ウェブログ・ココログ関連

2016年2月24日 (水)

150万ページビュー御礼……本日は、特別支援教育支援員養成講座など

800x433  本日、お陰様をもちまして、当ブログは150万ページビューを達成いたしました。ご愛読くださる皆様に心から御礼申し上げます。夜20時半過ぎに確認した時点では、1,500,350PV(ページビュー)となっていました。

16feb_800x338  このブログ、名称はいくつか変えましたが、最近はずっと「猫の欠伸研究室」としています。スタートは、2005年(平成17年)10月27日でした。最初の記事は、「Blog事始め」と題したものです。当初、1日のアクセスは、一桁台でしたから、まったく隔世の感があります。2月に入ってのアクセス数の推移は、左の画像の通りです、最も多かったのは、2月1日の936PVでした。それ以外は、1日あたり500前後以上のPVをいただいています。

Popular_pages_800x496  こちらは、2月になってからのアクセス数の多いページのランキングです。ブログトップの「猫の欠伸研究室」が最も多くなっていますが、2位以下を見ますと、心理アセスメントに関わるテーマへアクセスしていただくのが多くなっています。最近、サボってしまって、学問・資格カテゴリ(アカデミックバージョン)の記事が少なくなっていますので、反省しなくてはならないなと思っています。

Nekonoakubi  ちなみに「猫の欠伸研究室」という名称にしたのは、2010年(平成22年)2月2日からでした(「ブログ名を変えます……“猫の欠伸研究室 Research Labo of Cat's Yawning”へ」という記事を書いています)。この名前がどこから来ているか疑問に思っていらっしゃる方もおありかも知れません。その由来は、同じ年の1月14日に書いた「猫の欠伸」という記事にあります。そこに次のような趣旨の文章を書いています。余談ながら、左の画像は、ブロ友のひらいさん(ひらパノ2)からいただいたものです。気に入っています。

 その前日、中日新聞・夕刊のコラム“紙つぶて”に、元新党さきがけの代表であった、武村正義さんが、「人生は猫の欠伸である」という文章を書いていらっしゃいました。2009年(平成21年)12月にチベット行かれたときの話題でしたが、武村さんは、チベットにすっかり魅せられて帰って来られたということです。

 その中に、チベットでは今でも鳥葬をする人が80%を占めるそうで、それを仕切る僧侶が、信者に向かって「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」と語ったというと書いておられます。『釈迦の教えを信じている僧侶にすれば、「人生はそんなに大騒ぎするほどではない」「生老病死を恐れなさんな」ということだろうか』と、武村さんは解釈しておられました。それはともかくとして、私には、この「人の生涯は猫の欠伸のようなもの」という表現が気に入りました。とくに、断定してあるのではなく、「のようなもの」と表現してあるところで、何だか気が楽になったように感じたのです。

 以来、「猫の欠伸研究室」という名称を使い続けています。格好良くいえば、「猫の欠伸のようなもの」とは何かを探求しているのかも知れませんが、実態はアヤシいところです。

 これからも、このブログは続けていきますので、皆様方には、「淡々と飽きもせず……(このブログというか、小生自身のモットーの一つであります)」お付き合いくだされば、大変ありがたく存じます。

 ところで、本日は、予定通り、朝一番にいつものS理容院さんで散髪。11時半過ぎに出かけ、名古屋で特別支援教育支援員養成講座で研修の講師、その後、主催者の方と少し情報交換(実態は、おしゃべりですが……)をしていました。さらに、10年以上前からの知人であるAさんともお目にかかってきました。彼女がこのたび学位を取得されたということで、連絡をいただいて、久しぶりに会うことができ、楽しいひとときを過ごしてきました。名駅前のミッドランドスクエアでお茶をしてきました。このミッドランド、ほとんど毎日、我が家の玄関先から眺めているのですが、実際に行ったのは、これが初めて。すっかり田舎者ですが(苦笑)、懲りずにお付き合いくださいますように。

| | コメント (2)

2015年4月30日 (木)

130万ページビュー、御礼

Blog 本日午前中、おそらく9時台に、130万ページビューを達成しました。ご愛読いただいている皆様に深く御礼申し上げます。ブログを開設したのは、ちょうど10年前の2005(平成17)年10月末でした。当初は、毎日、一桁のページビューでしたので、10年かかったとはいえ、これほどたくさんのアクセスをいただけるとは思ってもいませんでした。改めて御礼申し上げます。左の画像は、本日20時頃のものです。1,300,350となっていました。

 いつも申し上げておりますが、「淡々と飽きもせず……」とか、「晴歩雨読」とかがモットーで、小生の気の向くまま、興味・関心にしたがって勝手に綴って来たブログであります。時々、昔の専門領域である(今も、少しずつは勉強、研究を続けておりますが)心理学や、心理アセスメントなどの話題も取り上げています。こうした方向性は、今後しばらくは、変わらないと思います。

 かくの如く勝手気ままなブログではありますが、小生としては、この場を通じて、多くの皆様と交流できれば大変ありがたいと願っています。どうぞ、お読みになるだけでなく、コメントを残していただいたり、メールをお送りくださればうれしく思います。メールは、「メール送信」をクリックしていただくと、お使いのメールソフトが起動するようになっています。

 今後ともどうか、引き続きよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4)

2015年2月 2日 (月)

2015年1月のアクセス記録

 125万PVを頂きましたので、記念という訳ではありませんが、先月(2015年1月)のアクセス記録を確認してみました。

201501pv  まずは、2015年1月の日にちごとのページビュー(PV)数です。トータルで、17,880PVでした。平均しますと、1日あたり、576.8±133.6PVでした(±のあとの数字は、標準偏差です。データのバラツキ具合を示します。平均すると、1日あたり576.8PVですが、この標準偏差を考慮しますと、710.4~443.2の間に約63.8%のデータが含まれることを意味します(正規分布を仮定した場合))。最多は、1月15日の744PV、最小は、元旦の252PVでした。

201501pv2  次は、アクセスの多かった記事のランキングです。トップは、“猫の欠伸研究室”のトップページです。ある意味、当然かと思いますが、2,348PVでした。トップページには、最新の記事から10編が見られるようになっていますから、この10編のいずれかをお読みいただくことがもっとも多いと考えられます。第2位以下は、おそらく、何らかのキーワードで検索して、来ていただいた場合のPV数だろうと思われます。それ以下は、「WISC-Ⅳの“知覚推理”指標」「WISC-Ⅳの“言語理解”指標」「学問・資格」「ダウン症児の発達と指導」「WISC-ⅣのFSIQ、合成得点の意味」など、心理アセスメントや、発達障害など、「学問・資格」カテゴリーの記事が続きました。

 うつ病や、抗うつ剤に関する記事にもたくさんアクセスをしていただいていますが、私自身に関していえば、当初は、うつ病の診断でしたが、昨年、甲状腺機能低下が判明しました。今では、当初から、この甲状腺機能低下で不調であったのかも知れないと疑っています。うつ病、抗うつ剤関係の記事をお読み頂く方には、その点を踏まえてくださるようお願い致します。

201501pvarea  続いては、アクセスしていただいている地域の比較データです。トップは、地元ではなく、東京都の15.5%でした。次いで、北海道(12.3%)、愛知県(12.8%)、⼤阪府(8.1%)、埼⽟県(5.3%)、神奈川県(5.2%)と続き、地元三重県は、3.8%でした。北海道からたくさんアクセスしていただいているというのは、意外でした。

201501pvorganization1 201501pvorganization2  最後は、アクセスしていただいている組織別のランキングです。トップ20を画像にしましたが、このうち14が大学でした。これは、考えていませんでした。大学を途中でretireした我が身にとっては、嬉しいような、気恥ずかしいような微妙な気分です。東大や、東工大など、いわゆる一流大学が入っているのにも驚きます。さらに、厚労省や、教育委員会など官公庁もランクインしていたのも、まさに想定外です。その他、日立製作所、日本電気、マツダ、日本IBMといった大手企業が入っていて、いったいどういうことなのでしょう? けっこう戸惑っています。“猫の欠伸”など研究している場合じゃないかも知れません(笑)。

 とまぁ、いろいろと思ってもみなかったデータが出て来たという感じですが、125万PVを達成できたといっても、ここしばらくは今までの路線で続けて行くことになると思いますし、それしかないでしょう。ただ、昔のように、もう少し講釈や、屁理屈を垂れてみたいという気もしています(爆)。

 お後がよろしいようで、この件はこのあたりにて……。引き続き、ご愛読をお願い致します。

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

120万ページビュー、感謝申し上げます

 本日(2014年11月4日)、お陰様をもちまして、120万ページビューを達成致しました。

 2005年10月末にこのブログを始めましたが、当初は、1日に数件のアクセスがあれば、上出来でした。それが、今では、毎日、少なくとも400~500、多い日には、1,000を越えるページビューをいただくことができるようになりました。私としましては、散歩写真を中心に、時々はアカデミックなことがらを載せたりはしていますが、極めて個人的で、勝手な内容を羅列しているだけですが、このようにたくさんの方にお読みいただけるとは、まさに望外の喜びです。

 このところ、あまりどれだけのアクセス(ページビュー)をいただいたかとか、その御礼を申し上げずに来ましたが、さすがに120万というのは、想像していませんでした。

 私としましては、今後とも、路線変更はせず、その時々の興味、関心の赴くまま、徒然にエントリーを連ねていこうと思っております。たぶん、しばらくは、鳥を中心にした散歩写真と、週に1回程度のアカデミックな内容で続けていくと思います。引き続き、ご愛読のほど、お願い申し上げます。

 また、かねてより、時々書いていますが、私としましては、ここで小難しい議論をするつもりはありませんが、皆様方のいろいろな考え、私とは異なるものの見方などは是非知りたいと思っています。どうか、コメント、メールなどで、私自身の狭い、固まったものの見方を少しでも広げ、柔らかいものにできるよう、ご教示、ご指導いただければ大変ありがたいと思っています。

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

お知らせ……SPAMコメントへの対応

 最近、また、スパムコメントがたくさん付くようになりました。そのIPアドレスを調べたところ、アメリカのサイトからで、しかも、そのIPアドレスからはスパムコメントが頻繁に送信されていることが判明しました。

 そこで、このIPアドレス(複数)からのコメントを規制しましたので、お知らせします。日本国内のIPアドレスではありませんので、通常のコメントをつけていただくにはご迷惑はおかけしないと思いますが、もしそういうことがありましたら、「メール送信」からご連絡ください。

 なお、トラックバックにつきましては、かなり以前、やはりスパムが多発しましたので、規制をしていますので、ご了承ください。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

コメント規制について(お知らせ)

 最近、特定のIPアドレス(複数)から迷惑コメントが連続して投稿されますので、これらのIPからのコメントを拒否する設定にしました。IPアドレスの追跡からは、ブラック・リストに載っているところであると判断されますので、普通にコメントをいただく皆様には、ご迷惑はおかけしないと思いますが、不都合が生じた方がいらっしゃれば、メール送信からご連絡ください。

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

100万アクセス達成御礼、河津桜、梅、セグロカモメ

Rimg00160303  油断している間に、100万アクセス(PV)を軽くオーバーしておりました。もうImg_9218 少し先だと思っていたおり、完全に読み間違えました m(_ _)m 先ほど、22時過ぎに確認しましたら、1,009,210となっておりました。100万越えは、おそらく先週末、土曜日(3/1)あたりだったと思います。それにしても、自分のブログが、こんなにたくさんご覧いただけるとは思ってもいませんでした。皆様に御礼申し上げます。

Img_9238  100万アクセスを超えましたが、小生としては、これまで通りのやり方、考え方で続けRimg00300303 て行くつもりでおりますので、今後とも皆様にはよろしくお願い致します。ということで、お祝いと御礼を兼ねて、最初の4枚の写真は、本日の寺町商店街の河津桜であります。かなり咲いているように見えてしまいますが、寺町の北、八間通近くにある3本の河津桜のみが咲いています。しかも、花をクローズアップして撮っております。

Img_9609  さて、今日は午前から午後にかけて、5~6m/sの強風が吹いていましたが、Rimg00380303 すでに陽射しは春そのもの。風が当たらないところでは、暖かくて、春本番という感じでした。学会の会費を払う必要がありましたから、散歩を兼ねて、銀行、寺町商店街、郵便局、九華公園、七里の渡し跡と回ってきました。5.0kmであります。左は、帰りに撮った多度山と揖斐川。揖斐川の水面は、風でかなり波立っています。右は、九華公園。カモたちと、ユリカモメたちは、いつものようにのんびりと過ごしていました。

Img_9215  冒頭に載せましたように、寺町の河津桜は、かなり咲いてきました。といっても上に書きましたように、北端の3本のみです。そこから南に延びる寺町堀沿いの並木も、場所によってはつぼみがかなり膨らんできています。見頃はもう少し先でしょう。

Img_9498  梅はあちこちで満開に近くなっています。こちらは、鎮国守国神社裏の、Img_9524 九華招魂社の本殿脇にあります、紅梅の枝垂れ梅です。春の陽射しに輝いている感じです。小生の他にも、ご夫婦連れの方が、盛んにシャッターを切っておられました。この紅梅の脇の白梅もかなり咲いてきていましたので、普通にとっても面白くないと思い、多少あれこれバリエーションを付けてみようと工夫してみました。右は、その一つ。斜め手前に伸びた枝に付いた花で、なるべく奥行きが出ないかと思ってあれこれやってみましたが、もう一つかという感じでした。

Img_9517  こちらは、上の枝垂れ梅(紅梅)をバックに入れ、望遠で白梅をズームアップしてみました。ピンクに白が浮かび良い感じかと思いましたが、も少し絞りを調節して、右側の花にもピントがあっていた方がよかったかも知れません。

Img_9530  同じことを、紅梅同士でやると、ちょっと(かなり?)くどいというか、どぎつくてイヤらしい感じになってしまいました。これはいただけないでしょう。


Img_9540  こちらは同じ紅梅の枝垂れ梅の木なのですが、北側(柿安本社側)に回って、逆光で撮ってみました。バックは、鎮国さんの鎮守の森ですが、黒っぽくなって、また、梅の花への光の当たり方が、順光とは異なって面白い感じになりました。ただ、こちら側から写しますと、花が南を向いているものが多くなってしまうのと、かなり距離を置いてしまいましたので、花をズームアップしたものが撮れませんでした。さらに工夫の余地ありというところでしょうか。


Img_9486  九華招魂社の周りの梅の木です。青空で、陽光をいっぱい浴びて良い感Img_9492 じです。と、また、自画自賛をしておりますから、テキトーにお相手を願います。

Img_9490  招魂社のあたりは、紅梅の方が開花が進んでいます。白Rimg00650303 梅も何本かありますが、そちらはまだまだこれからです。

Img_9314  ところで、今日は、九華公園の堀に、久しぶりにセグロカモメが飛来していました。明るかったので、割ときれいImg_9336 に、クリアに撮れたかと思います。正面の顔(右)は、やはり剽軽というか、変顔です。他の鳥もそうですし、魚なんかも、正面から撮りますと、面白いです。

Img_9353  このセグロカモメ、60cmあるということですが、さすがに大きいです。手前にいるのは、ハシビロガモのメスで、これは50cmと図鑑には書かれていました。セグロカモメがいたのは、朝日丸跡の南の堀で、この写真までは、北側から撮っています。

Img_9400  九華公園の外周遊歩道を半周して南側に出て、撮ったものです。撮影しているときには、手前は、ユリカモメかと思っていました。ただ、ユリカモメにしては大きいなと思っていましたが、パソコンに取り込んで見たら、違いました。やや小型ですし、嘴の先端の下部に赤い斑点が見えませんので、普通のカモメかも知れません。カモメは、大きさは45cmくらいと書かれていますから、図鑑の説明とは矛盾しません。

Img_9411  セグロカモメは、キンクロハジロ(40cm9に比べればかなり大きいせいか、キンクロたちも、近くには寄ってこないようです。セグロカモメも他のカモメたちのことは気にしていないようで、まさに悠然と浮いています。

Img_9424  これも、狙って写したわけではありませんが、たくさん撮った中には、こういうショットも撮れていました(笑)。本当に剽軽なのかも知れません(笑)。


Img_9261  今日、この他に見かけた鳥は、カワラヒワ、スズメ、ツグミちゃんの他に、シメさんを、こImg_9286 れまた久しぶりに見ました。二の丸跡で、餌を食べるのに忙しいようでした。

Img_9589  七里の渡し跡では、コガモの(たぶん)つがい2組の他に、オオバンが1羽来ていました。風で波が荒いため、入り口が狭くなっている七里の渡し跡のところは、かなり波が増幅され、コガモも、オオバンも“波乗り”をしているかのようでした。

Img_9628  船津屋さんの裏手では、見かけない鳥だと思って撮ってきたのですが、パソコンで、明るさなどをやや修正してみましたら、ビンズイのような気がしました。

 明日夜あたりから、天気はまた下り坂で、その後は、真冬の寒さが戻ってくるとか。いったん暖かくなってから、寒いのは叶いませんが、まぁ仕方ありません。三寒四温を繰り返して、本格的な春になりますから。

Rimg01030303  午後からは、先日のADHDの子どもたちのWISC-Ⅳのデータの検討の続きをしておりました。言語理解、知覚推理、ワーキングメモリ、処理速度という合成得点が4種類ありますが、これら相互の間の平均点に統計的な有意差があるかどうかを計算しています。研究でよく使われるSPSSというパッケージソフトのBase Systemは、古いバージョン(SPSS16.0J)はもっているのですが、ここで使いたい“一要因分散分析(被験者内計画、反復測定ともいう)”は、Base Systemだけでは計算ができません。Advanced Systemが、別に必要なのですが、とても個人では手が出ない価格なのです。

 やむなくネット上で、フリーで使えるソフトを使ったのですが、Excelのファイルを、そのまま読み込むということができません(CSVに変換しても同様なのです)。仕方なく、89名×4条件=356個のデータを1つずつキーボードから打ち込みました。

 一通り終わって、入力ミスがないかを確認していましたら、ずれているところがあることがRimg01090303 判明して、60名分を再入力したりして、手間取りました。このあたり、大学などに所属していれば、SPSSは、上記の両バージョンがたいてい備えてあってこんな苦労はしなくて済むのですが……。とまぁ、いくらか不便というか、余分な労力を使いつつ、データ整理をしておりました。

 明日も同じようにして、今度は、下位検査の評価点同士の間に差がないか見てみたいと思いますが、こちらは、89名分×14変数=1,246個のデータを打ち込む必要があります(涙)。まぁ、ボチボチ頑張りましょう。

| | コメント (4)

2013年11月10日 (日)

ご迷惑とご心配をおかけ致しました

 ブログの更新を休んでおりましたが、実は、家内の父親が、11月7日(木)朝、亡くなったためであります。大正8年(1919年)3月生まれの94歳でした。しばらく前から肺炎を起こしていましたが、もう少しもってくれるかと思っていましたので、心情的には、「急に逝ってしまった」という気がしています。

 ここ数年、ほとんどは、病院の療養介護病棟でお世話になっていましたが、今年5月から3ヶ月弱は、いったん退院して、自宅での生活も送ることができました。いろいろと考え始めるときりはありませんが、94歳ということでしたから、男性の平均寿命も大幅に超えておりますし、また、大きな諍いや、悔恨もなく、子孫親類にも親しまれ、敬われておりましたから、“大往生”といってよいかと思っています。

 7日の早朝、病院から連絡があり、その日のうちに通夜、翌8日(金)午後から葬儀という、いささか慌ただしいスケジュールでしたが、初七日法要まで滞りなく勤めて来られました。田舎のことですから、当事者の意向を汲みつつ、実家の両隣のお宅の方が中心となってくださり、隣組(「垣内<かいと>」と呼んでいます)のお世話で、通夜、葬儀と、何とか無事に終えられた次第です。

 今日はまた、諸々整理、処理することもありますので、そちらをボツボツとやっておりました。

 私の実家とは宗派が異なりますし、さらに、通夜、葬儀のしきたりは地域によって習慣が異なりますので、戸惑うこともいろいろとあり、正直に言えば、かなり疲れました。とくに7日の昼過ぎには、「これはひっくり返るかな」と思うほどでしたが、実家で2時間ほど休む時間があり、どうにかこうにか乗り切ることができました。疲れも、身体的なものというよりも、例の“アタマが飽和した”感じの極致という風でした。フラツキ(動揺性めまい)もありましたが、これは以前に比べればさほど酷くはなりませんでした。

 このようなことで、市の就学指導委員会や、研究会、面談の約束などをキャンセルさせていただき、関係の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。また、明日以降、それぞれにご連絡を入れさせていただいて、お詫び申し上げようと思っております。

 こういう状況ではあったのですが、まったく個人的には、臨床心理士資格の更新に必要な研修ポイントを得るため、8日(金)・9日(土)に名古屋市で開催された”日本小児精神神経学会”に参加したい(状況的には、“しなければならない”なのですが)、と思っていましたが、これも何とか、昨日、半日だけ参加することができ、無事2ポイントを得られ、これで研修ポイントを満たすことができました。

 臨床心理士の資格は、5年ごとに更新する必要があり、その5年間で、定められたルールにしたがって15ポイントを取得しなければなりません。小生、ちょうど今年度末でその5年となります。来年1月末までに更新手続きをする必要があります。まだこれから、ポイントを得る機会がない訳ではないのですが、遠方まで出かけなければならなかったり、小生自身の父親の命日と重なったりという状況で、何とか今回の学会でポイントを取得しなければと、切羽詰まった状況でした(他の仕事をキャンセルさせて頂いておきながら、という背景にはこういう事情がありましたので、どうかご寛恕願います)。

 明日以降、また、日常の生活ペースを取り戻し、“晴歩雨読”、“淡々と飽きもせず……”でやっていくつもりですし、ブログの更新も従来通りにして行きたいと思っています。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (8)

2013年11月 7日 (木)

しばらくお休み

 事情により、2~3日お休みします。

| | コメント (3)

2013年11月 1日 (金)

90万アクセス達成御礼 m(_ _)m

900000  うっかり気づかずにおりましたが、どうやら昨日のうちに、当ブログは、90万アクセスを達成しておりました。「900,000アクセス!?」と、もっとも驚いているのは、小生自身であろうと思います。こうなれば、いっそのこと、“100万アクセス早期達成”を目標にすることにしましょう(爆)。

 ウケねらいをしているつもりはありませんが(全くないとは申しませんが……)、まさかこれほどたくさんのアクセスをいただくとは、思ってもおりませんでした。お読みくださる皆様方には、厚く御礼申し上げます。

Popularentry  ちょっとだけ、アクセスデータを見て、その傾向を分析しておきます。まずは、“人気記事ランキング”のベストテンであります。1位、2位はいずれも、レクサプロという抗うつ剤の記事が占めていました。レクサプロは、6位にも入っています。小生も、発売されてすぐに(平成23年9月くらい)使用したことがありました。処方される方、けっこういらっしゃるのでしょう。小生の場合は、かなり寛解状態に近いときに使いましたので、その点をご勘案の上、お読みいただくとよいのですが……。

 第3位の精神科医・中井久夫先生へのインタビューは、けっこういつも上位にありますが、今回は、本年度(2013年度)の文化功労者に選ばれたことによるものと思います。

 それ以外は、いずれも心理学関係のエントリが挙がっています。アカデミックバージョンと称して、日曜日ごとに書いているものです。あれこれ、多少工夫しながら、続いていますので、これからもこういうものは何らかの形で続けることにします。

Areaphrase  続いては、画像の順とは逆になりますが、まずは下にある“検索フレーズランキング”について。これは、当然、人気記事ランキングとに多傾向があります。つまり、レクサプロに関するものが、1位、3位、4位に上がっています。中井久夫も、2位でした。そのほかは、心理学に関するフレーズが挙がってきていますが、中でも、CHC理論や、wisc-Ⅳ、プロフィール分析、知覚推理(WISC-Ⅳの指標得点の1つ)など、心理アセスメントに関するもののニーズが高いようです。他には、ブログタイトルである“猫の欠伸研究室”で検索してくださる方もかなりいらっしゃるようです。御礼申し上げます。

 アクセス地域は、1位は東京、2位は、小生の出身地・愛知、3位大阪、4位は地元・三重が上位になっていました。5位以下は、神奈川、長野、兵庫、京都、北海道、埼玉と続きますが、これらには何か特徴か、共通の傾向はあるのでしょうか? ちょっと見では、よく分かりません。

 ニーズにお応えするという芸当はあまりできそうもありませんので、これからも、これまで通り、自らの関心の赴くまま、散歩写真を中心に、時折は、少しマジメになって(我を取り戻して??)、専門である心理学や、心理アセスメント関係のエントリーを書いていくことにしようと思っています。

 なお、トラックバックは、一時期、迷惑なものばかりとなりましたので、受け付けない設定になっておりますので、ご容赦ください。コメントは、セールス目的や、迷惑なものは、削除させていただいています。

 また、コメントにつきましては、ここで議論をするつもりはありませんので、その点はご了承ください。ただし、小生の勘違い、気づいていない視点などをご指摘いただいたり、新たな視野を広げてくださるもの、その他感想、ご助言、ご意見など、歓迎しております。コメントの他、メール送信も可能となっていますので、どうぞご参加ください。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧