日記・コラム・つぶやき

2017年10月23日 (月)

台風一過、コサメビタキ、シジュウカラ、コゲラ……あちこちで水があふれていました

Dscn4410c

 雨のち強風という印象の台風21号でした。「台風一過」の秋晴れでしたが、日中は、5~9m/sの風が吹き荒れていました。この強風では、川沿いは歩けませんので避けましたが、三崎見附から九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、寺町と5.5㎞の散歩をしてきました。9時前から2時間半ほど。九華公園の堀は、最近見たことがないくらいの水量でした。吉之丸堀にある東屋、いつもは橋脚の下の台が見えていますが、今日は、写真の通り。風も強いので、堀が波立っています。
Img_7355c 9時40分過ぎまで、暴風警報が出ていました。そのためか、アオサギさんはお休み(苦笑)。鳥も少なかったのですが、10時を過ぎてからは、少し出てきました。その前に、カモは、カルガモ2羽の他は、キンクロハジロのメスが2羽のみ。台風も過ぎ去りましたから、これから増えてくることを期待しています。
Img_7404c 10時過ぎ、本丸跡。10月も下旬になっているのに、まだいたのです、コサメビタキが。本丸跡の中央にある大きなクImg_7440c スノキの下で鳥を探していたら、シジュウカラ、コゲラなどと一緒に出てきたのです。それも、よく見ると、2羽いるようでした。これら2枚は、同一の個体。このコサメビタキが、西の方へ飛び去ったあと、このクスノキから、もう1羽のコサメビタキが出てきたのです。
Img_7481c それが、この左の写真の個体。9月末から、2羽いるように思っていたのですImg_7377c が、ほぼ確実と思われます。このとき、側にいたのがシジュウカラと、コゲラ。シジュウカラは、2羽。右はそのうちの1羽。この足下を盛んにつついていました。餌を探していたのでしょう。
Img_7454c コゲラは、九華公園に着いた9時10分頃からあちこちで鳴き声が聞こえていたのですが、ようやくというか、久しぶりというか、本丸跡で姿を捉えられました。このほかは、ドバト、ムクドリ、カワラヒワなど。
Img_7489c カワウが今日はけっこういました。奥平屋敷跡にあるステージの裏には、Img_7491c 10羽ほどが集まっていました。これより先には、堀を泳ぎ、潜って餌探しをしていました。よく見ますと、色合いは微妙に個体差がありました。向かって右端の2羽は、胸から腹にかけて、けっこう白っぽい感じでした。
Img_7401c 久しぶりに晴れましたので、「甲羅干しスポット」は、大賑わい。この写真でも、水量が多いことが見て取れます。スロープの右下、板が浮いているように見えますが、これはスロープを補修した部分。いつもは、右端が、水面ギリギリに垂れ下がっているのです。
Dscn4419c こちらは貝塚公園。保育園の子どもたちが、保育士さんと散歩に来ていDscn4420c_2 ました。ちなみに、桑名市内の小中学校は、休校になったようで、貝塚公園の北にある立教小学校は静かでした。貝塚公園内、南東隅辺りでは、遊歩道が水につかっていました。この辺りが低いのだろうと思いますが、こんなことは初めて。鳥は、ヒヨドリ、ムクドリくらいしかいません。
Dscn4427c 「水没」といえば、拙宅マンションと諸戸氏庭園の間の水路は水があふれ、その両側にある通路が水没していました。この通路は、我が家近くのスーパーに買い物に行く方たちの近道になっているのですが、今日は、ここまで来て、回り道をせざるを得なくなっていました。どこかで詰まっていたと思います。しかし、諸戸氏庭園の方の他に、市役所の方が調べておられたのですが、昼前の時点では、「原因不明」ということでした。さらに、聞いたところでは、諸戸氏庭園の中にある菖蒲園のあたりや、茶室・推敲亭の近くも水没しているということでした。今日、19時半までの桑名の24時間雨量は、160.5mmでしたが、歩いてあちこちを見て、よく降ったということが実感できました。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

台風接近の中、選挙と買い物……メダカは激減してしまいました

102221

 台風21号、夜中過ぎに東海地方に近づきそうです。午後1時過ぎには、この1022rain_2 辺りにも暴風警報と大雨警報が発令されました。雨は、朝から強く降ったり、弱まったりを繰り返しています。こんな天気ですから、おとなしく蟄居していると書きたいところですが、2回ほど出かけてきました(微笑)。
Dscn4391 1回目は、朝8時過ぎに、選挙の投票に行ってきました。近くの小学校の屋内運動場が投票所になっています。十分歩いて行ける距離なのですが、この雨ですから、クルマで往復。出口調査をしている雰囲気の方が2名いたのですが、残念ながら挨拶したのみで、調査対象にはしてもらえませんでした。
Dscn4384 10時半過ぎ、2回目の外出。家内が買い物に行くのに同行。チェーン店の某ドDscn4385 ラッグストアと、イオンモール桑名へ。どちらもけっこう賑わっていました。今日のウォーキングは、イオンモールでとなりました。イオン桑名は、3つの建物に別れています。そのうち、2つを制覇。といっても、UNIQLO、BOOKOFF、未来屋書店の3カ所を回って、最終的には未来屋書店前の休憩スペースにいました(苦笑)。読みたい本はあったものの、見つからずです。
Dscn4397 おまけは、メダカ近況。といっても、激減してしまったというお話です。今年も数10匹生まれたのですが、現在5匹。去年生まれのメダカは、もういなくなりました。今年生まれだけです。最多時、4つのタッパウェアで飼っていたのに、今は、1つだけ、それも広々としてしまっています。このほか、お隣に行っているメダカが4匹。去年より歩留まりが悪いのですが、理由はよく分かりません。生き物を飼うのは、難しいです。
 余談です。昔は、台風情報と、選挙の開票速報が好きだったのですが、最近はどちらもつまらなくなった気がします。台風情報に限りませんが、諸々の情報はインターネットのお陰で、いつでも確認できるようになってしまいました。選挙の開票速報も、出口調査などで、投票終了直後から「当選確実」などと報道されますから、シラケるしかありません。あまりにも便利になるとか、スピードアップするというのはどうかという気もします。

| | コメント (6)

2017年10月21日 (土)

台風21号接近中、博物館の「幕末維新と桑名藩」展の予習

21c

 超大型で非常に強い台風第21号だそうです。中心気圧は925hPaもある上に、中心付近の最大風速は50m/sといいます。今頃、こんな台風がやって来るとは、困ったものです。明日・22日から、月曜・23日にかけては、西日本から東日本にかなり接近するという予報です。
 昨日も書きましたが、楽しみにしていた「長良川河口堰クルーズ」は、早々に中止が決まりました。明日午後に予定していた研究会も中止を決め、会員の方々にメール連絡を済ませたところです。
Dscn4186c  ところで、拙宅マンションは、大規模修繕工事が進行中。足場&スクリーンで覆われDscn3754c ています。左は10月7日に諸戸氏庭園の方から撮った写真ですが、こういう状態。9月17日の台風18号の時は、南側のスクリーンが何カ所かでめくれてしまいました(右の写真)。それに、強い風が吹くと、このスクリーンがあおられて、バタバタとけっこう大きな音がするのです。工事のお陰で、ベランダにはものが置いてありませんので、片付ける必要はないのですが、あれこれと心配になります。無事に過ぎてくれることを願っています。
20170923085828  散歩には行っていません。午前中、本屋さん(三洋堂書店)に本を見に行っただけ。今日から、桑名市博物館で特別企画展「幕末維新と桑名藩― 一会桑の軌跡 ―」が始まっています。今年が大政奉還150年に当たりますので、幕末時に京都所司代として活躍した桑名藩主・松平定敬と、桑名藩士で、戊辰戦争の時に活躍した立見尚文(後に陸軍大将、日露戦争でも活躍)が取り上げられています。来週見に行く予定にしていますが、今日は、その予習をしていました(微笑)。最近、明治維新も見直しが進んでいますが、立見尚文は、賊軍桑名藩士でしたから、正当な評価を与えられておらず、勝ち組の薩摩か長州だったら、西郷さんをしのぐ有名人になっていたという人もありますし、「桑名版坂の上の雲」と書いてあるサイトもありました。
 今回は、最近発見された、立見尚文が初代諸戸清六に宛てた手紙やはがきが、展示されるそうです。たとえば、こちらをご覧下さい。展覧会の出品リストは、ここにあります(pdfファイル、377KB)。

| | コメント (2)

2017年10月20日 (金)

イソシギ、ハシビロガモのメス、キンクロハジロのメス@九華公園

Img_7286c

 揖斐川の堤防から見た多度山。雲がかかっていて、頂上辺りが少し覗いているだけでした。曇りという予報でしたが、午前中、散歩しているときも時々小雨に降られました。台風21号もやってくるといいますから、用心した方が良さそうです。9時から11時過ぎにかけて、4.4㎞。住吉神社、九華公園、京町、寺町と歩いてきた次第。
Img_7336c こんな天気ですから、鳥はいません。九華公園には、今日もイソシギがいました。今日は、三之丸町内側(西)の堀端に飛んできて、すぐまた東の方に飛び去りました。ここにいる(来る?)ということは、餌がとれたり、安全が確保できたりするということなのでしょう。
Img_7303c カモは、今日は3羽。キンクロハジロのメスが2羽と、ハシビロガモが1Img_7304c 羽。ハシビロガモは、メスのようです。先だって来ていたのは、オスでした(10/11:ハシビロガモ、九華公園に……キンクロ、エナガ、シジュウカラも)。
Img_7308c こちらは、キンクロハジロのメス。冠羽はあるものの、オスよりは小さめ。カモたち、今日は、二の丸堀の西、奥平屋敷跡の近くを泳いでいました。早く、もっとたくさん来てもらいたいところです。
Img_7293c そのほかには、ハクセキレイ。左の写真は、九華公園の北門のところで撮ったもの。吉之丸コミュニティパークなどでも見かけました。今日は、ドバトやムクドリはほとんどおらず。ヒヨドリはそれなりにいて、鳴き声も聞こえてきましたが、なかなか写真には撮れません。
Img_7290c モズは、三の丸公園(左の写真)や、九華公園の野球場の照明塔(右のImg_7331c 写真)などで見ましたが、あいにくの天候で証拠写真。そろそろ、それぞれの縄張りが確定した頃でしょうか。秋の縄張りには、異性のモズでも入れないようにすると聞きます。食べ物を確保するためでしょう。
Dscn4376c 本日の九華公園、さすがに散歩する方は少なめ。しかし、名古屋からいらしたという、写真好きのグループの方から、「どこか良い撮影スポットはありませんか?」と尋ねられました。景色であれば、桜やツツジの季節がベストだと思いますとお話ししました。そのほか、またもや管理事務所で、話し込んでしまっていました(苦笑)。
Kakouzekimeguri  ところで、この日曜日、堀巡りが予定されていたのですが、長良川河口堰舟めぐりの方は、「台風21号の接近に伴って、乗舟時の安全を確保することが困難である」という理由で、中止になってしまいました(こちら)。閘門を通れる、数少ない機会ですから、楽しみにしていたのですが、やむを得ません。日曜午後は、名古屋で研究会なのですが、大雨などにならないことを願っています。

| | コメント (2)

2017年10月19日 (木)

近所のスーパー近くにムクドリ集団

 雨模様、時々強く降るかと思うと、午前中にはほんのわずかな時間、晴れ間も見られ、安定しない天候。午前中は、予定通り、市役所で特別支援教育についての会議へ。1時間半ほど。特別支援教育は、スタートして11年目を迎えていますが、さまざまな形で支援の必要なお子さんも多く、課題もたくさんあります。詳細はもちろん書けませんが、たとえば、通級指導教室をしんせつしたものの、すでにキャパシティを越えているということでした。

Dscn4361c さて、空模様がスッキリしませんので、散歩には出かけなかったのですが、Dscn4363c 夕方、近所のスーパーにある百均ショップに行ってきました。その帰り道、ムクドリの鳴き声がするので、見上げたら、スーパー近くの電線に集まっていました。夕方、この辺りに来ることはほとんどありませんので、今まで気づかなかっただけかも知れません。30羽弱がいました。鳴き声がやかましいのと糞を落とすことで嫌われ者になっています。これくらいならまだ少ないのでしょうが、増えてくると問題になるでしょうね。
Dscn4354c 大規模修繕工事が進行している拙宅、夕方気づいたら、ベランダ側の窓にDscn4355c このような張り紙がありました。そういえば、作業員の方の声が聞こえていた気がします。そっと窓を開けてみたら、ベランダの床にも同じ張り紙と、マスキングテープがあります。ベランダの防水のやり直しということで、4日間くらいかかるという話です。しかし、週末から週明けにかけては、大雨、台風という予報ですから、もう少しかかるかも知れません。
Dscn4367c 北側には通路があります。こちらにあるメーターボックスや、消火栓も塗装やり直し作業が進んでいて、これまた気づかないうちに、塗り直しが済んでいたりします。「そういえば、シンナーの臭いがしていたなと、あとから思うくらい。大規模修繕は、これで2回目なのですが、前回どんな風だったのか、ほとんど記憶がありません(大丈夫かなぁ?)。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

キセキレイ、キンクロさんは3羽@九華公園

Img_7226c

 久しぶりに晴れ間が出て、気温も20℃近くにまで上がりました。散歩に好適の日です。9時前から11時過ぎまで、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、京町、寺町と5.3㎞を歩いてきました。鳥も!と期待したものの、さほどでもなく、ちょっとがっかり(微笑)。
Img_7272c 九華公園では、外周の遊歩道の東から南にかけてのあたりに、キセキレイがいました。そっと近づいているつもりでもすぐに逃げられます。100mあまり追いかけてようやく撮ったショットがこちら。今ひとつクリアさにはかけますが、先日よりはマシ(10月4日:九華公園でキセキレイ……午後は、支援員講座へ、名古屋駅では「しまかぜ」に遭遇)。そもそも、川の中流域より上流に多い鳥ですから、ここで見られただけでもラッキーと思わなければなりません。
Img_7240c キンクロさんは、オス1羽、メス2羽。吉之丸堀の東にて。なかなか増えてきませんので、ちょっと焦れったい気もします。が、過去2年のデータでは、20日を過ぎると、10羽、20羽と増えていましたので、それに期待しましょう。
Img_7250c キンクロハジロのオスといえば、あの立派な冠羽。小生自身は、勝手に「寝癖」と呼んでいますが、これが魅力です。当然個体差もありますが、毎年、「立派な寝癖」を持つキンクロさんを見るのを楽しみにしています。
Img_7233c キンクロハジロ、キセキレイ以外に見たのは、ドバト、ムクドリ、イソシギImg_7235c (ちらりと、朝日丸跡を飛んで横切るのを見ただけ)、シジュウカラなどでした。アオサギさんも不在。このドバトさんたち、九華公園の北門あたりで、もうすでに「日向ぼっこ」でもしている感じ(笑)。ちょっと早すぎじゃぁないの? と聞きたくなります。ここは、東屋のベンチ前。午前中は日当たり良好。散歩の人たちが一休みするのにも大人気のところ。
Dscn4345c ところで、好天に恵まれ、観光と思われる人もあちこちで見かけました。諸戸氏庭園前で、中高年女性4人が、「あのお寺かしら?」などとおしゃべり。声が大きくて、ついつい気になって伺ったら、浄土寺に行きたい様子。地図を見ていらしたのですが、諸戸氏庭園を寺と勘違いなさったようでした。浄土寺をお教えしたら、「歌行燈は近い?」「六華苑は?」「魚釣りをしている人がいるけど、ここの水路(住吉入り江)は、何が釣れるの?」と、質問攻めでした(微笑)。
Img_7278c 明日午前中は、特別支援教育に関する会議。日曜(10/22)は研究会の予定ですが、台風が接近して、大雨になるかもという話も。選挙ですし、気になります。キンモクセイは、通りかかった内堀のあるお宅にて。あまり香りがしないような気がしました。

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

九華公園でイソシギ……午前中は網戸張り替え、取り付け作業

Dscn4341c

 午後から雨も上がり、晴れ間も少し見えてきました。気温はほとんど変化なく、17℃に届かないくらいでしたが、散歩の虫がムズムズしてきます(苦笑)。ホームセンターに買い物に行った帰り、九華公園脇でクルマを降りて、歩いてきました。ほとんどビョーキであります。公園内をほぼ一周し、田町から三崎見附を経て、2.4㎞ほど。16時過ぎから半時間ほどです。
Img_7204c まだ雲も多い上に、日も傾いてきた時間帯でしたので、あまりクリアに撮れませんでしたが、九華公園では初見の鳥。イソシギです。河口堰や、大山田川などではおなじみですが、ここで見たのは初めて。二の丸堀の水面近くを飛び回ったあと、朝日丸跡の南東隅に降りたところです。
Img_7207c_2 九華公園で見た鳥は、これで59種類に達しました(2012(平成24)年1月からのカウント)。ちょうど、1年前につくった「九華公園の野鳥たち」のアルバム(今年の春、パネルにして展示していただいたもの)(2016年10月17日;「九華公園の野鳥たち」完成)を改訂しようと思って、作業を始めたところでしたので、グッドタイミングです。
Img_7197c カモは、カルガモ2羽の他は、こちら、キンクロハジロのメスが1羽だけ。公園西側(三之丸町内側)の堀にいたのみ。他は、時間が時間だけにほとんど見ませんでした。アオサギさんも、例のところにはいません。もう勤務時間が終了して、帰宅したのか(笑)。
 大規模修繕関係のお話。ベランダ側の窓に網戸を戻して良いということになりました。取り外すとき、一部、破れているところがありましたので、午前中、張り替えてから網戸を取り付ける作業をしておりました。網戸は、ここに住むようになって以来、自分たちで張り替えています。それなりにはやれるようになりました。しかし、所詮、素人仕事ですから、小生に網戸張り替えを頼もうなどという無謀なことはお考えになりませんように(微笑)。

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

終日の雨……キンモクセイと、九華公園のカモ、ユリカモメのデータ

Dscn4328c

 終日、雨です。午前中もけっこうよく降ったのですが、外に出たいのと、少しは運動しようということで、歩いて用事を済ませてきました。2㎞ほどですが、歩かないよりはマシでしょう(微笑)。午後からは、定例の内科受診&健康診断の結果の確認。大賑わいでした。受け付け開始の数分前に行ったら、駐車場にはすでに8台ほどのクルマが止まっていました。健診の結果もとくに問題なく、一安心。
 冒頭の写真は、近くのお宅のキンモクセイ。近くへ行くとあの香りがしてきます。アップで撮った写真は、ピントが合っていませんでした。小生のコンデジ、どうも近くで、こういう被写体にピントを合わせるのが苦手のようです。マクロにしても同様のことがよくあります。
Kamo15vs16_800x525 さて、散歩にも、鳥見にも行けていませんので、すでに取り上げたネタから(苦笑)。今年5月にも紹介した、九華公園でのカモの数を2015年からと、2016年からのシーズンでその推移を比較したもの。去年も、一昨年も、10月下旬に入ると、10羽を超えていました。10羽を超え始めると、その数は一気に増えます。今年はどうなるでしょう? 
Yuri15vs16_800x522 こちらは、ユリカモメのデータ。ユリカモメは、11月に入らないと九華公園には姿を見せません。その意味では、ユリカモメの方を「冬の使者」と呼びたくなります。
 カモやユリカモメの数から見ると、カモが来て秋が深まり、ユリカモメが来るといよいよ冬だという感じがするということです。今日午後の予報では、明日は雨のち曇りといいますが、これまたどうなるか、気になるところです。

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

クルマの「ABS警告灯」点灯の顛末

 終日雨であります。さすがに散歩には出ていません。新しいパソコンを買ってしまった原因となった、富士通のノートパソコン(9/22;パソコン、不調から回復中)、10月1日にエディオンに修理に出していたものが、今日、戻ってきましたので、午後からは設定などをして過ごしていました。娘が目をつけて、「私に頂戴」などと大胆なことを言い始めたのであります(苦笑)。共用のパソコンにあった、娘のファイルなどもすべて移して、夕方、作業完了。あとは、引き渡すのみ。

 さて、今日の本題は、クルマのABS(アンチ・ロックブレーキング・システム)警告灯点灯騒ぎの顛末です。
 この金曜日の朝、出かけようとした家内から、「クルマのABS警告灯がついたままで消えない」と電話があったのです。クルマの各種警告灯は、エンジンをかけたときにはいったんすべて点灯し、すぐに消えるはず。散歩から帰って、確認したら、やはり消えません。試しに自宅周囲を走ってみたら、異常は感じられませんでしたが、取説には、「すぐにディーラーに持ち込んで、チェックしてもらうように」とありました。
 早速、その午後、チェックしてもらったところ、「タイヤに1つずつ付いているセンサーの不具合と思われます。部品を取り寄せますから、日曜日以降に来て下さい。雪道を走らなければ大丈夫ですから、それまで普通に乗っていていただいて構いません」ということでした。
 ということで、本日、6ヶ月点検をかねて修理をしてもらってきました。
Dscn4312c 夕方、クルマを取りに行き、担当メカニックの方の説明を聞いて、ビックリ。メカニックの方、笑いをこらえながら説明して下さっているように見えました。左の写真が、「作業内容・使用部品」のリストです。「スピードセンサー取り替え」となっているのですが、その次に「W/H(ワイヤーハーネスの略と思います) ネズミにかじられている(メインW/Hも)」とあるのです!
Abs 左は、メカニックの方の説明を元に、小生が自分で書いた概念図。タイヤすべてにスピードセンサーが付いており、それが途中1カ所のコネクターを介して、クルマの制御コンピュータにつながっているそうです。そのコネクタの前後2カ所に「囓られた跡」が見つかったというのです。「囓り跡からみて、ネズミの仕業と思われます。エンジンルーム内にも、ネズミらしい足跡がありました」のだそうです。
 さらにメカニックの方がおっしゃるには、「こういうことは、田舎ではよくあるのですが、桑名では、年に1回あるかないかです」と! 何ということでしょう? 笑うしかありません。今宝くじでも買うと、大当たりするかも知れません(爆)。
 修理費用は、部品代・工賃込みで\19,000ほど。コネクタからコンピュータにつながるところは、他のワイヤーハーネスも一緒になっていて、こちらを変えると¥100,000近くかかるそうですが、今回は、バイパスを作ってもらって来ました。
 保管場所に気をつけた方が良いといわれたものの、今月から、外に駐車場を借りて、そこに保管しているのです。ねずみ取りでも置いた方が良いのでしょうか(爆)?

| | コメント (4)

2017年10月14日 (土)

アオサギさんは、やはり芸達者……楽しませてくれます

Dscn4296c

 相変わらずの天候です。わずかに小雨がぱらついたこともありましたが、それでも散歩に出られるのはありがたいことです。こういう天気ですと、鳥の数は多くはないことは承知ですが、なんとか「これは」というシーンにでも遭遇しないかと期待してしまいます。今日も、8時40分から2時間半あまり、住吉神社、九華公園、京町、田町と代わり映えしないコースを4.7㎞歩いてきました。ただし、知人と話していた時間がかなりあることを白状しておきます。
Img_7145c さて、散歩に行った甲斐は、十分にありました(微笑)。アオサギさん、いつもの、鎮国守国神社の社務所裏にあるセンダンの木の枝で、上から垂れ下がった細い枝が気になったのか、こんな姿を披露してくれました。たいていは、この折れた、太い枝のもう少し低いところにいるのですが、この頃、先端に立っていることがあります。
Img_7149c 何が気になったのか、何がしたかったのか、もう一つよく分かりませんでしImg_7146c たが、左の写真のように、一度、しゃがんだような姿勢になってから、グッと伸び上がることを繰り返していました。
Img_7156c さらに、この後ろからの写真の方がよく分かると思いますが、頭の羽が立っているのです。これは、アオサギが興奮している時によく見られます。センダンの実の方向に伸び上がっているところも見ましたが、木の実は食べませんので、この行動の謎は深まります。以上は、アオサギを2回目に見に行った10時半頃の出来事でした。
Img_7073c 朝9時頃、見たときは、身繕いしたり、首の辺りを掻いていたりしていて、Img_7076c いつも通りの様子でした。そういえば、ほぼ1年前、去年の10月13日には、アオサギのお尻写真を撮っています(アオサギのお尻写真、モズ……午後からは朝日町歴史博物館へ、ついでにカワセミも見られました)。この時期、アオサギはサービスが良くなるのかも知れません(爆)。
Img_7123c 九華公園のカモ、今日は、キンクロハジロのオス、メスが1羽ずつでした。
Img_7136c
吉之丸堀の東の方(野球場のグラウンドの南辺り)を並んで泳いでいました。去年の今頃は、キンクロさんが4~5羽くらいでした(たとえば、上記の2016/10/13のリンク先をご覧下さい)。
Img_7100c コサメビタキや、エゾビタキは見られなくなりましたが、こちらはまだ時々Img_7103c 見かけます。今日も、二の丸跡や、奥平屋敷跡を移動していました。ムシクイの仲間と思うのですが、判別しかねています。右の後ろからの写真を見ますと、センダイムシクイで見られる「頭頂にある細長い淡色斑」はないように思えます。
 今日、九華公園では、この他に、モズがよく鳴いていました。けっこう近くで、「高鳴き合戦」でもしているのかと思えることもありました。縄張り争いが起きているのかという気がします。残念ながら、写真は、うまくは撮れていません。
Img_7017c  散歩途中で知り合った、80歳過ぎの男性から、今日、九華公園のカルガモの由来について伺いました(左の写真は、昨日撮影)。この写真で手前に写っている個体は、数年前(3~4年前という話でした)、近所の方がここに放したものだそうです。鴨撃ちをなさっていた方が、カルガモの雛5羽を保護したのですが、そのうち4羽は巣立ったものの、この1羽がいつまでも居残ったため、ここに放したということです。後ろのカルガモは、それ以前から九華公園に居着いており、「仲良くしてくれるのではないか」と期待してのことだったそうです。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧