季節

2017年6月 8日 (木)

コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気

Img_8497_800x566

 コチドリですが、ちょっとヘンです(笑)。やたらふっくらしていますし、足をよImg_8513_800x638 くご覧いただくと、6本も見えています。さて、一体どうなっているのでしょう? ヒントというか、答えというか、右の写真を見てください。そうなのです、ヒナが親コチドリのお腹の下に隠れているのです。
Img_8518_800x590 コチドリのヒナは、2羽とも元気でした。親鳥は常にヒナと、周りの様子を見Img_8519_800x572 ており、危険が迫るとヒナを呼び寄せます。これらの2枚は、1羽のヒナが親鳥に呼ばれて、親のところへやって来たところです。
Img_8523_800x602 そして、ご覧のように、親鳥のお腹の下に潜り込んでいくという次第です。すImg_8535_800x585 でに向かって左には、もう1羽のヒナが潜っています。しかし、頭隠して尻隠さずという状態で、ちょっと笑えます。
 動画も撮ってきました。ちょっと揺れますが、ご容赦ください m(_ _)m 後半、13秒あたりからをよくご覧ください。
 
 もう1つの動画。似たようなシーンで恐縮です。

Img_8559_800x588

 こちら、コチドリのヒナ。目の周りに細いながらもアイリングがあるようです。それに、ずいぶん足が長い感じです。場所を書いていませんでしたが、例の臨時駐車場であります。午前中、10時半くらいに出かけ、30分あまり見て回ってきたのです。
Img_8576_800x604 臨時駐車場といえば、こちら、ケリのヒナも2羽が元気でした。駐車場のImg_8636_800x553 端っこで、親ケリにしっかりと守られています。草むらのあたりにいて、なかなか姿を見せてくれませんでした。ちょっと粘って、ようやく撮れました。
Img_8581_800x593 こちらは、親のケリ。厳しい警戒で、かなり威嚇してきます。ちょっとビビりImg_8654_800x533 ます(苦笑)。右の写真のように、常にヒナの側にいて気を配っているのです。
Img_8465_800x533 ここには、コアジサシもいるのですが、今日はどういうわけか、4羽ほどしImg_8611_800x533 か姿が見えませんでした。4羽とも、巣に就いています。ただし、近寄ると、巣から離れることもあります。
Img_8480_800x533 コアジサシが少なかったのは、雨が降って、水たまりができていたためかImg_8468_800x580 も知れません。巣に就いていたと思われるコアジサシは、水たまりをうまく避けているように見えました。しかし、それにしても、この間まで巣に就いていたと思われる場所からコアジサシがいなくなっていますし、ヒナの姿はありません。いろいろ分からないことがあります。
Img_8669_800x548 帰りに大島水門にも回って、居残りキンクロさんが元気に過ごしているのを確認。今日は、奥の方で、お休み中でした。
Dscn0045_800x600 午後からは、予報通り、晴れ間が出てきました。午前中は、クルマで出かけましたので、例によって「歩き足りません」でした。九華公園まで行ってきました。14時半から16時15分、3.9㎞。左の写真は、住吉神社の前から見た、揖斐川の下流方向。旅館山月や、蟠龍櫓が小さく見えています。
Img_8682_800x583 往きに田町の商店のツバメの巣をチェック。ヒナはずいぶん大きくなってきましたので、巣立ちも近いでしょう。4羽とも元気でした。
Dscn0038_800x600 花菖蒲は、そろそろピークか、ピークをやや過ぎつつあるという印象でした。見に来られる方や、写真を撮りに来られた方もチラホラ。花菖蒲として鑑賞するのであれば、この、奥平屋敷跡の北側にあるところが良いかも知れません。
Img_8699_800x533 梅雨に入ったと言うこともあって、アジサイも撮ろうと、九華公園の外周遊Img_8722_800x533 歩道を歩いてきました。もう少し早い時間に来たら、雨に濡れたアジサイが撮れたかも知れません。それはまた次の機会に。

| | コメント (4)

2017年3月30日 (木)

九華公園も、諸戸氏庭園前もソメイヨシノ開花……灯街道・桑名宿のイベントにアオジ、エナガなど

Img_5353_800x533

 九華公園のソメイヨシノ、今朝の中日新聞の「桜だより」でも、「咲き始め」にImg_5358_641x800 なっていました。暖かいので、昨日よりもかなり咲いてきていました。これらの写真は、昨日と同じく、本丸跡のブランコ脇のところで撮ったものですが(ここが九華公園でもっとも早くから咲くのです)、今日は公園内のあちこちでチラホラ咲いていました。
Img_5595_800x556 こちらは、諸戸氏庭園前の「マイ・ソメイヨシノ(勝手に決めています)」。出がけには1輪しか開いていなかったのですが、一回りしてきたら、20輪ほどが花開いていました。楽しみです。ここの桜は、わが家の玄関先からもよく見えるのです。
Dscn6725_800x593 今日から4月2日までは、いよいよ「灯街道・桑名宿」の灯りのイベント。七里Dscn6732_800x600 の渡し跡から蟠龍櫓のところには、鋳物灯籠が並べられていました(鋳物は、桑名の地場産業の1つ)。18時~21時に灯が入るそうです。聞くところによれば、17時からは、吉之丸コミュニティパーク(右の写真)で、市長ご出席のもと、点灯式が催されるとか。こちらにイベントマップ、アクセスマップがあります。小生は、見に行こうかどうか、思案中です。
Dscn6721_800x600 こちらが鋳物灯籠。鋳物製ですので、しっかりしていて重たかったです(内Dscn6720_800x600 緒で触ってみました……笑)。玄関先にあると良い感じがするでしょう。波に蛤の意匠になっています。
Dscn6737_800x600 左は、吉之丸コミュニティパーク入り口の、本多忠勝像のところ。ゲートが設Dscn6735_600x800 置されていますし、その廻りには竹灯籠も置かれています。この竹灯籠は、市内播磨地区から竹を切り出し、3本1組を1,000組つくったのだそうです。1月から作業が行われていたと聞きました。右は、協賛企業の1つ、NTNの企業ブース。風力と太陽光の2つの自然エネルギーで、夜はLED照明が点灯するそうです。
Img_5386_800x600 さて、曇りがちで期待はしなかったのですが、鳥たちはけっこうよくでてきImg_5387_800x543 ていました。まずは、確認から3日目、ようやくアオジの姿を何とか捉えられました。九華公園の二の丸跡にてです。これで本当に「九華公園の野鳥たち」アルバムに+1できます。二の丸跡から朝日丸跡あたりで見かけます。
Img_5557_800x591 そのアオジ、驚いたことに、このあと行った貝塚公園でも見ました。こちらImg_5563_800x541 は、1羽のみ。九華公園と貝塚公園は、直線で300mあまりしか離れていません。同じアオジなのでしょうか、別なのでしょうか?
Img_5403_800x560 エナガ。二の丸跡、朝日丸跡、本丸跡でみました。同じペアなのかも知れImg_5431_800x560 ません。左は、尾がまっすぐなままですからオスと、右は、尾が曲がっていますからメスと思われます。それにしても、相変わらずよく動きます。あちこち追いかけ回しました。知り合いの高齢者ご夫婦に、「何をしているのか?」と聞かれたくらいです(苦笑)。
Img_5352_650x800 コゲラや(左の写真)、ジョウビタキのメス(右)、メジロ、シジュウカラ、シメImg_5508_800x573 なども見たのですが、いずれもきちんとした写真には収められず。この2枚も「証拠写真」。
Img_5474_800x590 キンクロハジロは、17羽だけでした。吉之丸堀の東屋かImg_5475_800x575 ら餌をやる方があり、争奪戦を見てきました。このときは、向かって右のキンクロさんが、餌をゲット。ユリカモメは1羽のみでした。
Img_5378_800x564 そうそう、先日、九華公園からも、貝塚公園からもシロハラがいなくなったImg_5489_800x586 と書きましたが、まだいました。九華公園で2羽、貝塚公園で1羽確認できました。左は、奥平屋敷跡で、右は、鎮国守国神社の境内にて。
Img_5580_800x550 こちらは、貝塚公園のシロハラ。2箇所で目撃しましたが、いずれも公園の西側エリアでしたので、たぶんこの1羽だけと思います。
Img_5328_800x533 散歩は、8時40分から11時半。住吉神社、九華公園、貝塚公園、吉津屋町、京町、寺町と6.1㎞。あちこちでツバメが飛んでいるのを見ますが、とても写真には撮れませんでした。左の写真は、揖斐川右岸、住吉裏の駐車場の北にある桜並木(伊勢湾台風の頃までは、「桜堤防」があったというところ)。遠目にもややピンク色がかってきました。ここのソメイヨシノも見事です。
 ブログの方は、アカウントを持っていたlivedoorブログに過去記事を移しつつあります。昔のものはlivedoorの方に完全に移してしまい、ブログ本体はこのまま@niftyで続けようかとかんがえているところです。

| | コメント (2)

2017年2月12日 (日)

今日もユリカモメの乱舞に、セグロカモメの幼鳥

Dscn4746_800x553

 今朝はうっすら雪化粧。多度山も、ご覧の通りでした。7時頃の撮影です。

Dscn4749_800x600

雪は、日が昇るにつれてじきに融けてしまいました。例によって例のごとく、8時45分から住吉神社、九華公園、京町、寺町と5.2㎞。またもや九華公園辺りで話をしていましたので、帰宅は11時半を回りました。
Img_7494_800x533 今日も、ユリカモメに餌をやる人があり、そのお陰で乱舞シーンを撮れましImg_7507_800x541 た。昨日よりはピントの合ったものが多かったのですが、どれを選ぶかとか、どういう構図にしようかというのはやはり難しいものがあります。
Img_7491_800x533 管理事務所の南の花菖蒲園近くで餌をやっておられたのですが、112羽ものユリカモメが集まり、大変でした(数は、撮ってきた写真でカウント)。ハトや、ムクドリまでやって来ていました。
Img_7531_800x534 乱舞の撮影を終え、奥平屋敷跡を一回りして、もう一度ユリカモメたちを見Img_7536_800x548 たら、1羽だけ大きなのが混じっているのに気づきました。さっきはいなかったかも知れません。セグロカモメの幼鳥ではないかと思います。セグロカモメ(成鳥)は、たまに九華公園に来たことがあります。
Img_7433_800x534 さて、話を戻して、住吉神社前の揖斐川では、ユリカモメが飛んでいました。他には、住吉入江の上空をコサギが南へ1羽飛んだり、ポンプ場の東ではオオバンがいたり。揖斐長良川の中州には、今日もアオサギの姿はありませんでした。
Img_7455_800x572
 鎮国守国神社の社務所の裏には、ゴイサギが1羽と、ホシImg_7457_800x555 ゴイが1羽で、いつもどおり。今日は、稲荷社の参道側からは見えません。
Img_7659_800x580 公園内を一回りしてからもう一度行くと、ゴイサギが先ほどいたところに、Img_7661_800x566 ホシゴイがいました。それで、ゴイサギはというと、少し奥に、反対を向いて止まっていました。けっこう動くようです。
Img_7466_800x534 そのほかには、まずはハクセキレイ。九華橋にて。いつもここにいるハクセキレイのように思います。昨日は、パンくずをもらって咥えていたハクセキレイです。
Img_7523_800x544 奥平屋敷跡と、二の丸跡ではシロハラ。左が奥平屋敷跡で見たもの。右Img_7574_800x599 は、二の丸跡。
Img_7592_800x564 朝日丸跡などではシジュウカラ。今日は、公園内を移動していたようでImg_7639_800x583 す。鎮国さんの境内では、シメに、ビンズイ。しかし、どちらも証拠写真(笑)。ビンズイだけ載せておきます。ちょうど作業をしていらした、神社の若奥様が、「野鳥アルバム、見たよ」と。ゴイサギなどが出てくる木の東に住宅があるのですが、洗濯物などにけっこう、鳥の糞が落ちていることがあり、大変だというような話も伺いました
Img_7601_800x533 左は、招魂社の拝殿脇のしだれ梅です。今日はなかなかこれはという写真は撮れませんでしたが、ユリカモメの乱舞に、セグロカモメの幼鳥を見られましたから、まあ良しとしましょう。カモは、合計48羽。ハシビロガモのペア1組の他は、キンクロさんでした。

| | コメント (4)

2017年2月10日 (金)

ビンズイ、ジョウビタキ……今日も寒い

Dscn4697_800x600

 朝方はかなり強い風でしたが、午前中はそれも収まり、晴れていました。珍Img_6951_800x601 しく家事を行い、散歩に出たのは9時半。いつものように住吉神社、九華公園と回り、田町から三崎見附を通って、11時半過ぎ帰宅。4.8㎞。途中、知り合いの方とたくさん出会って、話をしている時間がかなり(苦笑)。写真だけではどこのものかは分かりませんが、九華公園に1本だけある梅が咲いてきていました(鎮国守国神社は、別にして)。
Img_6996_800x534 鎮国守国神社の方は、たくさん梅があります。旧・桑名藩主の久松松平家のImg_7001_800x577 家紋が梅鉢紋だからでしょう。神社の建物や、瓦にも梅鉢紋が掲げられています。
Img_6899_800x583 散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園の前の桜の木にビンズイが2羽。ちょっと枝がかぶってしまいました。こんなに明るいところに出てくるのは珍しい。住吉入江にはオオバンが1羽。揖斐長良川の中州、アオサギの姿はなし。
Img_6917_800x562 七里の渡し跡は、賑やかでした。コガモのオスばかりが5羽。ここに来るのコガモは、どういうわけか、オスが大半。ヒドリガモのペImg_6919_800x555 アが3組。オオバンも3羽。写真はありませんが、皆、護岸に付いたもをこすり取って食べていました。
Img_6925_800x578 川口水門の外(七里の渡し跡の水門)には、カンムリカイツブリが1羽。このカンムリカイツブリ、夏羽に少し変わってきているように見えます。カンムリカイツブリは、揖斐川の方でも1羽、遠くに見えていました。
Img_6933_638x800 三の丸公園の東端では、カワラヒワが2羽。カワラヒワ、あちこちで見ますImg_6930_800x561 し、ペアでいることが多いように思います。
Img_6938_800x580 鎮国守国神社の社務所の裏、ゴイサギは1羽。今日は、これまで見た中ではもっとも北側に。2度確認したものの、この1羽だけ。
Dscn4705_800x600 九華公園の堀、排水ポンプの修理が予定されていますので、今日は水Img_7087_800x561 を抜いていました。カモは、合計46羽。ハシビロガモのペア1組の他は、キンクロさんばかり。先だっても書きましたが、ホシハジロや、ヒドリガモは来なくなってしまい、残念です。ハシビロガモのペアは、いつも一緒にいます。
Img_7079_800x545 ハシビロガモ、気に入っています(微笑)。嘴の形が何ともいえませんし、Img_7082_800x544 餌をすくい取りながら泳ぎ回る姿もなかなかのものです。メスは、穏やかな感じがする一方、オスはけっこう精悍というか、鋭いイメージがあります。
Img_6965_800x582 ユリカモメ、小生が見に行った10時半近くには、28羽でした。もっと早いImg_6991_800x534 時間には、二の丸橋の欄干、両側に一杯に並んでいたそうです。惜しいことをしました(苦笑)。
Img_7060_800x583 ジョウビタキのメスは、本丸跡の植え込みのところに出てきました。植え込みの陰であまり明るくないところだったのは、残念。今日もちょっと丸くなっていました。
Img_6960_800x598 そのほかには、奥平屋敷跡にてシロハラ。今年は、この奥平屋敷跡に1羽がいるようです(去年までは、鎮国さんの境内でした)。地面に降りて、餌を探していました。
Img_6973_800x570 ツグミは、公園内で4羽ほど。ツグミも、地面を移動し、立ち止まりつつ、とImg_6978_800x564 きどき地面をつついて餌探し。
Img_7023_800x637 猛禽類(笑)。九華招魂社のところで、北の空を飛んでいました。カラスかと思ったのですが、よく見たら違いました。何でしょう? この辺りで見るのは、トビ、ノスリ、ミサゴくらい。載せるのを迷ったのですが、まぁご愛敬(いい年をして、何だ?!)。
Img_7006_800x533 オシマイは、旅ネコさん。九華招魂社の拝殿で日向ぼっこ。旅ネコといえば、餌をやる人がいます。名前も付けているようで、呼んで、キャットフードをやっています。公園で猫を飼ってはいけません。飼うなら、自分のところへ連れて行ってもらわないと。

| | コメント (4)

2017年2月 8日 (水)

ミコアイサ、三ツ又池公園に再登場……弥富のサギ山も

Img_6722_593x448

 ミコアイサ、再び登場です。「もしかしたら」と淡い期待を抱いて、弥富の三Img_6717_800x589 ツ又池公園へ出かけてきました。公園のウォーキングコースを一回りして、ベンチで休みながら、帰ろうか、他へ回ろうかと考えていたら、目の前にペアが飛来してきました。把握している限りでは、昨年末以来の確認です。
Img_6741_800x584 ちょっとピントが甘く、また、追いかけになってしまったのですが、オスが飛んでいるところも撮れました。ただ、残念ながら、15分ほどしたところで、北の方から小船に乗った男性が現れ、ミコアイサも含め、カモたちは一斉に逃げてしまいました。
Dscn4637_800x600 三ツ又池公園は、12月26日以来でした。9時15分頃到着。ほぼ1時間楽しんできました。2㎞あまりのコースが設定されており、ウォーキングや、ジョギングをする方もたくさん来られます。
Img_6649_800x541 鳥見から外れますが、ここは芝桜で有名な公園です。今日は、ごく一部で花Img_6814_800x562 が咲いているのを見つけました。
Img_6597_800x578 ここでよく見られるのは、コガモ、ヒドリガモ、カルガImg_6652_800x534 モ、ハシビロガモなどです。昨シーズンは、カルガモが多数いましたが、今年はさほどでもありません。
Img_6678_800x534 今年もっとも多いのは、コガモです。コガモは、池の周囲に上がって休んImg_6682_800x547 でいることがほとんど。
Img_6671_800x566 このコガモ、その名の通り小さいのですが、カルガモと並んでいるところを見るとそれがよく分かります。大人と子ども以上の差があります。
Img_6687_800x568 そして、三ツ又池公園といえば、カイツブリ。ここで繁殖します。去年6月Img_6711_800x534 頃、ヒナがいるところを見ています(カイツブリの雛が親の背中に乗ったシーン、カイツブリの餌やり、そして、カイツブリのふ化前後の様子……弥富・三ツ又池公園再訪で大いに成果あり)。カンムリカイツブリの姿も数羽見られました。
Img_6622_800x570 そのほかには、モズのオス。公園北側の菖蒲園のところで。ユリカモメImg_6605_800x540 も、何羽か飛んで来ました。
Img_6684_800x573 ツグミも池の辺りや、周囲の田畑にたくさん。シロハラも1羽見かけましImg_6773_800x565 た。池の西からは、北側を回って、アオサギが1羽。最後には、始めに書きましたようにミコアイサを確認して、三ツ又池公園は終了。このあと、弥富のサギ山に回ることにしました。ここからは、弥富野鳥園までクルマで15分くらいということで、行ってみることにしたのです。
Img_6844_800x549 去年のゴールデンウィーク、ブロ友のひらいさんとツアーに来て以来でImg_6831_800x585 す。今日はまだ20羽あまりでしたが、すでに婚姻色を呈したアオサギが集まっていました。アオサギの婚姻色は、目元から嘴の辺りがピンク色になるのです。
Img_6870_800x585 左の写真のアオサギさんたちは、たぶんペアなのでしょうね。この他、こImg_6857_800x589 の辺りのあちこちにアオサギさんが点在。春になったらまた確認に来なければなりません。
Img_6821_800x533 弥富野鳥園の敷地内には、カワウの巣が無数あります。ヒナというには、Img_6877_800x534 かなり大きくなっていますが、親鳥に餌をねだる鳴き声があちこちから聞こえていました。

| | コメント (2)

2017年2月 4日 (土)

ジョビボール、シロハラ・オン・パレード……立春の散歩

Img_6148_800x594

 暖かい日でした。3月並みの陽気だとか。道理で歩いていると汗ばむくらいImg_6240_800x534 でした。立春らしい写真が撮れないかと思ったのですが、なかなか難しいものです。鎮国守国神社の白梅と、貝塚公園の花壇でお茶を濁すことにします(苦笑)。鎮国さんの白梅は、拝殿の西のもの。まだ二分咲きになるかならないかくらいです。
Dscn4543_800x600 例によって、8時40分くらいから11時半頃まで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、吉津屋、寺町と5.7㎞。雲一つない空でした。
Img_6033_800x586 拙宅マンションの玄関を出てすぐ、敷地内の木にジョウビタキのメスが2羽、Img_6035_800x567 そろってやって来ました。ジョウビタキは、縄張り意識が強いといいますから、珍しいと思います(以前、桑名別院でオスが2羽一緒にいるところに遭遇したことがありました)。左の写真で左下にいる方、まん丸になっています。通称「ジョビボール」です。
Img_6048_800x618 少し歩いて、諸戸氏庭園の東端にある電線上に何かいるのが見えました。モズにしては、尾が短いと思って、250mmズームで撮ってさらに拡大してみたら、シメでした。シメがこんな明るいところに出てくるのは珍しいでしょう。「朝日を浴びるシメさん」という感じ。
Img_6058_800x533 住吉入江、ポンプ場の東で、護岸の階段のところにはオオバンが2羽、上がImg_6065_800x513 ってきて、食餌中。餌探しは大変でしょう。揖斐長良川の中州に、今日はアオサギの姿はなし。代わって、中州近くには、カモの姿が50羽以上。キンクロハジロ、ホシハジロなどのようです。
Img_6096_800x577 三の丸水門まで来たら、またもやジョウビタキのメス登場。木の上、地Img_6107_800x583 面、手すりなどを移動してしばらく付き合ってくれました。左右は、同じジョウビタキ。右の写真、やはり「ジョビボール」になっています。
Img_6115_800x586 鎮国守国神社の社務所裏のゴイサギ&ホシゴイ。今日も2回チェック。ゴImg_6182_800x536 イサギ3羽に、ホシゴイ1羽でした。これら2羽は、堀を挟んで対岸(西側)から見つけたもの。昨日とほぼ同じと頃にいました。
Img_6177_800x614 左の写真のゴイサギは、鎮国さんの稲荷社の参道から見えたもの。しばImg_6198_800x606 らくこの参道から見えるところにはいなかったのですが、昨日からこのようになっています。けっこう鋭い目つきに見えます。ホシゴイは、2回目に見たとき(10時前)、堀の西側からよく見えるところに出ていました(右の写真)。
Img_6127_800x534 九華公園のカモは、36羽。昨日いなかったハシビロガモのペアも復活。Img_6131_800x534 ほとんどはキンクロさん。考えてみるに、先月半ばの大雪の時、堀も薄く凍りましたが、あれ以来、カモの数が減ってしまったように思われます。散歩に来るとき、揖斐川に50羽以上のカモが見えましたので、そちらや長良川河口堰辺りに移動してしまったのかも知れません。
Img_6205_800x534 ユリカモメも今日は、少なく、22羽だけ。堀に降りていたのは少数で、ほとんどは野球場のフェンスに止まっていました。
Img_6141_800x553 小型の野鳥もあまりいません。カモと同じく、あの大雪以降、減ったように思えます。ツグミを見たのは2羽くらい。シメも本丸跡にいましたが、樹上にいて写真は撮れず仕舞い。
Img_6158_800x554 カワラヒワは、九華公園のあちこちで見かけました。木の上にもいますImg_6161_800x542 が、かなり地面に降りて来て、餌を探すようになっています。こちらは、九華招魂社のところで。
Img_6217_800x560 このあとはシロハラ・オン・パレード(苦笑)。まずは、九華公園の外周遊歩道の南にあるお宅の庭で。ここもよくシロハラや、ビンズイがいます。今日は、ビンズイもいましたが、それはカメラが間に合わず。
Img_6252_800x543 貝塚公園でもシロハラ、しかも3羽。これ以外に、メジロ、カワラヒワ、シジImg_6255_800x534 ュウカラがいたのですが、鳴き声だけ聞こえたり、写真は撮り逃がしたりでした。シロハラがいるところはだいたい決まっています。左のシロハラは、公園のやや北側のエリアで、右のシロハラは南東の辺りで撮ったもの。
Img_6266_800x534 3羽目は、貝塚公園の西端の辺りで。この西端の辺りは、貝塚公園に行けばまず間違いなく、シロハラがいるのです。
Img_6244_800x586 風も弱く、暖かくて穏やかな日でしたので、もっと鳥がいるかと期待したのですがちょっともの足らない感じでした。明日は、雨という予報で、散歩には行けなさそうで、残念。この時期、雨のあとは寒くなります。来週辺り、他のところへ行こうと思ったのですが、どうなりますか。
Kyuukayachou_800x603 ところで、1月29日に「九華公園の野鳥たち」は、正・続を統一すると書きましたDscn4507_800x600なぁんちゃって散歩は脱却(笑)……「九華公園の野鳥たち」は、正・続を統一します)。管理事務所前に置かせていただいているアルバムは、すでに統一したものに換えてあります。前回の記事では、57種類としましたが、ミスがあり56種類でした。
List1_800x538 これまでにご希望があり、pdfファイルをお送りした方には連絡を差し上げList2_800x535 るつもりでいます。ご覧になりたい方がいらっしゃれば、ご連絡ください。ご覧いただきましたら、是非ご感想、ご意見をお聞かせいただきたいと思います。また、誤りがありましたら、お知らせください。何と言っても、専門外の素人仕事であります故。

| | コメント (4)

2017年2月 3日 (金)

ゴイサギ4羽にホシゴイ1羽、地面に降りたヒヨドリ、オオバンの弁足、カモは激減……節分の日のあれこれ

Dscn4534_800x542

 節分であります。天気は良く、風は少しあるものの、昨日よりははるかに暖Dscn4530_800x539 かくなりました。午後、外から何やら声が聞こえてきたので、ベランダから見てみたら、鬼がやって来ていました。拙宅南にある宅老所に、大福田寺から鬼が来て、豆まきをしたようです。大福田寺の豆は、右の写真のように、黒豆。
Dscn4511_800x600 鎮国守国神社でも、氏子の方々によって、節分祭の準備が行われていましDscn4513_800x600 た。今日5時から、福引きありということです。散歩友達の伊賀町のご隠居は、「豆まきもいいけど、年をとってからは、ケガでもしたら大変と思ってしまう」とおっしゃっていました。
Img_5880_800x533
 オマケのような話ですが、写真を撮ってから拝殿を覗き込んだら、金魚の、大きな作り物が飾られていました。5月の例祭が、金魚祭ですので、その関係でしょう。それにしても、今までも飾ってあったのか、気づきませんでした(苦笑)。
Img_5814_800x533  さて、散歩の方はいつもの通り、8時50分から11時半前まで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、歴史を語る公園、八間通郵便局(お年玉付き年賀はがきで当選したものを引き替え)、寺町と6.2㎞。左の写真は、今日撮ってきた白魚漁の様子。昨日も書きましたが、2隻の漁船が大きな網(赤いラインで示しています)を曳いて行きます。その最後尾には、浮きが付いています(赤い丸のところ)。ご覧のように説明を付けないと、何をしているか分からないと思います(笑)。
Img_5839_800x561 珍しいシーンと思います。ヒヨドリが地上に降りていたのです。場所は、三の丸公園。ヒヨドリは、身体を垂直に近く立てて止まります。地面に降りても同じですから、長い尾が邪魔になって歩けません。餌を探していたようですが、よほど空腹だったのでしょう。
Dscn4506_800x600 九華公園、管理事務所近くの九華橋あたりの眺め。いつもならここにカモImg_5853_800x533 が20~40羽くらいはいるのですが、今日は空っぽでビックリ。二の丸堀の方へ回ってみたら、ここもたった12羽。右の写真に写っているのが、今日、九華公園にいたカモのすべて(笑)。
Img_5964_800x566 ユリカモメは、21羽ほどと、こちらも少なめ。ただ、昨日でも、小生が見たときは75羽でしたが、時間帯によっては100羽以上いたようです。
Img_5930_651x800 いつも翻弄してくれる、忍者もどきのゴイサギ。今日も、9時過ぎにはゴイImg_5939_800x548 サギが1羽しか見つからなかったのですが、10時前に再度見にいったら、次々に登場(というか、次々に気づいただけです)。最初は、左の写真のように、3羽のゴイサギしか見えなかったのですが、あちこち見回したら、ずっと左に離れたところにホシゴイ1羽を発見。うまく隠れています。このホシゴイ、何となく「ニヤリ」としたような気がします(苦笑)。
Img_5940_800x545 上の2枚の写真をまとめると、この通り。赤丸がゴイサギ、黄色い丸がホImg_5945_800x555 シゴイ。「もう他にはいないだろうな」と思いつつ、北側に移動したら、何ともう1羽、ゴイサギが! これでゴイサギ4羽に、ホシゴイ1羽。最近、もっとも多かったとき、ゴイサギ3羽、ホシゴイ2羽でしたが、どうなったのでしょう?
Img_5950_800x503 右上の写真のゴイサギ、神社側からも見えそうでしたから、稲荷社の参道に回ってみたら、見えました。左の写真で右下に写っているゴイサギがそれ。さらに4枚前の写真でもっとも高いところにいたゴイサギも、写っていました(左上にいるゴイサギ)。
Kyuuka_800x508 位置関係を示しておきます。赤丸がゴイサギ&ホシゴイがいる木。いつもは、黄色い楕円を書いた辺りから観察しています。「稲荷社の参道」というのは、青丸を付けたところ。ここから建物の間を通して、ゴイサギのいる木が見えます。ゴイサギが止まっている場所によってはここからも見えるということです。しかし、それにしても、ゴイサギ&ホシゴイをめぐる謎はなかなかスッキリしません。
Img_5901_800x552 シメは、今日も本丸跡で1羽。相変わらずムシャムシャと食べていました。Img_5908_800x550 笑えます。
Img_5879_800x544 この他は、カワラヒワ、ツグミなどは見ましたし、シジュウカラの鳴き声も聞き巻いたが、今日もあまり鳥はいませんでした。
Img_5973_800x534 貝塚公園では、シロハラ。行けばたいてい1羽は見られます(3羽くらい、Img_5993_800x564 居着いていると思います)。去年は、ツグミがたくさんいたのですが、今年はほとんど見ません。ジョウビタキもまだ見ていません(掃除の方に伺うと、ときどきいるそうですが)。モズは、証拠写真(苦笑)。近くに急いだのですが、逃げられました。
Img_6017_800x534 歴史を語る公園では、オオバンが2羽。うち1羽が、船をつなぐポールの下に着いているタイヤの上に。あの大きな脚がよく見えます。脚にある木の葉形状の水かきは、「弁足」。何度見ても、不思議に思います。

| | コメント (4)

2017年1月17日 (火)

ユリカモメ・オン・アイス……九華公園の堀も凍る

Dscn4097_800x600

 ようやく雪も止み、晴れました。雪もかなり解けてきてはいますが、日陰などはまだ残っていて、完全に消えるのには、まだ数日かかるのでしょう。とはいえ、木・金と雨でそのあとはまた寒波がやってくるそうですから、気は抜けません。
Img_4315_800x570 今日は何と言っても、こちらから。九華公園の管理人Sさんに教え頂いて見Img_4317_800x524 に行ったのですが、実際に目にしたときは驚きました。“ユリカモメ・オン・アイス”です。ただし、何か芸を見せてくれたということはありませんでした。20数羽から40羽近くが、凍った堀に降りていたのです。
Img_4305_800x543 引いて、全景を撮るとこんな風です。このときは35羽ほどが二之丸堀の西側(二の丸橋の西)に並んでいました。さすがに寒いようで、カモたちのお休み体勢と同じく、首を後ろに回して、羽の間に入れてるユリカモメが大半でした(これは、保温のための体勢のようです)。
Img_4312_800x543 私は初めて見ましたが、管理人さんも、「珍しいですよね」とおっしゃっていました。氷は、昨日の午後遅くから張り始めたようですし、さほど厚くはないようでした。
Dscn4147_800x600 ということで、今日は、ようやく散歩に出て、九華公園に行ってきました。九Dscn4137_800x600 華公園は、1月12日(木)以来です(寒い中、乙女椿咲く……猛禽類の証拠写真も(笑))。公園内は、かなり雪が残っていたのですが、それでも散歩をした方の足跡がたくさんありました。
Dscn4123_800x600 九華公園では、吉之丸堀と二之丸堀はほとんど氷が張っていました。左は、いつもならカモたちが20数羽はいるところ(手前が九華橋)なのですが、カモの姿は全くなし。がっかりしたのですが、あとから出てきますように、キンクロが3羽ほどと、ハシビロガモのペア、そしてカルガモ2羽が、奥平屋敷跡の南側(ここには氷が張っていませんでした)あたりにいました。
Img_4360_800x533 これらの2枚の写真が、今日九華公園にいたすべてのカモたち(カルガモImg_4370_800x555 を除いて)。氷が張っているところはさすがに好まないようで、あまり近づきません(左の写真の手前側は凍っています)。
Img_4375_800x543 ハシビロガモのオスは、氷が張っているところへ入っていきそうになり、「砕氷船・ハシビロ号」が見られるかと期待したのですが、すぐに引き返してしまいました(笑)。左の写真、よく見ていただくと、氷が割れているのがお分かり頂けると思います。
Img_4166_800x534 公園内、さすがに鳥は少なく、ヒヨドリ、ツグミ、ハクセキレイ、シロハラ、シジュウカラくらいでした。写真を撮れたのは、ツグミとハクセキレイ。シロハラは見たものの、すぐに逃げられました。
Img_4169_800x543 ハクセキレイは、割と近くを歩いていました。本丸跡、辰巳櫓跡の北側。Img_4183_800x579 鳥も足など冷たいでしょうに、餌を探してか、けっこう歩き回っていました。右は、公園内の野球場にいたハクセキレイ。
Img_4322_800x534 ユリカモメの写真ばかりになりますが、二の丸橋の欄干にも並んでいましImg_4324_800x583 たし、橋の上にも1羽が降りていました。
Img_4343_800x542 堀端でカモやユリカモメを見ていたら、何羽かが飛んで来て、近くに降りImg_4390_800x523 たものもいました。たぶん「餌をくれ!」といいたかったのでしょう。
Img_4291_800x533 雪は解けてきていましたので、あまりこれはという光景はありませんでした。鎮国守国神社の拝殿前の狛犬、頭上にまだ少し雪が残っていました。
Dscn4150_800x600 朝日丸跡で、遊歩道に松の枝が覆い被さっていました。「あれ、こんな風Dscn4149_800x600 になっていたかな?」と思ったら、雪の重みで、枝がねじれ、折れかかったため、このようになったようでした。
Dscn4167_800x600 奥平屋敷跡でも、何本か枝が折れて、落ちたようで、すでに片付けてもらってありました。この他にも、小さい枝があちこちに散乱していました。雪の量が多かったことを物語っています。
Img_4118_800x533 今日の散歩、住吉神社から揖斐川沿いは、雪が残っているだろうと思い、船場町から田町交差点を経て九華公園へ。公園内を一周して、田町から三崎見附というコースで4.3㎞。途中、九華公園の管理事務所で話し込んでしまい、8時45分から11時半(苦笑)。
Dscn4188_800x599 余談というか、記憶のため。「住吉キンクロウズ」、実は、1月13日(金)くらいから姿が見えなくなっています。その前、2~3日はオスのキンクロさんが1羽だけいたのですが、いなくなりました。ファンとしては、是非ともカムバックして欲しいところです。

| | コメント (2)

2017年1月16日 (月)

3日連続、雪が降る……ミニ除雪作業(笑)(付記あります)

Dscn4090_800x600

 希望に反して、今日も散歩はお預けでした(苦笑)。「まだ降るのか?!」と思えてきます。14日の土曜日からですから、これで雪が3日続いています。ずっと降り続いているわけではなく、断続的にではありますが……。雪の多いところの方からは、笑われそうですが、そろそろいい加減にしてくれないかという気持ちになっています。冒頭の写真は、今日の16時20分頃のもの。
Dscn4061_800x600
 晴れ間もあって、かなり解けては来ているものの、まだ雪は残っています。「雪ネタ」もいい加減つきてきています(苦笑)。Dscn4052_800x600
Dscn4049_800x600 さて、今日は、午後から歯医者に行かねばならなかったこともあって、外にDscn4054_800x600 借りている駐車場の雪かきをしてきました。といっても、大した作業ではありません。左のような状態でしたが、クルマに積もっている雪と、駐車場から公道に出るところの雪を除けてきたという次第です。赤いクルマは、知り合いの方のものですので、ついでに、勝手に除雪をしてきました(微笑)。
Dscn4044_800x600 除雪に行く前にマンションの玄関前に立ち寄って、諸戸氏庭園、住吉入江あたりを1枚。けっこうな積雪量で、20cmくらいは積もっていました。桑名に来て24年近く、積雪量はもっと多かったときがあったと思いますが、3日も雪が続いたのは初めてだと思います。
Dscn4057_800x600 雪も上から眺めているだけならばよいのですが、実際に外へ出て何かをすDscn4060_800x600 るとか、どこかへ行くとなると大変です。午後2時前に歯医者に行ったときは、もう道路はほとんど大丈夫でしたが、まだ寒波は居座るようですから、残った雪が凍ったりして、明日の方が大変かも知れません。う~ん、明日こそは散歩に行きたいのですがねえう~ん、明日こそは散歩に行きたいのですがねえ……。
【付記】 夕方、知り合いの方とお話ししたら、何と、昨日、わが家のクルマのところも除雪してくださったそうです。ありがたいことです。失礼いたしました m(_ _)m さらに、ということは、昨日から今朝にかけてかなりの雪が降ったということです。

| | コメント (2)

2017年1月15日 (日)

このあたりにしては大雪……お年玉付き年賀はがきで2等!【付記】

Dscn4004_800x600

 午後になって雪もピークを過ぎたのか、かなり晴れ間が出てきました。冒頭Dscn4013_800x600 の2枚の写真は、午後1時20分頃のものです。左は、ベランダから南側を見下ろしたもの。右は、北側の玄関先から、名古屋方面を眺望したもの。川面に空の青が映り、河川敷はまだ雪が残り白いままという対照的な様子が印象的です。
Dscn3887_800x600 昨日から、変わり映えのしない写真で恐縮です。散歩に行きたいのは山々ですが、止められています(苦笑)。左の写真は、今朝5時45負頃のわが家の南の様子。オートでそのまま撮りましたから、ピントも甘いのですが。まだ降っています。道も、クルマなど、ほとんど通っていません。
Dscn3900_800x576 6時15分頃、1階の郵便受けまで朝刊を取りに行ったとき、撮ってきました。奥は諸戸氏庭園の本邸です。10数㎝くらい積もっていました。久しぶりの「大雪」です。ちなみに、朝刊はきちんと配達してもらってありました。
Dscn3945_800x600 7時45分くらい、雪の止み間に諸戸氏庭園の方を眺めてみました。念のたDscn3947_800x600 めに書いておきますが、モノクロではありません。諸戸氏庭園前の桜並木、葉っぱの落ちた枝にも雪が積もって、きれいになっています(右の写真)。樹氷のようにも見えます。電柱などが邪魔ですが……。
Dscn4008_800x570 一方、こちらは、多度山。午後1時20分過ぎの写真。まだ雪が降っています。藤原岳など、鈴鹿の山並みも雲の中ですから、降り続いているのかも知れません。
 明日は天気も回復するようですから、散歩に行って、鳥を見てこなくては。
【付記】
Dscn4017_800x600 今日は、お年玉付き年賀はがきの抽選日でした。午後からそれを思い出し、ネットで検索(こちらにあります)。150枚ほどを確認したところ、何と2等が当たっていました。「こいつは春から……」という気分。2等の景品は、「ふるさと小包」ということです。ふるさと小包は、1万本に1本の確率だそうです。ずいぶん昔に切手シート以外の景品が当たったことが、1、2度あったような気がします。ちなみに、今回、切手シートは1枚当たっていました。

| | コメント (9)

より以前の記事一覧