当に働きづめでした。転職当時(平成4年)は短大でしたが、その後、平成11(1999)年に学部になり、平成15(2003)年には大学院が発足しました。朝9時過ぎに出勤し、夜9時近くまで働くとか、土日も持ち帰り仕事に忙殺されるか、疲れ果てて寝ているという風でした。自宅から仕事に通うというよりも、勤務先から自宅に寝に通っているという感じでした。
 今から思えば、きわめて異常な生活でしたが、あの頃は、どういうわけかそれが普通でしたし、そうしないと仕事が回っていきませんでした。記事にもありますが、求められるまま働いていたのです。それは普通の暮らしではありませんでしたが、健康を害するのには十分以上でした。
 最近は、半分くらい隠居というか、世間から距離を置いた生活をしていますが、今の世の中、どう見ても尋常ではない気がしています。60歳になる少し前に体調不良の本当の原因が分かり、今は服薬によって、たぶん普通の暮らしを送っています。しかし、40代半ば(学部設置準備の頃)から10年ほどは体調が優れない期間を送っていましたから、今でも、これが人並みの体調なのかよく分からなくなるときがありますし、自分は何をしているんだろう? と思うこともよくあります。しかしまぁ、何がよくて、何が悪いかよく分かりません。少なくとも、嫌なことや、自分がやる意味がないと思うことはこの先もやらないで済ませようと思っています。と書いて思ったのですが、要するに好きなことしかやらないという宣言ですねぇ(笑)。
 という与太話というか、ヘンな昔話、これで最後にします。小生のような状況になった方は、他にもたくさんいらっしゃることでしょう。それもあって、威張るようなことではないと自覚しています。まさかこんなことに興味を持つ方はいらっしゃらないとは思いますが、万一そういう奇特な方がいらしたら、「猫の欠伸研究室(アーカイブ)」に昔書いたことをそのまま採録してあります。別にお勧めしている訳ではありません(念のため)。
 以上、つまらない思い出話ですので、ご放念ください。もともとが、「つまる」話を書いているわけではありませんが……。

| | コメント (4)

2018年8月 3日 (金)

最高気温記録を更新する中、今年度最終の江戸橋方面での授業

Dscn7372c

 名古屋で史上最高を更新する40.3℃、桑名でも同様に、39.8℃という猛暑の中、江戸橋方面の最終回の授業に行ってきました。これまでとは違い、2コマ目からです。1コマ目ですと8時50分開始ですから、7時半頃の電車に乗りますが、2コマ目は10時半スタートですから9時前後でOK。この差はかなり大きい(苦笑)。ただし、今日は、2コマ目から3コマ連続という、最近の小生にしてはハード(笑)。
Dscn7368c 2コマ目は授業、3コマ目は試験に向けての解説、4コマ目に筆記試験。出欠をチェックしていて面白いことに気づきました。1年生は、3コマすべてに出席していたのに対して、2年生の中には、4コマ目の試験にだけ来たり、2コマ目or3コマ目を欠席していたりする学生が散見されたのです。どこかで勉強していたか、3コマとも出席して疲れるのを避けたのか? 2年目の智慧なのかと思います。当方としては、3コマ目を聞いた方が、筆記試験にプラスになると考えてこのようにしたのですがねぇ……。まぁ、最終的に重要なのは、試験受験資格を喪失しないよう欠席回数は1/3までに抑えることと、合格点をとるということです。採点は明日以降。
Dscn7380c 本日で、今年度の江戸橋方面での講義は終了。4月11日にスタートし、本日まで合計17日。授業回数は試験も含め、2科目で29回。いつもであれば、7月中に終了するところが、8月、夏休み期間に補講4コマ。雨が多かったり、梅雨が明けてからは猛暑続きで大変でした。採点、成績評価は今月中旬が閉めきりですが、来週初めまでには済ませようと思っています。
 ここまでの写真、最初のものはキャンパス風景、2枚目は創立50周年記念碑(昭和27(1952)年に設置されています。この碑は平成14(2002)年に建立)、3枚目は近鉄江戸橋駅。
Dscn7367c ところで、こちらの写真は鈴鹿市内の近鉄名古屋線沿線。大学の看板の中央上にアオサギが止まっていました。沿線でアオサギ、コサギ、ダイサギなどをよく見るようになりました。早く涼しくなって、バードウォッチングや、近鉄ハイキング、JRさわやかウォーキングが楽しめるようになってもらいたいもの。明日というか、今日の24時からいよいよ石取祭。明日の試楽は見て、写真を撮ろうかと思っています。

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

39.6℃だそうです……過去最高か?【最高気温とWi-Fiルーターについて付記しました(8/2)】

Img_8986c

 午後からベランダに出ると、何と形容してよいのかよく分かりませんが、熱風というか、熱波というか、暑さが押し寄せてくるような感じがしています。先ほど見たら、今日の桑名の最高気温は39.6℃となっていました(14時54分)。現在16時前後ですが、38.2℃となっています。
Img_8997c 朝は恒例によって散歩。ただし、7時40分出発、10時帰宅。住吉神社、九華Img_0545c 公園、貝塚公園、吉津屋町、寺町と5.3㎞。散歩する人はかなり少数。揖斐長良川の中洲、肉眼ではよく分からなかったものの、アオサギが1羽いました(右の写真、赤い○の中)。例年ですと、8月に入ると少しずつサギたちが戻ってくる頃ですが、この暑さではねぇ……。
Img_0550c 蟠龍櫓近くの草地には今日もツバメがエサ取り。ただし、一昨日よりも少Img_8977c 数。飛び姿に挑戦してみたものの、なかなか難しい。うまくできるようになる前にツバメがいなくなりそう。柿安コミュニティパーク近くの堀には、ハクセキレイ。このあたりにはよくいます。
Img_0567c 九華公園、奥平屋敷跡のステージの裏、ここにもハクセキレイ。よくここにいImg_0597c る幼鳥のようです。もう独り立ちしたということでしょうか。毎度お馴染み、セミだけは元気です。日の出の頃(5時前)から鳴き始めています。
Img_0583c 萩の花、奥平屋敷跡と、鎮国守国神社の九華招魂社の脇に1本ずつありImg_0590c ます。どちらも咲いてきていますが、まだわずか。左の写真は、招魂社のところ。右は、近くにいたツバメシジミ。9-19mm。翅の表を見るとオス・メスが区別できます。
Img_9009c 吉津屋町へ回ったのは、知人Oさん作の石取祭の飾りを見るため。吉津屋通りにある、あるお店の前に並んでいます。今年の石取り祭に参加する町内の祭車がランタンになっています。あまり宣伝するなといわれていますので、ナイショで(笑)。
Img_0627c 桑名別院にお参りして帰ってきました。帰ってからは、明日の江戸橋方面の授業準備。3コマありますが、1コマは普通に授業。午後からの2コマ目は試験の説明、最後に筆記試験。試験説明のプレゼンを用意していました。○×式はそれなりにできるのですが、用語説明、記述式が苦手なので、その傾向と対策を特別に伝授(ちょっと親切すぎるかも知れません)。
Img_8990c 「暑さに喝!」と行きたいところですが、これだけ暑いとカツを入れただけでは対応困難。明日も思いやられます。上述のように3コマではあるものの、こちらはさほど負担ではないでしょう。学生諸君の健闘を期待して出かけることにします。
【桑名の最高気温記録について(8/2)】
 今日の最高気温39.6℃を過去最高か?と書きましたが、この7月23日に39.7℃を記録していました。気象庁のサイトを見る限り(こちら)、この39.7℃が最高記録のようです。
【Wi-Fiルーターについて(8/2)】
 HDレコーダは、今朝になってスイッチを入れて確認したら、無事Wi-Fiにつながっていました。昨日は、設定確認をするたびにエラーが出ていたのに(苦笑)。よく分かりません。結果オーライなのですが、どういう状況だったのか分かっていた方が後々のためになるのですがねぇ。

| | コメント (4)

2018年8月 1日 (水)

「夏休みなのに補講はやっぱりダルい」そうです(苦笑)

Dscn7343c

 今日も全国的に猛暑だったようですが、桑名は34.2℃。もうこれくらいの気温では驚かなくなってしまっています。8月に入りましたが、今日は江戸橋方面の補講1日目。学生の出席票のコメント欄に「夏休みなのに補講はやっぱりダルい」とありましたが、そのせいか、出席者は最低記録を更新(苦笑)。出席率は何と60%! 小生の立場では、いくらダルくても、補講だとはいっても授業ですから出て欲しいところ。今日は1コマ目(8時50分~10時20分)のみ。
Dscn7352c 早く終わるのはありがたいのですが、5月下旬から2コマの授業をこなしてきましたので、いささか調子が狂うというか、勝手が違うというか(笑)。日常、習慣というのは恐ろしいもの。10時40分の電車にはタッチの差で乗れず、11時2分の急行に乗って昼頃帰宅。昼食後、出欠チェック並びにQ&A作成。1コマだけで、出席者も少ないとさすがに作業は早く終わりました。次は、明後日。2コマ目(10時半~)から昼食を挟んで4コマ目まで4コマ目は試験ですから、15時半過ぎには終了見込み。
Dscn7359c 午後、Q&Aを書いている途中でNTTの修理担当の方が来てくださり、Wi-Fiルーターの本体を交換。無線LANカードは壊れていませんでしたので、そのまま使用。作業は、わずか15分ほど。ただし、本体が変わりましたから、パソコン、プリンタ、タブレット、テレビ、HDレコーダなど全部、Wi-Fiの設定をやり直す必要があります。パソコンとタブレット、テレビはスムーズに済んだのですが、HDレコーダは何度やり直してもエラー。プリンタもやり直ししてもエラーが出ていたのですが、何度か電源を入れ直したら、つながっていました。よく訳が分かりませんが、結果オーライ(笑)。HDレコーダはまた改めてやり直すつもり。故障などなければ、便利になっていますが、いったんトラブルに見舞われると、回復するのに手間暇がかかり、面倒です。今はまだよいのですが、もっとジジイになったらどうなるのでしょう? ネット関係だけでなく、もろもろ、ちょっと気になるところ。

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

今度は台風か?!

0725tenkizu

 今朝の天気予報を見てビックリ。いきなり台風12号が現れ(午前3時に発生したようです)、週末に日本列0725xband 島に接近するとか。台風は嫌ですが、この暑さ、雨が降って収めてくれた方がよいという気がします。ただ、28日の土曜日は、桑名水郷花火大会が予定されていて、ちょっと複雑。台風のせいか、天候も不安定になって来たようで、18時半頃、岐阜や静岡では、局地的な雨になっているようです。
Dscn7247c さて、今日は、今年度15回目の江戸橋方面での授業。1コマ目のピンチヒッター科目は講義、2コマ目のレギュラー科目は筆記試験でした。試験も、ほぼ無事に終了(「ほぼ」というのは、微妙な表現ではありますが、詳細はここには書けません。小生がミスったトラブルではなく、十分対処可能ですから、ご心配なく)。終わって帰るとき、グラウンドでは男子学生数名が野球の練習。この暑さなのに、元気です(笑)。桑名では、最高気温は、35.6℃でした。来週は、ピンチヒッター科目の補講3回と筆記試験1回。
 午後からは、昼食の後、恒例の昼寝もせずに、出欠チェック、1コマ目の科目のQ&A書きをしていました。2コマ目の試験は、ざっと眺めただけで、まだ何ともいえません。明日は、また市役所での会議がありますから、採点は明後日(7/27)のお仕事になりそうです。

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

江戸橋行きも終盤……今日から石取祭囃子の練習が始まる

Dscn7189c

 水曜日、梅雨明けしてから最初の非常勤。好天に恵まれたといいますか、何といいますか。というのも、非常勤先のある江戸橋方面は、津市。津市の今日の最高気温は、34.3℃。教室はよく冷えていたのですが、廊下に出ると蒸し暑い! 江戸橋駅からの往復も汗を掻きます。まぁ、雨が降っても、暑くても文句を垂れるのですから、我ながら困ったもの(苦笑)。
Dscn7194c 江戸橋通い、今日で13回目。メイン科目の「カウンセリング論」は主要な内容は今日で終了。来週はまとめ、再来週は試験となりました。講義、DVDでデモンストレーション、演習、講義、DVDで再度デモンストレーションというやり方でそれなりに効果は上がったと思えます。これは、学生諸君の出席票のコメントで確認。ピンチヒッター科目の「人間関係論」は、8回目。残り6回。補講期間に3回講義と、筆記試験。学生諸君にはちょっと負担が大きいと思いますが、今回はピンチヒッターが故にやむを得ないところもあります。
 冒頭の写真は、校舎から西の空。2枚目は、講義を終わって江戸橋駅に向かう途中のもの。それにしても暑い!
 そして、今日から石取祭の練習が始まりました。例年であれば、梅雨の末期なのですが、今年はすでに梅雨明け。いよいよ桑名の夏という感じ。7月16日(月曜日・祝日) に石取祭囃子優勝大会が、NTNシティホールであります。

| | コメント (2)

2018年6月27日 (水)

梅雨空はどこへ?

Dscn7131c

 天気予報では終日曇りで、折りたたみ傘を持っていくようにと行っていたのに、仕事が終わって帰るときには、ご覧のような真夏の空。天気がよいのはありがたいものの、蒸し暑いこと。駅までの約10分で汗だく(笑)。天気が悪ければ悪いで、天気がよくても蒸し暑いと、文句ばかり。勝手なものだと改めて実感。
Dscn7136c 江戸橋方面のお仕事も、今日で11回目。レギュラーの方はあと4回(試験1回を含め)。ピンチヒッター科目は、残り8コマ。レギュラーシーズン終了後、補講期間に4コマ(試験を含む)を実施する予定(1日2コマで申請中)。ということで、今年度はあと6日通うことになる見込み。教室は、お陰様で今日からエアコンが入っていて、先週までに比べ、授業をするのがずいぶん楽になりました。疲れ方がまったく違い、「ドッと疲労困憊」という感じがなくなりました。来週は、試験問題をつくって印刷などを事務室にお願いしなければなりませんので、気を抜かず準備をせねば……。
Dscn7148c 先週、近鉄の塩浜駅と北楠駅の間、鈴鹿川の南で気づいた田んぼアート、しっかり見てきました。写真を撮るまでは何がモチーフになっているのかよく分からなかったのですが、四日市市のマスコットキャラクターである「こにゅうどうくん」でした。向かって右には、「四日市」という文字も見えます。たぶん電車の乗客にアピールしているのだと思います。回りには、田んぼアートを見られるような高いところは見当たりませんでしたので。
Dscn7144c 通勤電車の中、行きは授業資料を一通り確認し、帰りは出席票のコメントを眺めてきます。それが終わると、沿線風景を見ています。この写真は、鈴鹿にある長太の大楠。4年前の10月に見に行ったことがあります(長太の大楠……本日は、道草写真にて)。その他、先週も書きましたが、今の時期、田んぼなどにサギがいるのを探すのも楽しみ。今日もあちこちの水田にいましたし、長太ノ浦と箕田の間では、小規模なコロニーも見つけました。コンデジでは写真は撮れませんが、まさか通勤に一眼デジカメは持って行けません(微笑)。
Dscn7154c 週間予報を見ますと、しばらく傘マークは見当たりません。代わって毎日30℃くらいの予想気温。体がなれていないので、大変。授業準備、試験問題作成、歴史講座の予習に九華公園の新しいパネル作成と、課題山積(笑)。ボチボチとやりましょう。

| | コメント (2)

2018年6月25日 (月)

峰崎部屋のお相撲さんたちは、土俵の神事……朝稽古は明日からか?

Img_7036c

 今日は32.3℃にもなったようです。冒頭の写真は、九華公園・吉之丸堀にある浮御堂ですが、真夏のような景色です。暑くなるというので、いつもより若干は約、8時10分スタートで散歩。住吉神社、九華公園、春日神社、京町、寺町、田町と6.4㎞。11時帰宅。
Img_6999c 今日は、九華公園相撲場で峰崎部屋の朝稽古が始まるかと思って期待しImg_7012c たのですが、焦りすぎました(苦笑)。親方、荒鷲関以下、皆さん揃って、土俵を清める神事が執り行われていました。これを済ませないと、稽古ができないようです。
Img_6791c 鎮国守国神社の宮司さんも参列しておられましたが、こういう神事は、行司Img_6800c さんが執り行うようです。祝詞を上げ、御幣でお祓いをし、土俵やその周囲にお酒を振りまいていきます。土俵内や、周囲には塩が3ヶ所ずつもられていて、そこを清酒で清めていきます。
Img_7020c 左の写真で、ジャージ姿が峰崎親方。その左、羽織袴で正装しておられるのが鎮国守国Img_6793c 神社の宮司さん。右端の浴衣姿が、荒鷲関。もう何年も朝稽古を見ていますので、自然に荒鷲関他、峰崎部屋のお相撲さんたちの活躍が気になるようになっています。
Img_6785c さて、この時期は毎年のことではありますが、散歩コースでは鳥はほとんどImg_6789c いません(スズメ、カラス、ムクドリ、ドバトは除いて)。今日も、三の丸水門でヒバリ、柿安コミュニティパークでハクセキレイを見たくらい。今日は朝から暑かったせいか、散歩する人も多くはありませんでした。いよいよ「修行」というか、「難行苦行」の季節を迎えます。
Img_7030c 九華公園の管理事務所南エリア。ここには、アジサイ、アガパンサスなどがありますが今日は、黄色いユリが咲いてきていました(名前は不詳)。黄色は幸せの色とか言いますから、ラッキーかも(微笑)。
Img_6806c 同じく九華公園では、カワラヒワとシジュウカラ。こんなに暑くなってもシImg_6809c ジュウカラがいるのは、珍しい。先日は、貝塚公園でも見ました。鳥が少ない時期ですので、ちょっと離れていても、鳴き声が聞こえると探しに行ってしまいます。
Img_6840c 恒例のツバメの巣チェック。まずは、京町の呉服屋さん。3ヶ所あるうち、Img_6844c 奥にある巣に親が就いています。抱卵中であることを期待しています。右は、南寺町にある巣。先日(6月22日:ツバメで楽しんできました(微笑)……「歩き回って、鳥の写真を撮っているのはエラい」と誉めていただいた話も(爆))、雛が孵っていたと書いたところ。しかし、今日はヒナは1羽しか見えず、このヒナ、まだ目があいていません。他にヒナは見えず、しばらくいても親がやってこないのです。ちょっと気になります。
Img_6850c こちらは、田町にある商店の巣。よく分からないまま今日まで来ましたImg_6855c が、ヒナが3羽ほどいるように見えます。ここは親がいたりいなかったりでずいぶん気を揉みました。巣も他のところに比べると、深いので様子がよく分からなかったということもあります。もう1ヶ所は、この近くのパン屋さんの向かい。親が巣にいますが、近寄るとすぐに飛び出てきます。しかし、すぐに戻ってきますので、卵があると思えます。
Img_7039c ところで、鎮国守国神社の境内社である稲荷社の参道で、こちらの方を見つけました。ミドリガメさんも、お稲荷さんにお参りのようです(爆)。カメにしては信心深いのか、よほど願いたいことがあるのか? それにしてもカメにまで御神徳が知られているということは、九華稲荷社はよほど御利益があるのでしょう。これからは、もっとマジメに拝んでこないといけません。
Img_6839c 午後からはずっと、江戸橋方面の授業準備に勤しんでおりました。今年度は、ピンチヒッターで1科目増えましたので、その準備に勤しんでおりました。授業の準備は、残り2回分。それと7月初めまでに試験問題を作成しなければなりません。今週は、もう1科目のレポートも提出。いやぁ、余りのんびりとはしていられません。

| | コメント (2)

2018年6月20日 (水)

授業点描と通勤電車の楽しみ……オマケはジンクスの検証(笑)

0620rain ほぼ終日、雨です。画像は、桑名のアメダス。8時台まで10mm前後の雨が降っていました。時々、時間雨量にすると、数10mmに相当する強い雨です。今日は、江戸橋(津市)への出講日。津あたりも同様の感じで、非常勤先に行く時間帯に本降りでした。

Dscn7117c_2 昨日も書きましたように、今年度10回目。一方は、「傾聴演習」でした。「這ってでも出て来なさいとはいいませんが、雨にめげて休まないように」と先週いっておいたものの、「休む学生は休む」という結果でした。レポートを書いてもらい、成績評価の時に20点でカウントしますので、休んだ学生たちは成績評価が100点満点ではなく、筆記試験の80点のみで、60点を取らねばなりません。これについてはすでに2~3回説明しましたので、「承知の上」とみなします。演習は、初めのうちは学生たちも緊張した感じでしたが、いざ始まると、何やら楽しげな笑い声も聞こえて来ました。
Dscn7118c もう1科目のピンチヒッター分は、人間関係についての授業。今日は、青年期の人間関係と悩みというテーマ。学生たちには、身近なテーマで、あれこれ思い当たることも多く、また、知識を得たことで自分だけが悩んでいるわけではないことが分かり、気が楽になったというコメントも目立ちました。知ることで気持ちや悩みが楽になるということは確かにあります。広い意味では、「心理教育」といえるかも知れません。2、3枚目の写真は、授業から帰るときのキャンパスの景色。雨に濡れています。
Dscn7119c こちらは、近鉄名古屋線・江戸橋駅。三重大学、三重短期大学の最寄り駅で学生さんの利用が多い駅。小生も基本的にはここから徒歩(出勤時、雨が余りにもひどいとめげて、津駅からタクシーという奥の手を使いますが……)。帰りに電車を待っているとき、ホーム近くにスズメや、セキレイ、ツバメがやって来て退屈しません(今日もセキレイの写真を撮りましたが、ピンぼけばかりでした)。
Dscn7125c 帰りの電車から撮った2枚。沿線の水田には、この季節、サギがところどDscn7130c ころでエサ探しをしています。左の写真では(桑名市東金井あたり)、左の方に白いサギ(大きさから見てダイサギかと思います)、右の方にはアオサギが1羽ずつ写っています。右の写真にはアオサギが1羽(桑名市安永あたり)。この右の写真のアオサギさん、朝、出勤するときも同じあたりにいた気がします。このほか、朝出勤の時、四日市市楠町(鈴鹿川の右岸)で、田んぼアートがしてあったので、帰りに写真を撮ろうと思ったのものの、すっかり失念(微笑)。来週の課題。通勤の際には、このようなささやかな楽しみがあります。
1804weatherc_2  オマケというか、遊び(微笑)。「水曜日になると雨」というジンクスという1805weatherc か、僻みというかの検証データ。津市の過去の天気を「tenki.jp」で調べました。今年4月から6月のデータであります。非常勤に出かけた日を赤枠で囲いました.講義開始は4月11日。5月2日は、月曜の授業を開講するということで、小生の分は休講。
1806weatherc 10回分を見てみますと、完全に晴れたのは、6/13のみ。傘マークがあるのは何と8日(「のち曇」「のち晴れ」を含みます)。これで確かめられました。個人的な僻みではありません。データによって裏付けられました。水曜日は天気が悪いのです(苦笑)。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

好天に恵まれる中、江戸橋も9回目……ツバメが巣に就いていました

Dscn7065c

 梅雨の間とは思えない好天に恵まれました。最高気温は28℃、西寄りの風がかなり強く吹いていますが、かえって気持ちが良いくらい。江戸橋へ行く日は雨と嘆いてばかりいましたが、今日で吹き飛んだ気分。授業は、校舎4階の教室で行っていますが、廊下などからは遠くまでよく見えていました。青山高原にある風力発電用の大型風車までよく見えます。
Dscn7067c  授業の方は、1科目はいつも通り講義、もう1科目はDVD視聴。講義の方も、青年期や職業選択の話で学生の皆さんには身近な話題で、関心も高かったようです。DVD視聴は、今まで講義で説明してきたことを、実際に見て確認。これも、学生たちには印象が深かったようです。以上、自画自賛であります。DVDを使った方のクラス、来週は演習で、これまで学んだことを実際に体験してもらうという仕組み。
Dscn7063c ところで、この非常勤先の講師控え室の向かいには、ツバメの巣が2つあります。今年は、先週まではツバメはいなかったのですが、今日はその一方で親が巣に就いていました。これは楽しみ。「頑張れよ」と声をかけたくなるくらい(微笑)。
Dscn7077c 帰りの近鉄電車から撮った写真、2枚。田んぼは青々としてきて、これもまた気持ちの良い景色です。鈴鹿あたりの水田では、サギの姿をあちこちにみますが、コンデジしか持って行きませんので、その写真を撮るのはけっこう難しいものがあります。この写真は、桑名市東金井あたり。近鉄の名古屋行き電車が、町屋川(員弁川)の鉄橋を渡る直前。西側の景色。向かって左の方には、藤原岳など、鈴鹿山脈の山が少し見えています。
Dscn7079c こちらは、町屋川(員弁川)の鉄橋から、上流方向を撮ったもの。川の向こう側には、国道258号線が通っています。地名でいうと、安永、矢田、明正から西別所のあたり。町屋川は、バードウォッチングスポットでもあります。この少し上流でキジを見たこともありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧