日記・コラム・つぶやき

2020年11月24日 (火)

神出鬼没のアオサギ……メジロに遊んでもらった話も

Img_5212c_20201124152001  今朝は、7.5℃。昨日よりも8℃くらい下がり、さすがに冷えた感じ。しかし、7時半から散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公Img_5218c_20201124152001 園、内堀公園、紺屋町、新築公園、常盤町、老松公園、寺町と6.4㎞。途中、九華公園で散歩友達2組とけっこうしゃべっていたので、10時45分帰宅。右の写真は、拙宅マンションを出たところの電線にいたカワラヒワ。

Img_5237c_20201124152001  揖斐川沿い、三の丸水門あたりから見た上流方向。伊勢大橋、多度山が見えます。そういえImg_5224c_20201124152601 ば、多度山に登ってからもう1ヶ月以上が経ちます。あれで満足したのか、最近はもう一度登ろうとは思っていません(苦笑)。今日は、赤須賀漁港の漁船が漁に出ていましたが、最近、蜆も蛤も、漁獲量は少ないと聞きます。

Img_5254c  揖斐川の三の丸水門の東あたりには、カンムリカイツブリが2羽。この頃、割とよく見かけまImg_5267c_20201124152901 す。柿安コミュニティパークのところでは、ツグミ。枝かぶりの証拠写真です。枝かぶりの割にツグミにピントが合っています。

Img_5314c_20201124152001  九華公園、今日は静かでした。鳥も少なく、散歩する人も少なかったのです。朝、昨日より冷Img_5498c_20201124152001 えたから歩く人が減ったのでしょう。カモは、二の丸堀を中心に合計61羽。ホシハジロのオスは2羽、ヒドリガモは2ペア、ハシビロガモはオス6羽、メス3と増えていました。残りはキンクロハジロ。

Img_5349c_20201124152001  ユリカモメは、野球場のフェンスに計22羽。カワウたちに混じって、小魚を捕る様子や、二の丸橋の北側にあるクスノキに実を啄みに来るのが見られます。いずれも、シャッターを切ったものの、うまく撮れておらず。やはり、デジイチを持ってきた方がよさそう。

Img_5451c_20201124152101  そのカワウたち、寒くなるにつれ、数が増え、堀に集団で降りて来て漁をします。けっこう魚を捕っているのですが、やはり、超望遠コンデジではうまく撮れません。

Img_5398c_20201124152001  公園内を半周して、再び、北門から相撲場へ向かうとき、何気なく西の方を見上げたら、何と、アオサギがいるではありませんか! こんなところにもいるとは、想定外(苦笑)。神出鬼没です。公園内では、いろいろなところに目を向けなければなりませんねぇ。

Img_5432c_20201124152001  メジロを九華公園の外周遊歩道の東や、帰宅した拙宅の周りで見かけました。いろいろとおもしろいシーンも撮れました。左の写真は、公園外周遊歩道にて。右の翼を枝に引っかけて、バランスをとっているように見えます。こんなこともするのか(できるのか)と感心します。

Img_5565c_20201124152101  こちらは、拙宅の周りにて。しばらく、群のあとをついていろいろと撮りました。左は、翼の裏側と、普段は翼の下に隠れてImg_5572c_20201124152101 いる部分がはっきりと確認できます。右は、お尻(苦笑)。野鳥のお尻は、けっこうカワイイ。

Img_5591c_20201124152101  これは、上の1羽にしか気づかずに撮っていたもの。このほか、老松公園では、珍鳥か!とImg_5571c_20201124152101 思って、一所懸命撮ったら、メジロだったという不始末もありました(苦笑)。ということで、今日は、メジロに遊んでもらったという次第。貝塚公園、内堀公園では、ヒヨドリ、カワラヒワ、スズメくらい。立ち寄らないでおこうかという気もするのですが、「ひょっとすると」と思うと、確認せざるを得ません。長良川河口堰などにも行きたいと思っています。

Img_5287c_20201124152001  今日は、遠隔授業第8回の授業資料と音声ファイルをアップロードする日。これを書いている途中で、作業を行い、学生たちにはストリームで連絡を済ませました。これでほぼ2/3に到達。第10回までは、資料・音声ファイルとも準備をしてあります。これで年内の分はオーケー。11~13回分については、授業資料は準備してありますので、あとは録音のみ。そろそろ「録音会(と勝手に名づけています)」を遂行しなくっちゃと思っているところ。

Img_5390c_20201124152001  その他、このところ、何となく過ごしている気がします。「勝手にハイキング」もプランは立ててあるのですが、新型コロナの感染者数が増えていて、余りあちこち行くのもどうかという気持ちもあって、出かけるのをどうしてもためらいます。一人で、街道などを歩くだけですから、途中の往復だけ気をつければ良いのですが、なかなかねぇというところ。最後の写真は、鎮国守国神社の九華招魂社の裏で撮ったもの。銀杏の落ち葉。1つ前は、九華公園の奥平屋敷跡入り口あたりの紅葉。諸戸氏庭園の紅葉がよくないということで、諦めたものの、何となく残念な感じが抜けません。

| | | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

九華公園でカワセミをじっくり観察……寺町・三八市でみたらし団子を久しぶりにゲット

Img_5173c_20201123145401  よい天気になりましたが、何しろ北風が強い。午後には、7.7m/sも吹きました。雲も案外多く、日が陰ると寒い。今朝は、以前のように、7時半から散歩をスタート。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園から京町、桑名別院本統寺へお参り。寺町で三八市に立ち寄って10時過ぎに帰宅。5.4㎞。

Img_4927c_20201123145401  九華公園では、今シーズン初、シメの姿を確認しました。奥平屋敷跡にて。ここで、昨日も鳴き声を聞いたもImg_4885c のの、見つけられずにいました。もう一つ。柿安コミュニティパーク西の堀に、コガモが2羽来ていました。川口水門が工事中ですので、こちらに来たかという気がします。

Img_4976c_20201123145401  さらに、今日は、カワセミをしっかりと見られました(微笑)。九華公園をImg_4999c_20201123145401 半周し、再び、鎮国守国神社の社務所裏に来たら、カワセミが相撲場の近くにいたのです。ここでみる前にも、吉之丸堀の上を飛ぶのを見られました。

Img_4876c  さて、話を戻して、住吉神社前から見た揖斐長良川の中洲には、アオサギの姿。このところ、中州付近には、サギの姿はほとんどありませんので、珍しい感じがしてしまいます。

Img_4886c_20201123145501  九華公園に来て、鎮国守国神社の社務所裏の木には、ホシゴイが1羽。明るい、よく見えるところに出て来ていました。ゴイサギや、アオサギの姿はありません。

Img_4898c_20201123145501  奥平屋敷跡では、ツグミや、シジュウカラ。ただし、この時は曇っていて、チョー証拠写Img_4916c_20201123145401 真。

Img_4944c_20201123145401  カモたちは、今日はやや少なく、48羽。ただし、メンバーは同じく、ホシハジロのオス2羽、ハシビロガモのオス4羽、メス2羽、ヒドリガモが2ペアとキンクロハジロ。

Img_5059c  管理事務所近くで、ヤマガラ3羽。このあたりでよく見まImg_5111c_20201123145401 す。その南で、ジョウビタキのオス。鳴き声に加え、尾羽で木の枝を打つ音が聞こえてきたのです。

Img_5132c_20201123145401  貝塚公園では、ヒヨドリのみ。今日は、カワラヒワもいませんでした。内堀公園も、最近、スズメ、カワラヒワくらいしかいなかったのですが、今日は、メジロが出て来ました。

Img_4564c_20201121174501  桑名別院本統寺(写真は、11月21日撮影)。今日は、オヤジの命日ですから、お参りしてきました。参拝を終え、本堂前で体の向きを変えたら、何となく、気になるに匂いがかすかに漂っていました(微苦笑)。夏の暑い頃、この近くの常信寺で、立ち止まって休憩したら、足元に「煩悩」と刻まれていたことを書きましたが、相も変わらず進歩していないようで、我ながら笑えます。

Img_5149c_20201123145401  今日は寺町商店街の三八市。最近は、密を避けるため、ほとんど立ち寄らないようにしていたのですが、この「匂い」、間違Img_5182c_20201123145401 いなく、あれだと思い、確認に行ったら、予想通り! 半年ぶりにお餅&みたらし団子の店が来ていたのです。ここのみたらし団子は、私の好みの醤油味なのです。行列するのは大嫌いなのですが、これは買うしかありません。15分ほど並んで、8本をゲット。1本¥80。久しぶりに散歩で土産。家内が喜んだこと(^_^)

Img_5193c_20201123145401  ところで、先日来、諸戸氏庭園の紅葉について、何度も書き、そろそろ見頃かと書いてきました。今日、とImg_5202c あるお方に久しぶりにお目にかかり、紅葉の様子を確かめたところ、「大きな声では言えないが」と前置きされた上で、「今年は、よくない。入園料を払って見るのはもったいない」と。きれいに色づくことなく、すでに散り始めているような話しでした。ちょうどあそこのような感じだといって指さされたのが、右の写真のあたり。

Img_5196c  上から覗いてみても、この写真のような様子。ということで、今年は断念することにしました。ちなみに、昨年の諸戸氏庭園の紅葉の様子は、「2019諸戸氏庭園の紅葉」(2019年11月29日)をご覧ください。こちらは、見事だったと思います。

Img_5205c_20201123145401  ついでにいろいろと話を伺いました。諸戸氏庭園には、煉瓦蔵が3棟残っています。残っているというのは、Img_4333c 昭和20(1945)年の戦災で2棟が失われています。もともと、明治20(1887)年頃、木造で建てられたのですが、明治28(1894)年、火災により焼失。その後、煉瓦で再建されています。米蔵として使用され、蔵前の堀に船を着け搬入されていたそうです。この、失われた2棟を復元する計画があるそうです。近いうちに調査が始まるという話。右の写真は、11月21日に撮影しました。

Img_4865c  さらに、桑名七里の渡し公園についての情報も。これもずっと愉しみにしていたのですが、あの休憩所。建物工事は、かなりImg_5208c_20201123145401 進捗し、ほぼできあがってきたのに、ここの営業を請け負う業者が決まっていないらしいというのです。ガッカリ。応募がなく、工事だけは見切り発車のような形で進んだということ。もったいない。しかし、よくよく考えてみると、ここで土産物を売るにしろ、カフェのようなものを営業するにしろ、儲からないでしょうね、きっと。

Img_4953c  世間では、3連休の最終日。「我慢の3連休」といいつつ、観光地や、繁華街は賑わっているようです。「GO TO キャンペーン」も見直すというアナウンスがありましたが、連休初日のことでした。キャンセル料を補填しなくて済むようにしたとか、あれこれ言われます。実際のところは分かりませんが、春の第一波の時も、3連休のあと、感染者数が急増したと記憶しています。「人が動けば感染が広がる」のですから、「GO TO キャンペーン」で後押しすれば、どうなるかはほとんど考えなくても自明のこと。「二兎を追う者は一兎をも得ず」といいます。感染拡大防止も、経済活動の活性化もとは行かないのは、小学生でも分かるはず。私は、一人で「勝手にハイキング」か、「勝手にGO TO」で、近くの街道歩きや、旧蹟巡りでもしようか思案中。

| | | コメント (4)

2020年11月22日 (日)

九華公園でアオサギ2羽……散歩ついでにメディアライブにて市民芸術文化祭を覗く

Img_4622c_20201122143501  気温は、17℃ほどになりましたが、曇りがちです。朝一番に家事を済ませ、8時20分頃から散歩に出ました。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園から外堀、吉津屋町へ。ここから、メディア・ライブへ足を延ばし、新築、常磐、老松公園、寺町と6.5㎞。10時半過ぎに帰宅。よく晴れていれば、諸戸氏庭園の紅葉を見てこようと思ったのですが、それはまた明日以降。

Img_4638c_20201122143501  揖斐川。今日は風もなく、川面も静かでした。住吉神社前には、キンクロハジロ4羽とオオバンが2羽浮かんでImg_4639c_20201122143501 いました。住吉水門の方へ近づいているところ。三の丸水門の近くまで来たら、カンムリカイツブリ。水門近くと、揖斐川のまん中あたりに1羽ずつ。ここで、散歩友達&鳥見友達のYさんに遭遇。一緒に九華公園へ。

Img_4653c_20201122143401  北門を入ってすぐの堀に、アオサギの姿。「堀に入らない あそばない!」という立て看板のすぐ脇にいまImg_4669c_20201122143401 す。まぁ、アオサギさんは遊んでいるのではなく、餌を採ろうとしているのですから、関わりはないかも(笑)。邪魔をしないよう、大回り。鎮国守国神社の社務所裏の木を見ると、逆光でよく分からなかったのですが、アオサギさんが1羽。九華公園に来て早々、アオサギ2羽とは幸先が良い(微笑)。

Img_4671c_20201122143401  相撲場近くの樹上には、ツグミ。しかし、幸運は、続かず(苦笑)。管理事務所の南にある、もとアImg_4680c_20201122143401 ヒル小屋にハクセキレイがいましたが、小型野鳥はあまりいません。

Img_4707c_20201122143401  奥平屋敷跡に入るあたりで、シメの鳴き声を聞いたのですが、姿は見つけられず仕舞い。奥平屋敷跡では、シジュウカラ、ヒヨドリ、カラス、ドバトくらいでガッカリ。

Img_4723c  カモたち、合計54羽。メンツは、いつも通り。ホシハジロのオス2羽、ヒドリガモのペア2Img_4740c_20201122143401 組、ハシビロガモのオス4羽、メス2羽。他はキンクロハジロ。今日は、日曜で餌をやる人があり、大騒ぎ。

Img_4736c_20201122143401  ユリカモメは、10羽。野球場の外野フェンスには5羽しかいなかったのですが、餌をやる人が来たら、いつの間にか10羽に増えていました。このあと、貝塚公園ではヒヨドリ、カワラヒワのみ。内堀南公園には、鳥は、ほとんど来ません。

Img_4819c_20201122143401  くわなメディアライブ市立図書館などが入っています。昨日から明日まで、ここの多目的ホールで「第29回くわな市民芸術文化祭 美術部門展」が開かれており、それを見に行ったという次第。絵画、書道、写真、工芸・彫刻画、陶芸、彫刻計85Img_4822c_20201122143401 点が出品されていますが、目当ては、写真。同じマンションの知り合いの方からお誘いをいただいたのです。全日写連のはまぐり支部、桑名支部の方の写真が計15点出ていました。コアジサシや、カワウをモチーフにしたものもあり、興味深く拝見してきました。

Img_4830c_20201122143401  帰り道、住吉入江のところで、メジロ。ここ2~3日、ジョウビタキをあまり見なくなりました。諸戸氏庭園の紅葉は明日以降、仕切り直しのつもり。遠隔授業のQ&Aと課題評価は、チェックを完了。Q&Aは、pdfにしましたので、これで第7回分は作業を終えました。それ故、午後からはゆるり。

| | | コメント (2)

2020年11月21日 (土)

天気晴朗なれど、強風にて、鳥はいません

Img_4348c Img_4354c  散歩に出る時間には晴れてきたものの、強い北風。最高気温は、昨日までより5度ほど下がって17.5℃。室内や、屋外でも風が当たらないところにいれば暖かいものの、堤防の上などは寒いくらい。今日は、岐阜でJRさわやかウォーキングが予定されていたものの、新型コロナの感染者数も増えていますので、自粛しました。明後日も、津であるものの(2020年11月23日:映画「浅田家!」舞台の地 津のまん中ウォーク)、これもやめておきましょう。三重県内の感染者数、今日は22例とか(こちら)。桑名でも8例。ということで、7時45分からいつも通り、散歩。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、外堀、吉津屋町、新築公園、老松公園、寺町と6.5㎞、10時半帰宅。冒頭の写真は、住吉神社前にある川口水門耐震工事の現場事務所。吹き流しや旗が煽られています。吹き流しが水平になっているときは、風速は約10m以上だそうです(こちら)。右の写真は、蟠龍櫓のところから見た揖斐川の上流方向。多度山から雲が流れているように見えます。こういうときは、北風が強いのです。

Img_4366c_20201121172801  さすがの強風で、九華公園までほとんど鳥は見ません。諸戸氏庭園や、三の丸公園にヒヨドリが少しいたくらい。そうそう、揖斐川には、キンクロハジロが2羽浮いていました。強者です。九華公園でも、鎮国守国神社の社務所裏にサギはおらず。管理事務所まで来たら、管理人Kさんと散歩友達Wさんが、「あそこにずっと鳥がいる」と指さします。いたのは、ツグミ。強風でじっとしているように見えました。

Img_4409c_20201121172801 Img_4445c_20201121172801  奥平屋敷跡ではYさんが鳥を探していたものの、カラスでさえ、地上に降りていたくらいで、ほとんど何もいません(苦笑)。カワラヒワが3羽ほど見えたくらい。カモは合計、46羽。強風で出張組みが来ていないのかも知れません。ホシハジロのオスは2羽になっていました。ハシビロガモのオス4羽、メス2羽、ヒドリガモが2ペアというのは、同じ。他はキンクロ。

Img_4440c_20201121172801  カワウも少なめ。野球場の照明灯の上に数羽いましたが、ご覧のように風を避けるため、前傾姿勢で止まっているというか、しがみついているというか。ユリカモメは、ゼロ。

Img_4529c Img_4538c_20201121172801  それでも、本丸跡の時計塔の近くでは、シジュウカラにメジロ。ヤマガラの鳴き声もしていたのですが、ヤマガラの姿は見られず。

Img_4517c Img_4522c_20201121172801  本丸跡の花菖蒲園の柵には、ハクセキレイとカワラヒワ。このあと、貝塚公園ではヒヨドリのみ。内堀公園ではスズメ。新築公園や老松公園には何もおらず。三崎見附跡近くの住吉入江では、メジロを見たものの、写真は撮れず。

Img_4564c_20201121174501  オヤジの命日(11月23日)が迫ってきましたので、寺町では、真宗大谷派桑名別院本統寺にお参りしてきました。本来であれば、17回忌を営むべきところですが、コロナその他、もろもろの事情で執り行わないことに。

Img_4610c_20201121172801  諸戸氏庭園の紅葉が気になるのですが、管理人のHさんにも、歴史案内人のKさんにも会えず。左の写真は、Img_4613c_20201121174801 拙宅玄関先から見下ろした写真。そろそろ良さそうな気もします。右は、主屋の西側のあたりの様子。秋の一般公開は、確か11月29日までですから、そろそろ行ってきたいと思っています。

Img_4507c_20201121175101  帰宅後から夕方にかけては、土曜日の恒例となりましたが、遠隔授業の出欠チェック、課題の評価そしてQ&A書きに勤しんでいました。Q&Aとはいいつつ、質問はあまりありません。感想などがほとんど。遠隔授業ですから、なるべくたくさんの感想を取り上げ、コメントをつけるようにしています。半日くらいかかる作業量。課題の評価と、Q&Aは明日、見直して、完了の予定。

Img_4594c  冒頭にも書きましたが、三重県でも新型コロナの感染者数が増え、気になります。どこも移動自粛要請は出ていませんが、三重県のサイトを見ますと、「感染が流行している地域への移動は控える」となっています(こちら)。”新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた「三重県指針」ver.7’’にあるもの。 11月19日付けで改訂されたものですが、「県外へ移動する場合は、移動先の都道府県の感染状況や移動に関する方針等をよくご確認ください」とあり、微妙な表現ですねぇ。今のところ迷っているのは、12月始めに設定している名古屋での相談会。

| | | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

案の定降られ、証拠写真のオンパレード(苦笑)

Img_4318c_20201120154101  曇ったり、雨が降ったり、晴れ間が出たりと忙しい天候の1日です。雨量はさほどでもないのですが、通り雨で土砂降りもあり、慌てて洗濯物を取り込んだりもしました。朝、散歩に出るのをためらったのですが、「まぁ降られても良いか」と思って、7時50分から歩いたのですが、案の定、九華公園で降り始め、戻って来ました。住吉神社、九華公園を半周、江戸町、三崎通を経て、住吉入江沿いを帰宅。3.5㎞しか歩きませんでした。冒頭の写真は、午後1時過ぎの南の空。

Img_4103c_20201120154501  住吉神社のところから見た長良川河口堰。靄というか、川霧もどきというか。最近は、河口堰方面に行っていません。管理橋などで工事をしており、通れないことがあるのです。親水広場の方も、新伊勢大橋の工事が再開され、伊勢大橋には通り抜けられなくなっています。それ故、足が遠のいてしまっています。

Img_4109c  川口水門のところに、アオサギが1羽、飛来。川口水門は、七里の渡し跡の目の前の水門。耐震工事は、現在進Img_4112c_20201120155101 行形。今日は、右の写真のようになっていました。先日までは、ポンプで排水作業が続いてたのですが、それも終わり、完全に閉め切られています。これでは、今年は、ここにコガモやオオバン、ヒドリガモはやってこないでしょう。工事は、来年2月末までの予定。

Img_4131c  三の丸公園で、木の枝を叩くような音が聞こえてきました。探したら、ソメイヨシノの木のてっぺん近くにImg_4114c_20201120154101 じジョウビタキのメス。三の丸水門のところでは、ハクセキレイが3羽。

Img_4155c  九華公園、鎮国守国神社の社務所裏。アオサギ、コサギはおらず、ダイサギとホシゴイが1羽ずつ。ホシゴイImg_4147c_20201120154101 は、寝ているのかと思ったら、目はしっかり開いていて、こちらをチェックしている模様(苦笑)。

Img_4184c  ゴイサギたちを見ていた背後、相撲場の近くには、まずは、ジョウビタキImg_4187c_20201120154101 のオス。曇っていて、色が出ていませんが……。今日は、証拠写真ばかりなのです。証拠写真ついでに、ヤマガラ。シジュウカラとの混群でした。

Img_4252c_20201120154101  カモは、71羽。じりじりと増えている感じ。しかし、増えるのは、キンクロハジロのみ。今日のメンバーは、ヒドリガモ2ペImg_4223c_20201120154101 ア、ハシビロガモのオス4羽、メス2羽、ホシハジロのオス1羽の他、キンクロハジロ60羽。二の丸跡にいたのですが、二の丸橋のたもとのクスノキからモズの鳴き声。オスのモズでした。

Img_4271c_20201120154101  ユリカモメは、今日も30羽。いつものように、野球場のフェンスの上。いつもはバラバラImg_4280c_20201120154101 に勝手な方向を向いたり、身繕いをしていたりするのですが、今日は、動きがシンクロしていました。と、このあたりで雨が降り始め、撤収。外回りだけは歩こうかと思ったものの、スマホで雨雲レーダーを見ると、20~30分でけっこう強い雨が来そうでした。そのままUターン。

Img_4290c_20201120160301  ローカルネタですが、途中、本町にある新聞店、永野新聞舗。創業明治18(1885)年という老舗でしたが、最近、新聞販売・配達はやめて、「くわな新聞」というフリーペーパー発行に専念。看板が「くわな新聞」に変わっているのに気づいた次第。

Img_4307c  三崎見附跡近くの住吉入江では、メジロ。このあたりでよく見たジョウビタキのオス、ここ数日は見かけなくなっています。という次第で、天気が悪くて、降られた割にはまぁまぁ鳥を見られましたが、写真はイマイチでした(苦笑)。

Img_4216c  雨ですと、どうもテンションが上がりません。早朝、目が覚めたので、起き出してきて勉強。なるべく毎日、少しでも勉強というか、仕事関係のことはするようにしています。今日は、発達性読み書き障害のお子さんへの指導方法について調べていました。かな50音が、スムーズに暗唱でき、次いで、書けるようになると改善するという話。「スムーズに」というところが味噌。「スムーズに」できるというのは、自動化したということで、熟達したことの証。読み書き、計算その他、日常生活などで繰り返し行うことには、熟達することが望ましいのです。最近、相談を承るお子さん、発達性読み書き障害があると思われることが多いのです。

Img_4282c  明日は土曜。3連休だそうですが、普段通りの生活の予定。とくに自粛はしなくても、人混みなどには行きませんし、夜間も外出はしません。晴れの予報ですから、まずは散歩。そして、遠隔授業第7回の課題の締切ですから、課題のチェック、評価、Q&A書きと、to doがあります。第11回の録音もしたいところです。

| | | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

ヤマガラ、ユリカモメ、メジロ……紅葉もあちこち

Img_3607c_20201119155001  今朝は、6時前後に雨がけっこう降っていましたが、その後、天気は回復。23.6℃にもなっています。午後からは南風。7時50Img_3613c_20201119155001 分から散歩をスタート。朝雨が降ったせいか、散歩する人は少ない感じ。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、紺屋町、新築公園から中央庁を回って常盤町、老松公園、寺町を通って帰宅。6.5㎞。冒頭の2枚の写真は、船津屋さんの裏手の紅葉。やっといい感じになってきたのです。

Img_3641c  九華公園までの途中、鳥はあまりいません。揖斐川も、キンクロハジロを計5羽ほど見たくらい。鎮国守国神社の社務所裏には、ホシゴイの姿があったのですが、これ、2羽が接近して止まっているのでしょう。最初に見たときは、不思議な気がしました。

Img_3742c_20201119154901  管理事務所近くで、ヤマガラが数羽。何かの実をとってきて、安定した枝に止まって、足で押さえて食べていImg_3683c_20201119155701 るところが見られました。ヤマガラ、お気に入りの鳥です。許されるなら、自分で飼いたいくらいです。手乗り文鳥ならぬ、手乗りヤマガラをしてみたい(微笑)。

Img_3800c_20201119154901  ユリカモメ、今日は、30羽に増えました。公園内のグラウンドの外野フェンImg_3812c_20201119154901 スに勢揃い。なぜか、カワウも1羽。今日は、餌をやる人は、私が歩いている間にはなく、おとなしく整列し、身繕いをしたりしていました。

Img_3989c_20201119154901 Img_4009c_20201119154901  カモは、合計66羽。メンバーは、同じ。ハシビロガモのオス4羽、メス2羽、ヒドリガモが2ペア、ホシハジロのオスが1羽。他は、キンクロハジロ。例年、オオバンが1~2羽来ることがありますが、今年はまだ見ていません。

Img_3934c  その他、九華公園では、今日もコサギ。ここ何日か続けてきています。写真は、北門を入ったところの堀で撮ったのですが、あの特徴的な「脚をふるわせて、泥の中の生きものを追い出して採ろう」とする行動も見られます。

Img_3956c_20201119160501  鎮国守国神社の一の鳥居近くで、メジロの群。このあと、神戸櫓跡でジョウビタキのオスを目撃したものの、カメラを構えるのに手間取っていたら、どこかへ行ってしまいました。常に準備していないといけないと思ってはいるものの、緊張が途切れたりします(苦笑)。

Img_4072c Img_4058c_20201119154901  貝塚公園で西側のエリアにシロハラがいないかチェックをしているのですが、まだ来ません。ツグミも余り来ていません。今日はここでジョウビタキのオス。内堀公園では、カワラヒワ。最近、内堀公園ではジョウビタキを見なくなりました。

Img_3791c  散歩コースで、鳥を探しながら、紅葉も見て回っています。左は、九華公園の朝日丸跡にて撮ったもの。右は、鎮国守国神社Img_3906c_20201119154901 のところの「なんちゃって紅葉」。まだまだ楽しめます。

Img_3668c_20201119154901  こちらは、相撲場の近くのイチョウの落ち葉。雨に濡れていて、なかなかおもしろいと思っImg_3950c たのですが……。右は、九華公園の筏橋のところの木の紅葉。最近、物ぐさが進んで、何だか調べなくなっていますが、色づき方がおもしろい。

Img_4044c  明日は、朝から雨模様という予報。雨読の日となりそう。そろそろ、遠隔授業第11回の録音もしたいところ。相談会を承っている方の資料の分析もさらに進めないといけません。これを書きながら、三重県の新型コロナウィルス感染状況を見たら、今日は21例(こちら)。このうち、市内では5例。東京、今日は534例とかで、警戒レベルを最高の「感染が拡大している」に引き上げたといいます。愛知県では、初めて200例を超え、219例(うち、名古屋市が116例)。全国的に過去最多を記録しているところがかなりあり、客観的に見て、けっこうマズい状況ではないかと思えます。まずは、自らが気をつけなくてはなりませんが、行政としてのさらに強い対応も必要な気がします。

| | | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

微妙なバードウォッチング……GoogleのCovid-19感染予測日本版の予測が恐ろしい

Img_3585c_20201118161401  今日も22.4℃になっています。暑いくらいだと思ったら、午後からは南風に変わっていました。季節が足踏みどころではなく、逆戻りです。金曜(11/20)くらいまでは、暖かい日が続くという予報で、ありがたいような、その後、平年並みに戻るのが怖いような(苦笑)。今日は、7時45分スタートで散歩開始。住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園、外堀、内堀公園、京町、南魚町、三崎見附跡と5.9㎞。前半は毎度お馴染み。後半が、日によって微妙に変わりますというか、変えていますというか(微笑)。気分次第、思いつきということも否定はできません。鳥見のメインは、ほぼ前半で終わっているのです。

Img_3289c_20201118161301  諸戸氏庭園や六華苑でバードウォッチングをしてみたいと思うのですが、なかなか。諸戸氏庭園は春と秋に期間を決めて特別公開、しかも確か¥500。六華苑は、¥460(年間パスポートは、¥3,300。ただし、50枚限定で発売だとか)。必ずいるという保障はありませんから、有料はちょっと痛い。と思いつつ歩いていると、住吉水門近くでツグミ。このほかにも鳴き声が聞こえていました。今年は、ツグミが多い気がしています。

Img_3319c_20201118161301  旅館山月の屋上の避雷針にイソヒヨドリのオス。ここに時々います。本来ならとても載せられる写真ではありませんが、個人的な記憶のため。揖斐川には鳥影はなし。三の丸公園にはヒヨドリだけで、ここではツグミはまだ見ていません。柿安コミュニティパークでは、ドバトの群。

Img_3323c  九華公園北門近くの電線には、今日もコサギ。個体識別などできませんが、いつも来て、カワウについて回っImg_3333c_20201118161301 ているコサギと思います。ちなみに、今日は、カワウの後追いはしていませんでした。北門を入ったところには、昨日と同じく、ハクセキレイ2羽。戯れているような感じでした。

Img_3351c  相撲場近くで、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロの混群。しかし、この時Img_3335c_20201118161301 間帯はまだ曇っていて、色が出ず。カワセミも鎮国守国神社の社務所裏にいたのですが、上のイソヒヨドリの写真以上に(以下というべきか)、暗くて、ピントも甘い写真しか撮れませんでした。知人の情報によると、カワセミは3羽いるという話があるそうです。

Img_3414c_20201118161301  ユリカモメは、14羽とやや増えました。ただ、今日は、野球場の外野フェンスのところではなく、二の丸橋の南にある電柱Img_3454c_20201118161301 に集まっていたのです。一部のユリカモメは、二の丸橋の北にあるクスノキへ飛んで来て、実を啄もうとしていました。これは、過去にも確認したことがあるシーンです。結果論ではありますが、ポジション取りがイマイチで、ユリカモメがやって来るところが枝被りになってしまいました。

Img_3391c_20201118161301  カモたちは、合計59羽。ホシハジロのオスは1羽。ハシビロガモはいつも通り、オス4羽、メス2羽。ヒドリImg_3556c_20201118161401 ガモも、2ペア。他はキンクロハジロ。今の時期としては、例年並みというところでしょう。

Img_3425c_20201118161301  このほかは、カワラヒワ、ヒヨドリ、ムクドリ、ドバトくらい。ツグミは、野球場のグラウImg_3510c_20201118161301 ンドに6羽ほど。公園内の他の場所では、ツグミはまだ地上に余り降りてきません。

Img_3532c_20201118161301  外周遊歩道の南で、ジョウビタキのオス。毛虫か何かを捕まえてきたようです。咥えているシーンもありますが、それは割愛。このあと、貝塚公園、内堀公園、内堀公園では、ヒヨドリ、ムクドリ、カワラヒワ、スズメくらい。

Img_3473c_20201118161301  午後からは、定例の内科受診。特定健診の結果も聞いてきましたが、とくに異常はなく、一安心。しかし、前期高齢者ですから、気を抜かず、生活リズムを整え、散歩するなど気をつけましょう。と書いていたら、県内の新型コロナウィルス感染者数の速報が入ってきました。今日は17例も(こちら)! 市内でも5例。これは、ちょっとヤバい。感染者数がきわめて多い北海道では、「GO TO キャンペーン」は続ける一方、外出自粛を要請するとか。理屈がまったく合いません。東京、今日は493例で過去最高だとか。お隣の愛知県も、今日は141例といいます。

C0025115_21364970  Googleが、新型コロナウイルス感染予測サービス「COVID-19 Public Forecasts」の日本版「COVID-19感染予測(日本版)」を公開したそうです(たとえば、こちら)。今後4週間で「予測される死亡者数」と「予測される陽性者数」が、512人の死亡と53,321人の陽性者となっています。密を避ける、手洗い・マスクなどの感染予防に務めるなど自助は求められていますが、公助(これ、ATOKでは一発で変換できないことばでした)はほとんどなく、ほったらかしのような印象。これでは良くなるはずがありません。結局、自助しかないのか? ヘンな風になっています。

| | | コメント (4)

2020年11月17日 (火)

鳥には出会ったものの、写真は撮れませんねぇ(苦笑)

Img_3006c  相変わらずの好天がつづいています。予報のリソースによっては、明日から曇りというところもありますし、晴れが続くというImg_3018c_20201117162101 ところもありますが、いずれにしてもまだ気温が高い状況は続きそうです。今日は、若干の家事をこなして、8時スタートで散歩。いつも通りに住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町から南魚町を抜けて、寺町と5.4㎞ほど。10時過ぎには帰宅。冒頭の写真は、諸戸氏庭園の紅葉の様子を外から拝見したもの。ここは、桑名七里の渡し公園の隣です。公園では、現在、休憩所や、その周辺の工事がかなり進んでいます。今朝、通ったとき、工事に来ておられる作業員の方たちが、諸戸氏庭園を見て「大きな家だなぁ~」とおっしゃっていました(微笑)。

Img_3033c_20201117162101  九華公園到着は、8時15分過ぎ。割と早く来たのですが、それは途中、鳥がいなかったことを意味しています。北門を入ってすぐのエリアでは、ヒヨドリやツグミの鳴き声が聞こえますが、野鳥はあまりいません。ハクセキレイ2羽が迎えてくれただけ。散歩友達&BW仲間のYさんと出会い、シロハラ、シジュウカラ、ヤマガラなどたくさん見たという話を伺って、期待したのですが、どうも期待はずれというか、要求水準が高すぎたのか(苦笑)。

Img_3101c_20201117162101  二の丸橋から餌をやる人があって、キンクロハジロや、ハシビロガモ、ユリカモメが集まって騒ぎになっていました。久しぶりに見る光景。カモたちは、合計65羽。ユリカモメは、9羽。

Img_3219c  カモは、キンクロハジロが54羽。少しずつ増えています。ハシビロガモは、いつも通り、オス4羽、メス2羽。Img_3205c_20201117162101 ヒドリガモも、同じく2ペア。今日は、ホシハジロのオス1羽が復活。左の写真はヒドリガモのオス、右はホシハジロのオス。

Img_3208c_20201117162101  ユリカモメは、例年、11月下旬(20日以降)になると、もう少し数が増え、12月に入ると数10羽来る火が見られるようになります。

Img_3142c_20201117162101  アオサギさんは、奥平屋敷跡にもいたという話しだったのですが、私が見Img_3164c_20201117162101 たときは、辰巳櫓跡近くの松の木のてっぺんの1羽。サギ続きで、今日もコサギ。やはり、カワウのあとを追っていることが多い印象。右の写真は、九華公園の北門近くの電線に止まったところ。

Img_3081c

 このほか、いつものように公園内を歩き回ったのですが、なかなか小型の野鳥はうまく撮れず。ジョウビタキのオス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツImg_3088c_20201117165201 グミも見たのですが、ペケ写真のオンパレード(苦笑)。ヤマガラ、シジュウカラは目の前に来たのに、この不始末により、不満足。貝塚公園、内堀公園でも同様。貝塚公園は、ヒヨドリとカワラヒワ、ムクドリのみ。内堀公園ではスズメだけ。

Img_3259c  京町から南魚町を通ったのですが、ここでジョウビタキのオスが登場。これでようやく、多少満足(微笑)。

Img_3016c_20201117162101  散歩コースあたりの紅葉は、盛りを過ぎつつあるところも、これからというところもあります。左の写真も、冒頭の写真と同じく、諸戸氏庭園のもの。桑名七里の渡し公園の門のところから見ています。諸戸氏庭園の紅葉もそろそろよいか、という気もするのですが、どうでしょう? 様子をよくご存じの知人に会ったら聞こうと思っているのですが、こういうときに限ってなかなかお目にかからない(苦笑)。

Img_3075c_20201117162101  遠隔授業は、第7回のファイルをアップロードする日。いつものように16時前に作業し、学生たちにストリームで通知。いつも一番に出欠確認をしてくれる学生さんからの回答も無事届きましたから、これで一安心。遠隔授業の準備、最終回までの授業資料は一通りできあがっています。録音作業は、今のところ滞っていますが、まだストックがあります。12月は、入試や、曜日の振り替えで2回しか授業がありませんので、ちょっと助かります。ところで、今週土曜日には、岐阜でJRさわやかウォーキングがあり、「麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館」に立ち寄るコースなので、行きたいと思うのですが、今のコロナの感染状況では「危うきに近寄らず」でしょうねぇ(私は、決して「君子」ではありませんが……)。その他、勝手にハイキングや、バードウォッチングのプチ遠征にも行きたいところです。行き先では密にはなりませんが、どうしたものか?

| | | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

カンムリカイツブリにイソヒヨドリのオス、ミサゴも目撃……午後は郷土史講座

Img_2946c_20201116164401  今朝のテレビの天気予報では、「季節が足踏みをしている」と形容していましたが、今日の最高気温は22.2℃と、1ヶ月くらい前の気温。暖かいのは助かりますが、これで一気に寒くなったりしないかと心配も(苦笑)。今朝も、家事の一端を済ませて、8時半から散歩。いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、京町、寺町と5.2㎞。散歩の時間が1時間違うと、出合う散歩友達も異なります。冒頭の写真は、我が家近くの住吉入江沿いにて。ソメイヨシノ、落葉盛んで、足元は賑やか。

Img_2723c  揖斐川では、カンムリカイツブリ。あちこちで合計5羽を目撃。蟠龍櫓では、イソヒヨドリのオス。先週金曜にImg_2741c_20201116164301 引き続きです。今日は、鬼瓦のところに登場。この直前には、イソヒヨドリのメスらしき鳥も見かけました。今日のバードウォッチング、なかなかよい感じでスタート。

Img_2756c_20201116164301  九華公園。アオサギさんは、九華橋近くの樹上。このアオサギと、辰巳櫓跡Img_2770c_20201116164301 近くの松の木のてっぺんに来るアオサギ、同一個体か?と思っているのですが、未確認。コサギも、北門近くの堀にやって来ました。やはり、カワウ集団について回っています。ここの堀は浅いので、降りたって、カワウの近くで自ら漁をしていました。遠かったのでよく分かりませんが、何度か小魚をゲットしていたようです。

Img_2786c_20201116164301  カモたち、今日は、58羽。ホシハジロのオスが1羽、ハシビロガモのオスが4羽、メスが2羽。ヒドリガモは、オス1羽しか見かImg_2798c けませんでした。他は、皆キンクロハジロ(50羽)。

Img_2840c_20201116164401  ユリカモメは、9羽。公園内の野球場のセンター越しの外野フェンスや、国旗掲揚塔のとこImg_2904c_20201116164401 ろにいます。ここがお気に入りの場所のようです。もう少し数が増えると、ライト側のフェンスにも降りて来ます。

Img_2916c_20201116164401  このところ、散歩に持っていくカメラは、超望遠コンデジ(Canon Powershot Sx60HS)だけになっています。これで「飛翔シーン」を撮るのはなかなか難しいのですが、ユリカモメが飛び交っていましたので、ちょっと挑戦。練習すると、もっとよい写真が撮れるかも知れないという気がしてきました(自己満足の世界ですが……)。練習になるのか、あの「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式の延長になるのか、よく分かりませんが、明日以降も挑戦してみることにします。

Img_2867c_20201116164401  このほか、カワセミ、モズ、ツグミ数羽を見かけたものの、ツグミ以外は写真に撮れず(そのツグミの写真も、不出来)。本Img_2847c_20201116170101 丸跡で、オスのジョウビタキ。これは、鳴いているところ。その直後、九華公園上空をコサギ4羽がしていきました。この写真、エイヤッと撮ったもの(苦笑)。普段は近視用メガネをかけて歩いています(遠近両用は、アブナイのでつくっていません)。コンデジは、モニターも、ファインダーも液晶画面ですから、このメガネをかけて見ると、ピントが合っているのかどうか、まったく分からないのです。とくに、ファインダーを覗いて撮るときには、メガネを外すのですが、とっさのときには間に合わない。右の写真は、結果オーライ。

Img_2929c  貝塚公園、内堀公園などでは、ヒヨドリ、ムクドリ、カワラヒワ、スズメくらい。三崎見附跡から住吉入江沿いを歩いていたImg_2941c ら、ジョウビタキらしき鳴き声と電線を叩くような音。証拠写真ではありますが、メスのジョウビタキ。尾を振りますので、電線を叩く音が出るのです。

Img_2981c_20201116164401  帰宅して玄関先から、北の空を見たら、猛禽類が揖斐川の方へ飛んで行くのが見えました。ミサゴでした。

Img_2997c_20201116171201  午後からは、市民大学郷土史学科の講座へ。今月は、第1月曜ではありません。本能寺の変の話しの続きですが、今日のテーマは「清洲会議とその後」。清洲会議の出席者、正確なところは分かっていないのだそうです。「知行宛行状」に署名している、柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、池田恒興の4名は確実とか。ウ~ン、まだまだ知らないこと、知っているつもりだけだったこと、多々あります。今日で今年度6回目、残すところはあと1回。7回中6回以上の出席で「修了証書」がいただけます。

Img_2956c_20201116164401  早くも11月後半。このまま行くとすぐに正月が来そうな勢い(苦笑)。明日は火曜日ですから、遠隔授業第7回の資料と音声Img_2971c ファイルをアップロードする日。遠隔授業になってからの方が、次の授業が早くやってくる感じです。対面授業のときは、講義に行く時間を含め、授業に関わるのは毎週せいぜい1日半でしたが、遠隔授業になってそれが、倍以上という印象。そのせいかなという気がします。やはり、コロナ以降、時間の進み方、感じ方が変わっていると思います。これらの写真は、諸戸氏庭園からはみ出た紅葉。左は、モミジの裏から見たもの。右は、我が家の玄関先から見下ろしたもの。右の写真で、向かって、中央からやや左の紅葉しているところを、下から見上げたのが、左の写真(ややこしい)。

| | | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

ユリカモメ8羽、アオサギとは思えないアオサギ(笑)にジョウビタキのオス2羽

Img_2711c_20201115153401  今日も風は弱く、暖かい日でした。訳あって、朝一番は家事従事(苦笑)。8時半になってようやく散歩開始。そういえば、昔は、8時半スタートで散歩をしていました。コースはいつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、外堀、吉津屋町、京町、寺町と6.2㎞。11時帰宅。

Img_2447c  九華公園までは、これという鳥には遭遇せず。九華公園では、ユリカモメが8羽。これでも、今シーズン最多。Img_2395c_20201115153401 野球場の外野フェンスや国旗掲揚塔のところにいたり、堀の上空を飛び回ったり。

Img_2546c  アオサギ、途中から登場。しかし、パッと見、アオサギとは思えないアオサギ(苦笑)。まだ若いアオサギなのでしょう、色も薄い。

Img_2379c  カモは、合計64羽と増えました。増えたのは、キンクロハジロ。ホシハジロImg_2376c_20201115153401 のオスが2羽、今日は来ていました。ヒドリガモも、いつも通り、2ペア。

Img_2386c  ハシビロガモは、いつも通り、オス4羽、メス2羽。堀を順番に巡りながら、エサ採りをしています。

Img_2515c_20201115153401  九華公園に着いたのは9時前。ちょっとImg_2522c_20201115153401 時間が遅いので、小型野鳥は、ヒヨドリがほとんど。カワラヒワや、ヤマガラ、シジュウカラの小さい群には遭遇。ツグミの声もあちこちから聞こえたものの、姿は見られず。コサギが、今日も1羽やって来ていました。今日もまた、カワウが漁をするのについて移動。しかし、おこぼれをもらうのはほぼ不可能。自分でもダイブしたのですが、何も獲物はなかったようです。

Img_2494c_20201115153401  鳥がいませんから、「なんちゃって紅葉(左の写真)」他を見て回ってきました。今が盛りという感じ。右の写真は、グラウImg_2568c_20201115153401 ンドのところ。鎮国守国神社では、今日は、鎮国守国神社の境内社の1つ、髙龗神社(たかおかみじんじゃ)のお祭でした。9時頃から、宮司さんと氏子の代表の方が集まって、御神事が執り行われていました(去年の記事はこちら:2019年11月15日:木曽御嶽山は冠雪、髙龗神社の祭礼……昨日ゲットしたものをお試し)。

Img_2605c_20201115153401  今日は、ツグミやジョウビタキ、モズには会えないのかと思いつつ、九華公園の外周遊歩道Img_2661c_20201115153401 を歩いていたら、南側、キッチン寿さんの近くで、ジョウビタキのオスが登場してくれました。ジョウビタキは、さらに、内堀公園でもオスが登場(右の写真)。

Img_2695c_20201115153401  帰り道、またもや寺町商店街で「菓子博」を覗いてきました。ダンスパフォーマンス、今日はギャラリーが昨日よりはるかにたくさん。お菓子屋さんもチェックしてきましたが、みたらし団子は好みのタイプではありません。栗きんとんは1個¥220。他には桑名の菓子屋さんの和菓子でありながら知らないものもありましたが、今ひとつ食欲は湧かず。今日も見ただけ(苦笑)。ちなみに、桑名駅東口広場では、エキトピア番外編2020があったようですが、もう一度出かけて行く元気はありません。

Img_2366c_20201115153401  帰宅して、昨日仕上げた第6回遠隔授業のQ&Aをチェックし、修正。課題の評価も、確認(学生たちの回答、少なくとも2回Img_2705c_20201115153401 は目を通します)。第7回の授業資料も一部修正。とよく働きました(笑)。それ故、午後は昼寝、読書としばしゆるりとしております。

Img_8345c_20201115155801  余談。1年前の記事を調べていたら、単眼鏡を試したと書いていました。重宝しています。実は、これにはキャップが付いていたのですが、「これは、きっと落とすな」と思っていたら、去年12月、町屋川へ鳥見に行ったとき、早々に紛失(苦笑)。

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧